みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

「はい被害妄想~」と決めつけている人が、妄想を抱えている可能性が高い!

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター

「ハッキングされている…」「盗聴されている…」と言った人に対し、すぐに「はい被害妄想~」と決めつけている人が、妄想を抱えている可能性が高いです。コンピューターセキュリティの専門家(https://dokuta-s.com/mousou/)は「本当にあること」だと断言してます。ですから、「調査」「確認」が大切。

「はい被害妄想~」と決めつけている人の中に、賢いモラル・ハラスメントの加害者が紛れていることもあります。普通の人なら、まだ答えが出ていないのですから「わからないこと」だと正しく考えます。未確認なのに相手を妄想扱いしてまで決めつけているところに焦りを感じます。

最初の段階では、被害妄想の可能性50%、現実の可能性50%、と、そこから考えていけば良い。そして、確認や調査をしていく中で、どちらかの可能性が上がっていき、確かな証拠が見つかったら現実の被害の可能性100%になるのです。証拠が出ない場合は被害妄想、もしくは相当巧妙だということ。

https://twitter.com/moral88887777/status/934259100975742976)でお伝えしたような加害者は、相手をおかしい扱いして自分の加害を隠蔽することがあります。彼らは巧みに隠蔽したり、すり替えたりし、それが理解出来ない人がターゲットになりやすいのです。だから被害者は成長していくことも必要なのです。意地悪な加害者は弱者を狙う。

有名なウィキペディアの記事にはこう書かれています。

「”加害者は自分のしていることを周りにも、相手にも気づかれないようにして、巧みに被害者を傷つけていく。”引用元:(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88)」

この「気づかれないように」という部分、これもモラルハラスメントの特徴の1つです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top