話をかぶせて喋り、言葉を切り、話を聴かず、相手をどもらせて嘲笑する加害者

話をかぶせて喋り、言葉を切り、話を聴かず、相手をどもらせて嘲笑する加害者

モラハラ加害者は、わざと(そうじゃない場合もある)、相手の話にかぶせて喋ったり、相手の言葉を切るような相槌を打ったりして、細かい嫌がらせを繰り返し、相手をイライラさせていき、怒りを引き出して、その部分だけに焦点を当てて、相手を悪者扱いしていく、根腐れが起こっている者もいる。

この加害者は、吃音者(どもりがある者)を馬鹿にする場合がある。つまり、相手をどもらせることが出来る。相手の言葉を切る、言いたいことを切る、話を聴かない、これを長期的に繰り返すことで、相手をどもりにすることが出来る…。加害者は、それを意図してやって、嘲笑することがあるから悪質な者。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)