世話好きで他人の世話ばかりする人が「実はアダルトチルドレン(ケア・テイカー、世話役)だった…」というケースが少なくありません。

世話好きで他人の世話ばかりする人が「実はアダルトチルドレン(ケア・テイカー、世話役)だった…」というケースが少なくありません。

世話好きで他人の世話ばかりする人が「実はアダルトチルドレンだった…」というケースが少なくありません。

以下のWikipediaからの引用文をお読み下さい。

ケア・テイカー(世話役):親や周囲の面倒を見てきたタイプ
リトルナース:家庭の問題をサポートをしてきたタイプ
イネイブラー:家事介護など家の中の用事をしてきたタイプ
プラケーター:家族の仲介役をしたり、慰めたりしてきたタイプ
外面 – 優しい子、思いやりのある子、聞き上手
内面 – 自信のなさ、責められてると感じやすい 、正当な欲求を押し殺す
言動 – 周囲の役に立つように頑張る、困っている人を放っておけない
弱点 – 自分がない、一線を引けない、依存されることを追い求める
長所 – 努力家、責任感、道徳感に秀でる、世話見がよい

引用元:アダルトチルドレン – Wikipedia

こちらの(ケア・テイカー、世話役)タイプは、他人の世話ばかりをして、自分のことをおろそかにしてしまい、頑張りすぎてしまい自分のことを追い込んでしまうこともあるほどです。自分のことを大切にすることが出来ずに、周囲の人の役に立とうと無理をし過ぎることがあります。

その結果、自分自身はどんどん苦しくなっていき、本当の自分の気持ちもよく分からなくなっていく場合もあります。誰かのお世話をすることでしか自分の存在価値を感じることが出来なくなっていくことがあります。

そう、誰かのお世話をすることでしか認めてもらえずに育つと、愛情に飢えていき、その愛を欲するが故にお世話をして認めてもらおうとするのです。本来ならばお世話をしなくても認めてもらえるところや、愛されることが普通にあってもおかしくなかったのです。

しかし、育った機能不全家庭では、それがちゃんと機能していなかった。だから必要な時に認めてもらったり、甘えたり、愛してもらったり、足りなかったのです。だから飢えてしまい、それを求めると、誰かのお世話をすることに繋がってしまうのです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)