モラルハラスメントの加害者は、相手の心の傷を聞きだして、そこを執拗に狙う場合がある。例えば、Aさんが「〇〇の音は、過去の虐待を思い出すから嫌だ」と言う。Bさんは、Aさんに近寄り、その「〇〇の音」をわざと何度も繰り返し鳴らす。そして「わざとじゃないのに、被害妄想…」、とすり替える。

モラルハラスメントの加害者は、相手の心の傷を聞きだして、そこを執拗に狙う場合がある。例えば、Aさんが「〇〇の音は、過去の虐待を思い出すから嫌だ」と言う。Bさんは、Aさんに近寄り、その「〇〇の音」をわざと何度も繰り返し鳴らす。そして「わざとじゃないのに、被害妄想…」、とすり替える。

このような「嘘つき(Bさん)」は、自然を装って嫌がらせをするので(https://twitter.com/moral88887777/status/1159018727922229249)に書いたように、まず「嫌だからやめて」を伝えること。伝えた証拠を取ったり、第三者が聞いていれば、伝えた後にも繰り返される場合、それを行う正当な理由がない場合、立派な嫌がらせだと判断できます

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメントの加害者は、相手の心の傷を聞きだして、そこを執拗に狙う場合がある。例えば、Aさんが「〇〇の音は、過去の虐待を思い出すから嫌だ」と言う。Bさんは、Aさんに近寄り、その「〇〇の音」をわざと何度も繰り返し鳴らす。そして「わざとじゃないのに、被害妄想…」、とすり替える。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの加害者は、相手の心の傷を聞きだして、そこを執拗に狙う場合がある。例えば、Aさんが「〇〇の音は、過去の虐待を思い出すから嫌だ」と言う。Bさんは、Aさんに近寄り、その「〇〇の音」をわざと何度も繰り返し鳴らす。そして「わざとじゃないのに、被害妄想…」、とすり替える。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)