不安や恐怖に苛まされ続けて育った男の子は性器が育ちにくくなり小さくなる可能性

不安や恐怖に苛まされ続けて育った男の子は性器が育ちにくくなり小さくなる可能性

第二次性徴期に不安や恐怖に苛まされ続けて育った男の子は性器が育ちにくく小さくなりやすい。性器が小さく悩んでた人は確かに中学生を迎える頃に不安や恐怖が多かったという場合が多いと個人的には感じている。これに関係した論文を発表した医師もいる。心の萎縮は体にまで現れてくる。

まずその論文を発表した医師については以下の引用をお読み下さい。

2005年、フィレンツェのふたりの医師が、ダビデの息子スティックは実は恐怖で縮み上がっていたから小さいのだとする論文を発表した。

引用元:なぜ古代彫刻像の息子スティックはあんなにも小さいのか?科学的に検証する。 : カラパイア

これは当たっていると思います。恐怖を感じた時に自分の男性器が縮んでいることを今までに経験したことが男性ならあると思います。それが心理的な虐待や体罰などによって不安や恐怖に苛まされ続けて育てば成長が阻害されるのは当たり前だと考えられます。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントを残す(あなたのSNS垢やブログURLの記載OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)