「殺人犯」の中には、死んでも口を割らないよう、教育、洗脳、マインドコントロールをされている者たちがいます

「殺人犯」の中には、死んでも口を割らないよう、教育、洗脳、マインドコントロールをされている者たちがいますので、犯罪者の洗脳やマインドコントロールを解こうとする側は、「嫌がらせ」を受けることもあります。嫌がらせがエスカレートして、消えてしまう人もいます。触れると大変な闇の1つ。

このように、「組織の闇」が「1人の潜在意識(無意識)」の中に隠されており、蓋をされている場合もあるので、過去を掘り起こすことを嫌がる側もいるのです。あまり、あちこち掘り起こすことはやめたほうがいいでしょう。他人の課題には首を突っ込まず、介入せず、自分の課題をクリアしましょう。

掘り起こす側が、それが仕事であり、自分の課題であり、そしてそれに命を懸けて最後まで成し遂げたい理由があるならば、追及するのも良いと思います。あまり深い闇に入っていくと、戻れなくなることもありますので、闇との対峙は慎重に決断することが大事だと思います。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

「殺人犯」の中には、死んでも口を割らないよう、教育、洗脳、マインドコントロールをされている者たちがいます
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「殺人犯」の中には、死んでも口を割らないよう、教育、洗脳、マインドコントロールをされている者たちがいます

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)