みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラルハラスメントの加害者はストーカー!逃げることが大切!

あのストーカーは、まだ「粘着」しているのか。「記事作成サービス」がどうとか、自分の妄想メガネで見て迷惑をかけている。「自分に関係が無い」ということもわからないようだ。そして、「粘着(ストーカー)」しているなんて自覚は全くないのだろう。自覚があればあのような粘着は出来るわけがない。

モラルハラスメントの加害者は、「邪推(他人の行為を悪く推量する)」して、それをSNSなどに書き込むことがある。これは、名誉毀損などの不法行為に該当することもある。何としてでも人を傷つけたい、人の信用を毀損したい、そういった、異常心理を抱えているのでしょう。

悪い噂を流す者は、ストーカーの可能性が高い。専門家はこう言っている。「ストーカーは、ネットで悪い噂を流す」と。見ず知らずの者が、事実を歪曲し、おかしな噂を流したりしている場合、相手はかなりの粘着質なストーカーの可能性が高いので、反応しないことが大切です。

モラルハラスメントの加害者は、自己愛的変質者、粘着質、また、中には、死を愛好するネクロフィラスな傾向がある者もいると言われている。つまり、普通ではない。まともに話し合いも出来ない加害者もいる。とくに悪い噂を流すような加害者は、全く話が通じない。兎に角、逃げることが大切です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top