ガスライティングの研究をしている方などは、「デマ流し金沢」を追跡すると良いでしょう。

「デマ流し金沢」のような「”大嘘つき”」は、必ず、「匿名」で書きます。やましいことがないなら、責任をもって「実名」で書いたら良いのです。何をコソコソ隠れて書く必要があるのか…。彼は、実名で書けるわけがない。何故なら、すべてが嘘だから。無責任の極み、デマ流し金沢。ほら、出てきなよ。

デマ流し金沢がやっていることは、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」です。心理学者のステファニー・サルキス氏が言う、虐待者が使う「気を散らすテクニック(反対のことを言って、相手がそれは違うと反論することで忙しくさせる)」を頑張って、なんとか使ってみたのでしょう。

ガスライティングの研究をしている方などは、「デマ流し金沢」を追跡すると良いでしょう。心理学者のステファニー・サルキス氏(ADHDの専門家である)が言っている「ガスライティングで、注意すべき兆候」5つのうち、5つ全部金沢はやっていました。彼は、ガスライティングの加害者です。

海外の心理学者や、心理士などは、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」などについて研究されたり、記事を投稿して注意喚起をしていることが多いのですが、何故か、日本の心理学者や心理士は、ガスライティングに関して消極的ですね。怯えているのでしょうか。海外の心理学者を見習ってほしい。

twitter.com/YukariWatanabe)にあるよう、金沢は、「健全な情報教材(認知の歪みの修正、カタルシス)を悪いもの」だと、周囲を洗脳し、被害者(販売者)に「もしかしたら、自分が悪い(頭がおかしい)のかもしれない」という疑いを与えるほどのことを書いていた。

わかってきたことが、一部のガスライティング加害者は「被害者のフリ」「被害者の立場」「被害者擁護」して、「被害者」を隠れ蓑のしているということ。悪人は善人を悪人に仕立て上げることから始めると言うが、隠れ加害者は被害者を加害者に仕立て上げること(悪者扱い)からを始めるようだ。

 

 

 

 

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

ガスライティングの研究をしている方などは、「デマ流し金沢」を追跡すると良いでしょう。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
ガスライティングの研究をしている方などは、「デマ流し金沢」を追跡すると良いでしょう。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)