あなたを洗脳しようとする人は「ダメ」をくっつけて刷り込みます。例えば、「教材」+「ダメ」=「悪いことをしている」と。こうやって話を作り上げて悪者扱いをしているのです。まず目を覚ますことが大切です。冷静に思考をしてみましょう。「教材」は「教材」、それ以上でもそれ以下でもありません。

あなたを洗脳しようとする人は「ダメ」をくっつけて刷り込みます。例えば、「教材」+「ダメ」=「悪いことをしている」と。こうやって話を作り上げて悪者扱いをしているのです。まず目を覚ますことが大切です。冷静に思考をしてみましょう。「教材」は「教材」、それ以上でもそれ以下でもありません。

これは、「デマ流し金沢」がやったことで、こういった手口があることが、ハッキリわかりました!例えば稼ぎ系の情報商材は詐欺が多いです。なので「情報商材」=印象が悪いです。それを「健全な教材」→「情報教材」→「情報商材を売ってる悪い奴」とすり替えて印象操作していました。悪質極まりない。

「教材を売って悪いことをしている」を「教材」+「ダメ」に分解し、「教材」は「教材」、それ以上でもそれ以下でもないので置いといて、その「ダメ」が本当なのかを「確認」すれば良いのです。確認すれば答えは出ます。確認せず数々のデマを流した金沢は、大嘘つきであることは間違いないのです。

このように、どれだけデマを流しても、ごく一部の「鵜呑みにする者」には効いてしまうこともありますが、本当の実践者たちには届かないのです。「デマ」は「信頼」がある場所には届かないのです。これが「信頼の強み」の1つです。だからあなたにも「自己信頼」を深めて欲しいのです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

あなたを洗脳しようとする人は「ダメ」をくっつけて刷り込みます。例えば、「教材」+「ダメ」=「悪いことをしている」と。こうやって話を作り上げて悪者扱いをしているのです。まず目を覚ますことが大切です。冷静に思考をしてみましょう。「教材」は「教材」、それ以上でもそれ以下でもありません。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
あなたを洗脳しようとする人は「ダメ」をくっつけて刷り込みます。例えば、「教材」+「ダメ」=「悪いことをしている」と。こうやって話を作り上げて悪者扱いをしているのです。まず目を覚ますことが大切です。冷静に思考をしてみましょう。「教材」は「教材」、それ以上でもそれ以下でもありません。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)