私が受けたモラルハラスメント。今はおかしいと感じたら、証拠を集めて正々堂々と戦うと言う知恵もつきました。

私が受けたモラルハラスメント。今はおかしいと感じたら、証拠を集めて正々堂々と戦うと言う知恵もつきました。

私は今から10年以上前に勤めていた会社で、モラルハラスメントを受けました。

最初は、勤務を開始して日が浅かった頃に、当時の主任から、年末は勤務が出来るか?と尋ねられました。

その時は年末の事がまだ全く想像出来なかった私は、まだわからないと言う趣旨の返答をしました。

そしたら信じられない事に、年末に勤務が出来ないとクビを匂わせる発言をしてきました。

しかし、モラルハラスメントはこれだけでは済みませんでした。

仕事に少し慣れてきた頃、また主任に呼ばれ心当たりがなかった私は、不思議に思いながら主任の元に行きました。

主任から「手が遅いから帰って良いよ」と言う、信じられない発言が飛び出しました。
そして、本当に早く帰宅させられました。

また、ある時は休みが目立つから帰って良いと言われ、強制的に早く帰らされたり、わざと昼休みを他の従業員とずらされて、見せしめのように仕事をさせる卑劣極まりない事を2ヶ月も受けました。

当時は、モラルハラスメントの証拠を揃えられませんでしたが、今はおかしいと感じたら、証拠を集めて正々堂々と戦うと言う知恵もつきました。

そして私は、そういう酷い人間にならないように心から気をつけていきます。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)