「嘘つき」は、「本当のこと」「事実」「真実」「確認」などを極端に嫌がります。

「嘘つき」は、「本当のこと」「事実」「真実」「確認」などを極端に嫌がります。そして、本当のことを言っている側を、嘘つき扱いして、その人の話を信じないように工作をします。しかし、どんな工作をしても、真実を見抜く目を持っている人が1割くらいいるので、気づかれます。可哀想な加害者…。

平気で嘘をつき、悪い噂を作って流す加害者(デマ流し)に、ほんの少しの「勇気」があれば、変われるのかもしれない。彼らは、怖気ずいて、自分を見失って、恐怖対象に同一化して媚び諂って生きている。そして「嘘」を「力」だと錯覚するまで、自身を歪ませている。そこから戻るのは容易ではない…。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメントを残す(あなたのSNS垢やブログURLの記載OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)