みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラルハラスメントの加害者は、被害者が言っていることを、「妄想扱い」することがある。モラルハラスメントが成立していると、被害者は混乱しています。頭が真っ白になりやすかったりします。それを「妄想」とすり替えて、「口封じ」をすることがある。(人を妄想扱いする、悪質な加害者)

モラルハラスメントの加害者は、被害者が言っていることを、「妄想扱い」することがある。モラルハラスメントが成立していると、被害者は混乱しています。頭が真っ白になりやすかったりします。それを「妄想」とすり替えて、「口封じ」をすることがある。(人を妄想扱いする、悪質な加害者)

被害者の言っていることをすぐに「被害妄想扱い」する加害者は、口癖のように、「はい妄想~」「糖質(統合失調症の意味)」と言います。診断の権限もないし、妄想の定義も知らない無知な者です。つまり、嘘つき(事実ではない)です。
 
DSM-5による妄想の定義

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top