みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

「煽られてカーッとなる加害者」は「過去の被害者」

アダルトチルドレン改善マニュアル完全版
機能不全家族のルーツや謎まで踏み込んで作成された教材
モラルハラスメントの被害者も加害者も、
機能不全家庭で育ったアダルトチルドレンです。

強がりをやめて心の傷を癒そう

「煽られてカーッとなる加害者」は「過去の被害者」です。自分の深い心の傷に気づいていません。そして、その傷を癒さないと、加害者をやめることは出来ません。ですので、自分の心を癒していくこと、そして強がることをやめていくことが必要です。

心が傷だらけだとすぐに怒ってしまう

どうして、ちょっとしたことで、すぐに怒ってしまうか。その理由の1つは、「既に心が傷だらけ」だからです。なのに、自分がそのことに気づいていない。だから、防衛のために怒っている、という場合もあるのです。だから、無自覚の心の傷に気づいて、その傷を癒すことも大切なことです。

過去に蓋をすると問題が大きくなることもある

「加害者」は「被害者」でもあるのです。過去にたくさん傷ついてきて、その傷を癒していないと、加害者になってしまうのです。ですから、過去の傷を癒していかないといけません。過去に蓋をすればするほど、問題が大きくなっていきます。

被害者のフリをする加害者

「加害者」になりやすい人は、「汚い手口」を使う人が嫌いな人が多いです。それは、過去に「被害者のフリをする加害者」の「汚い手口」で心を傷つけられたから、という場合もあります。その傷が癒えていない人ほど、汚い手口を使う卑怯な人を嫌がります。

「加害者」の人は「過去の振り返り」がとても大事です。被害者のフリをした加害者が、「過去の振り返りは意味がない」と言ってくることもありますが、それは関係ありません。自分がどうしたいのか、この気持ちが一番大切です。

被害者のフリをする加害者に恐怖している

「加害者」は「被害者のフリをする加害者」に潜在的に「恐怖」していることが多いです。多いというのは個人的に見てきた中で。フリをして陥れてくる加害者の手口などがわからないため、恐怖している。この恐怖はその相手の手口を知り尽くすことで消すことが可能です。恐怖が減れば怒りも減ります。

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top