モラハラ夫の会話では「俺が悪いというのか?」ということが基本になっています。「そんなことはない」と答えるしかなく、「悪いのはお前だ」という結果で落ち着きます。「悪いのはすべてわたしです」というような会話を強いられます。

モラハラ夫の会話では「俺が悪いというのか?」ということが基本になっています。「そんなことはない」と答えるしかなく、「悪いのはお前だ」という結果で落ち着きます。「悪いのはすべてわたしです」というような会話を強いられます。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)