ヤクザ組織が一つの「檻」として機能していた有難いもの

ヤクザを過剰に叩いた一般人は、ヤクザが衰退して、マフィア化してきて、半グレも増え、細部まで影響が出始めて、もっと酷い目に遭うようになったころに、実は、それまでヤクザ組織が一つの「檻」として機能していた有難いものだと知るだろう。一般人は、精神的に未熟なのです。何もわかっていない…。

『ヤクザ組織が一つの「檻」として機能していた有難いもの』…、この深い意味がわかるようになった者は、世の中の仕組みをスケープゴートの概念も含め、一通り、上っ面だけ理解したことになる。そこから、自分が如何に未熟で愚かだったかがわかるのです。人間、目を覚まさないといけない。

こういうことなんです。例えば、「人を殺して慣れたww」という異常な人間も稀にいます。その者が「檻(組織)にいるうちは、「仕方なしに言うことを聞く(守る)」部分もあるのですが、「檻(組織)が無くなったら、「人を殺して慣れた」と言う者まで、野に放たれるわけです。マフィア化、怖いですよ

「人を殺して慣れた」と言う者が、野に放たれると、それまで上から「〇〇だけはやるなよ」と言われていたことさえ、守らなくなるのです。それまで犯罪の種類2種類しか手を出していなかったのに、今度は5種類も、10種類も平気でやるようになるのです。猛獣(ソシオパス)が野に放たれるわけです。

鍋で死体を煮た半グレや、遺体を切断し、強アルカリ性劇物(カセイソーダ)で溶かして遺棄した暴力団関係者など、このような残酷なことが出来る者たちは、まだまだいます。このような者たちを囲っている「檻(組織)」が無くなり、マフィア化したら?、想像できるでしょう。

「檻(組織)」が、残酷な者たちの抑止になっていたのです。しかし、もう「檻(組織)」は壊れてきている。手遅れですね。仕方ない。少しずつ、マフィア化していき、半グレも増え、その影響下にいる一般人に、水面下でジワジワと影響が出てくるでしょう。別方向からは「本格的な洗脳」も増えます。

この圧力に対処できない一般人は、虐め、虐待、動物虐待、子供殺し、SNSでの虐め、憂さ晴らしなど、あちこちでうんざりする動きが出てくる(既に増えている)。勉強して戦う(問題解決する)ことが大切です。人生、何事も人生勉強ですから。これからは色々と大変な時代になります。問題解決が大切。

 

「”つまり、マフィアやテロ組織のメンバーが日本にやって来る場所を作ることになる”引用元(https://ironna.jp/article/9358)」
 
暴力団もマフィア化し、海外からマフィアやテロ組織のメンバーが日本上陸し、新しい組織が形成、何れ、「麻薬カルテル(チェーンソーで断首)」が関与してくるかもしれない。

こうなってきた時に、一般人は、「あれ?なんかおかしいぞ?ヤクザが自由に動けていた時のほうが、安全だったぞ?」と、現実を少し認識し始めるのです。ヤクザはスケープゴート(隅に追いやられた)された者たちだから犯罪をしないと生きられない。それでも犯罪は「最小限」に抑えられていたのです。

マフィア化したり、海外マフィアが上陸してきたら、彼らは、事務所を構え、堂々と所在を明らかにしてきたヤクザ組織とは違って、水面下で隠れて自由に悪事を働くので、「犯罪を最小限に抑える必要性は無い」のです。当然、一般市民にとっては、マフィアや半グレのほうが脅威になるのです。

ヤクザを侮辱した書き込みネットに投稿して特定されて殺されたという話は聞いたことがありません。しかし、人気ユーチューバー(17歳)が、麻薬カルテルのボスを侮辱した動画を投稿すると、射殺されました。(https://youtu.be/meLrFgWMPJQ

このように、「ヤクザが衰退」して、「マフィア・半グレ」が増えるほうが、一般市民にとって厳しいことで、その時に、「侮辱」や「誹謗中傷」って、安易に行うものじゃなかったんだな…と反省する。誹謗中傷での自殺が増えてきている昨今です。今後、マフィア化して、良いお薬になると良いのですが…。

韓国芸能人が苦悩「指殺人」 – Yahoo!ニュース

「指殺人を行う者」を狩る者が、少しずつ増えてくるかもしれませんね。安全地帯から匿名で、「指」で「ポチクリ」やって、人の心を刺すということが、どういうことになるか、嫌でも現実を知ることになる人間も出てくるかと思います。「心」を軽く見てはいけない。
一般人の中には、スケープゴートを作った者たちがいる。そして、スケープゴートされた者の一部は居場所を失い、裏社会へと移った。そして、裏から「芸能界」を、1つの見世物小屋として、一般人を釣り上げるようになった。そして、スケープゴートを作るタイプは、食われることもある。因果は巡る…。
「なぜ芸能界はヤクザ が仕切っているのか(マンガで分かる)(https://youtu.be/eA3hiMjdRvw)」、締め出しても、押し出しても、形を変え、場所を変え、巧妙に表社会に食い込んでくるのがヤクザです。スケープゴートにしてしまった以上、どう足掻いても表社会に巧妙に食い込んでくるのです。自然の流れです。
今の「加害者」は、過去の「被害者」です。
https://twitter.com/moral88887777/status/1204200526889373697
自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

ヤクザ組織が一つの「檻」として機能していた有難いもの
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
ヤクザ組織が一つの「檻」として機能していた有難いもの

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)