霊の正体は実は無意識の中のものだった!?

私は小さい頃、幽霊見たいのを見たり、音が聞こえたりと頻繁にあり、初めて言った場所が夢で見た景色と全く同じだったりしたので、霊ってなんだろって思って、本を何冊か読んでみました。

どれもこれも胡散臭い金儲けの臭いがプンプンするので一番信ぴょう性のある霊のことを説いてるものを探しました。

世の中真実は必ず叩かれるので、そういった面も含めて一番信ぴょう性が高いのは私的には1688年1月29日から1772年3月29日、
スウェーデンのバルト帝国出身の科学者・神学者・神秘主義思想家のスウェーデンボルグだと決定を私は行いました^^
科学者でもあり心理学も学びあらゆることを学び最後に霊能力を持ったとも言われ一部では特殊な精神病だともいわれ否定されいます。

私の直感は良く当たるのですが、スウェーデンボルグは本物だと思います^^

ただ幽霊とか、霊とか、地獄とはいかにも胡散臭く聞こえる言い方なので、私が勉強して思った事を言葉を変えて言います^^

まず、悪霊の正体の一部は、私たちの無意識内に存在する感情のまとまりの複合体であり、心理学的に言うところのコンプレックスです。
心理学ではマイナスの感情がまとまることで人格形成までし、まるで知識を持っているかのように周りの人も呑み込むと言われてます。
このことを昔の人は悪霊だと言ったのだと思います。

だから言われている悪霊の性質と、無意識内のマイナスの渦の性質は凄く似ているのです。

スウェーデンボルグによると霊としてずっといきるそうで、実は生まれ変わりは基本ないそうです。

言葉を変えると、私たちは死ぬと、表面意識は消えて、無意識のまま進んでいくと言われています。

つまり夢を見ているような感覚で思った事ことがすぐに反映されてしまう世界に入るそうです。

今みたいに、考えて一歩置いて行動すると言った事が出来ないそうです。

無意識が汚れているから、その無意識を治す為に、肉体を持って生まれ、一歩距離を置いて考え行動出来るようになり、変わる為に人は生まれてきているということです、
そして
意識と行動で、無意識を変える為に日々生きていると言うわけです。
無意識は夢の世界に似ているので死後は夢の世界に似ていると言う事になります。
だから日々無意識=霊を良くするために生きて、寝ることで、一日は死後への練習となっているというわけです。

まとめますと、
●霊の正体は、無意識内に存在する感情データの複合的な纏まりの事。
●一日の繰り返しの意味は死後への練習
●マイナスの渦は昔の言葉だと霊と同じ
●霊界イコール5次元世界
●宇宙人イコール霊界の生命

ということを前提に頭に入れて、あらゆることを勉強すると繋がりが見えてきますよ^^

霊って古臭いものではなくなんかハイテクな世界だったとイメージするとわかりやすいと思います。

スウェーデンボルグの思想と心理学を合体させて考えて見て下さい^^

心理学の世界もトランスパーソナルといった感じなど、どんどん精神性の目覚めに近付いているように、いずれ霊の正体がはっきりと解明されるかもしれませんね^^

実は霊の正体は無意識内に存在する感情データの複合的な纏まりの渦のようなものだったと(笑)

と、ここまでは私が単に思っている事なので、それを鵜呑みにしてはいけませんし、世の中にはこう言った話をうたって、金もうにする悪党しかいません(笑)

私的に言いますと、どの宗教も間違いです。

どんな霊能力者も99%偽物です。

世の中、偽物だらけなので、特に死後の世界などの話は人の言う事を鵜呑みにしてはいけませんよ^^

生まれ変わりもスウェーデンボルグによると、ないそうです。

生まれ変わりは、そういったことを知ろうとしている者の近くにいた霊のデータが、その人に入ってしまった事で、その人が間違えて自分の過去だと思ったところから、前世があると思っていることが大半だそうで生まれ変わりはないそうです。

生まれ変わりを説けば、金儲けに繋げる事は容易にできますからね(笑)

こう言う話は『へーこの人はこんな考えなんだ。でも私はこう思う』と言う感じで聞くのが良いのですが、日本人はこういった話をすぐ否定したがる人が多く、だめなのです;^^

人は人。自分は自分です。

そこで、あなたは霊は何だと思いますか?

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

霊の正体は実は無意識の中のものだった!?
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
霊の正体は実は無意識の中のものだった!?

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)