誰かが誰かを意図して癌にすることは可能か?

誰かが誰かを意図して癌にすることは可能か?

今日は、この恐ろしいテーマについて、軽く、そして曖昧に書いておこうと思います。

答えは「可能」です。しかも、合法的に癌にすることが可能です。意図した者はもちろん逮捕されませんし、最後までバレません。これが「嘘」の恐ろしさでもあります。刃物を使い人に危害を加えた者はもちろん逮捕されやすいです。しかし、「誰かが意図して誰かを癌にする」ことは誰がやったかもわかりませんし逮捕もされないのです。つまり、わかりやすい犯罪を犯した者のほうが刑務所にいるということでもあるのです。逆に、立証できない殺人、特に「誰かが意図して誰かを癌にする」ことは立証は出来ませんので、逮捕もされずにのうのうと生きているということです。

このテーマがなぜ恐ろしいか。そこに少しだけ触れてみると、例えば「健康的な食事」を謡う影響力のある人物がいるとします。その人物が広める健康的な食事が「癌をビジネスにしている側」にとって不都合で、目障りで、消えてもらいたい。そう思われターゲットにされた場合、「健康的な食事を勧めてい者が癌になったなんて本末転倒だ!」という「シナリオ」で仕掛けられる可能性もゼロではありません。

何度かお伝えしましたが「世の中の多くはマッチポンプ」です。問題を作り出している側がいます。そしてその作り出した問題を使って利益を得るのです。そんなマッチポンプの1つに「癌ビジネス」もあるのです。「癌ビジネス」と一言で言っても、我々が思う以上に、その心理的効果、空気などが形を変え、わからないように浸透しています。つまり、癌になりたくないともいながらも癌になりやすい選択を知らず知らずのうちにしてしまうよう誘導されているということです。そして癌を増やし、利益を得る。そういった仕組みは癌だけではなく他に色々隠れています。我々はマッチポンプの中で飼いならされているのです。

そんなマッチポンプを行う側にとって邪魔のは「真実追及」「真実公開」「真の健康や成長」です。その「真の健康や成長」を世に広めようとすれば当然、嫌がらせは悪評を流されたり、工作員が近寄ってきたりする場合もあるのです。その影響力の度合いに応じて。そして、それだけではなく、こういった妨害を受けた者が妨害を受けていることを主張すると「精神の病気」だと思われるように、事前に精神の病気の人たちをマインドコントロールして騒がせていたりします。つまり陥れる下準備も万全だということ。

で、ここまで聞くと「まさに世の中の闇!暴き出さなきゃ平和は来ない!」と思うでしょう。だから、多くの人がこういった闇に気づきだしてそれを阻止しようとしたり、明るみに出したり、暴露しようとします。だけど、それは無意味に等しいのです。どれだけ闇をなくそうとしてもゼロになることはないのです。それもひっくるめて「これが現実なんだ」と受け入れることが大事です。罠、策略、陥れる。色々なことがあり、それらも社会の一部なのだという意味が分かるようになることが必要なのです。

で、話は戻りますが、「健康的な食事」を広めている者に、癌ビジネスをしている側が「健康的な食事を勧めてい者が癌になったなんて本末転倒だ!」という「シナリオ」で仕掛ける場合、時間が必要です。今日明日に癌にすることは不可能です。つまり、ターゲットに対して「癌になる誘導」をしなければなりません。その方法は時間がかかりますし、複合的に組み合わせて仕掛けないと癌にはなりません。方法をお伝えすることは出来ません。

おかしいと思いませんは?病気にならないための食生活を徹底すると癌や、他の病気になる人がいることが…。

この闇、これを追求するのではなく、こういった者に仕掛けられない自分になる。これが大事なのです。

 

 

 

悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)
間抜けな彼らは何でも鵜呑みにして、悪い暗示に気づかずにコントロールされていく…
マヌケだから暗示にかかる!? モラルハラスメントを行う者たちの世界には、悪い暗示を使い、相手を不幸へと誘導している者もいる…。そして間抜けな人たちは、何でも鵜呑みにして、噛み砕いて消化もせず、確認もせず、そして期待して、挙句の果てには「駒」にされて、そして煽動されてしまうこともあります。そうなってしまう原因の1つは「マヌケ」だからです。これは悪口を言っているのではありません。悪い暗示は、例えるなら、泥棒やネズミの侵入のようなもの。あなたが、自分を生きていきたいのなら、この本に書いたことは、必ず、知っておいて欲しい。僕自身が「間抜け」だったからこそわかったことがあります。このことの大切さを知ってほしい……と強く思います。心理的な虐待者がいる機能不全家庭や、悪質巧妙な手口を駆使するモラルハラスメント加害者がいる環境、或いは、日本ではまだ認知度が低いガスライティング加害者(ソシオパス等)がいる環境では、周囲の人が気づけないレベルで悪い暗示が飛び交っていることがあります。そんな悪い暗示で「ダメ」にならない為に大切なこと(知っておいたほうがよいこと)を書きました。
悪い暗示に気づき、解く方法!(悪い暗示に気づく簡単なワークつき!)
この本の詳細はこちら(確認する)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

誰かが誰かを意図して癌にすることは可能か?
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
誰かが誰かを意図して癌にすることは可能か?

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)