みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

「腐敗」を追求した者が冤罪で逮捕されたり、スキャンダルをでっち上げられたりする場合もある。

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター

「”石井が国会議員や官僚の腐敗を徹底追及していたことから「暗殺された」との見方もある”

引用元(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E5%88%BA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6 …)」

腐敗などを追及すると嫌がらせを受ける

腐敗などを追及すると追及具合に応じて水面下から嫌がらせを受けます。その嫌がらせの最終形態として「暗殺」もあり得ることです。「腐敗」を追求した者が冤罪で逮捕されたり、スキャンダルをでっち上げられたりする場合もある。何故、腐敗を追求するとそんな目に遭うのか。それは「不正」を好む者たちも生存しているからです。不正の積み重ねで腐敗していきます。(不正しやすい環境)腐敗すると不正がわかりにくくなる。

少年院では不正が少ないから更生できる

例えば、矯正教育の少年院等では「不正」を厳しく取り締まります。(不正通信、不正使用、不正所持等)これは、「不正」が「環境を腐敗させるから」です。環境が腐敗すれば矯正教育・更生支援が失敗します。ですから、不正が殆どない少年院では一時的、人間が更生するのです。

腐敗を追求するよりも大事なことは何か

時々、少年院の教官が不正を働いていますが、これは「上」が腐敗してきている証拠のようなものです。上が腐敗すると、下も腐敗してきます。しかし、そんな中でも、まともにやっている人もたくさんいます。大事なことは「自分はどうするのか」です。腐敗を追求するよりも、大事なことは何か。

喩えとして、「地獄の住人は糞尿を好む」と言われます。これは認知が歪みきった先にあるものです。つまり、認知が歪み過ぎると「腐敗を好むようになる」のです。そんな彼らの歪みが修正されるために「健全なほうがいいかも?」と思わせるくらいの生き方・生き様を見せれる人が増えればよいのです。

上が健全になると、下も健全になっていきます。世の中の多くの人は、上の真似をしているだけですので。子は親の背中(無意識レベルの生き様)を見て育つ。

腐敗を追求すると裏から攻撃される。何故か?彼らは腐敗した環境を好むから。何故腐敗した環境を好むか。不正しやすいから。何故不正がしたいか。認知の歪み(勘違い)によって不正にメリットを感じているからです。

人は誰もが心の傷を抱えて生きている

腐敗を追求すると裏から攻撃される。何故か?彼らは腐敗した環境を好むから。何故腐敗した環境を好むか。不正しやすいから。何故不正がしたいか。認知の歪み(勘違い)によって不正にメリットを感じているから。その裏には、其々が抱えている「深い心の傷(信念の核)」がある。だから中々変わらない。

日本は2000年ころから不正が増えている

日本は2000年ころから不正が増えている。同時に裏社会も汚くなっている。不正大好きな宗教、暴力団、政治家なども横行している。そうやって腐敗させたことで今度は他国から侵食されている。不正や腐敗と言う程度の低い人間性は所詮は食われるだけなのです。自業自得。中国にも食われていく。

上でのさばっている不正や腐敗が大好きな亡者を炙り出していくこと

上の不正が増えることで、下のほうでは、いじめ、虐待、ハラスメントなどが増えている。虐待を減らしたいのならば、上の不正を徹底して暴き出すことも大事です。上でのさばっている不正や腐敗が大好きな亡者を炙り出していくこと。つまり、上にNOを突き付けること、これが虐待を減らすために必要。

虐待国家日本

過去最多を更新する児童虐待…世界で最も子供の家庭環境が悪い国なってしまう日本(https://matome.naver.jp/odai/2140714209074973801)

国民を虐めながら他国に媚びている虐待国家日本だからこそ、下のほうで虐待が増えるのです。下の不正は勿論ですが、上の不正を暴き出さないと虐待は減らない。NOを突き付ける勇気も大切

しかし、上は「餌撒き」が上手だ。メディアや芸能人を使って、あらゆる餌を撒き、恐怖を植え付け、劣等感を煽って、無駄な時間を消費させ、考える力を奪い去り、骨抜きにしていく。そうやって飼いならしていく。支配とはそういうものです。支配されない自分になるには、餌に食いつかない自分でもある。

スケープゴートを作らないことが虐待を減らす

未熟な集団を形だけ機能させるには、スケープゴートを作ることが最も簡単な方法です。ですが、それは次の問題を生むのです。スケープゴートされた側が別の者を虐待したり、罪を犯したり。無責任の恐怖はこれ。だから、大事なことは「スケープゴートに気づく、スケープゴートを作らない」ことなのです。

スケープゴートを作らないことが虐待を減らすのです。

反社会勢力は「スケープゴーティング」によって生まれている

反社会勢力は「スケープゴーティング」によって生まれているのです。社会が未熟だと、表社会の者が誰かをスケープゴートにして、悪人に仕立て上げて、隅に追いやる。追いやられた者たちが集まって反社会勢力となる。最初に「他人に責任転嫁した嘘つき」が隠れているのです。

反社会勢力は大きく分けると2つ。「他人に責任転嫁した嘘つき」と結託した側と「他人に責任転嫁した嘘つき」に屈しない側。一昔前(昭和)の子供の暴走族の世界でも大きく2つ。「汚い犯罪が好きな側(弱い者虐めや強姦等が好き)」と「汚い犯罪が嫌いな側(弱い者虐めや強姦等が嫌い)」

最初に「他人に責任転嫁した嘘つき」が清算をしないままだから、反社会勢力だって納得するわけがない。どんなに追い詰めても形を変えて社会に復讐してくる。原点である「他人に責任転嫁した嘘つき」が「”清算”」するまでは、決して、終わりが来ることは無いでしょう。最初の嘘がとんどもないことに…。

各家庭でも同じこと!家族間の場合は「愛」が絡むから復讐は他人に向けられやすい

「他人に責任転嫁した嘘つきが清算をしないままだと反社会勢力が生まれる」。これは、各家庭でも同じことです。兄弟間、親子間で、誰かが嘘を使って巧みに責任転嫁してスケープゴートを作る。スケープゴートされた者はどこかに復讐をする。家族間の場合は「愛」が絡むから復讐は他人に向けられやすい。

「引きこもり」と「不良」は、紙一重。引きこもりはスケープゴーティングの恨みを抑圧する(誰も傷つけないように)。不良はスケープゴーティングの恨みを他所に向ける(親に向けたくない)。「親」に恨みを返すのは、最後の最後なのです。人はそれだけ「親からの愛」を必要としている生き物なのです。

因果は巡る

「因果は巡る」と言いますが、過去に子供を騙してスケープゴーティングした親が、後に、反社会的勢力によって騙されて貯金をすべて失う…という場合もある。これは、「人を騙すような嘘つき特有の心の隙間」に、ワンランク上の詐欺師が気づいて、引っ掛けてくるのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top