モラルハラスメントの加害者の目的の1つは、「自尊心の破壊」です。これは「精神的な死」です。酷い「無価値感」や「虚無感」が襲ってくる人は要注意です。「精神的な死」が近くなると酷い無価値感や虚無感が襲ってきます。モラルハラスメントの加害者から、まずは離れることが大切です。

モラルハラスメントの加害者の目的の1つは、「自尊心の破壊」です。これは「精神的な死」です。酷い「無価値感」や「虚無感」が襲ってくる人は要注意です。「精神的な死」が近くなると酷い無価値感や虚無感が襲ってきます。モラルハラスメントの加害者から、まずは離れることが大切です。

「”精神的に責める人。彼らは、知ってか知らずか相手の自尊心を傷つけていきます。虐待によって危険な状態にある14歳以上の846人の子どもを調査したところ、最も多かったのが心理的な虐待。”」 引用元:他人を精神的に追いつめる人に共通する「13のこと」 | TABI LABO(tabi-labo.com/193181/13-warn

先ほどの記事にも「自尊心を傷つける」と書かれているように、加害者の狙い(目的)は、自覚の有無にかかわらず、被害者側の「自尊心の破壊(精神的な死)」なのです。自尊心を破壊されると、人は、自殺します。先に精神を殺しているのです。逮捕逃れの悪質な殺人、それがモラルハラスメント。

比較してはいけませんが、ストレートに殺人を行う者よりも、自尊心の破壊(精神的な死)によって相手を殺そうとしているほうが悪質なのです。逮捕されないよう、攻撃を分散させ、1つ1つで見れば、逮捕されないレベルに落とし込んで、分散したものを絶え間なく、長期的に浴びせるから悪質です。

”独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)のサイバー攻撃対策総合研究センター(CYREC)では「特定の相手に狙いを定め、その相手に適合した方法・手段を適宜用いて侵入・潜伏し、数か月から数年にわたって継続するサイバー攻撃」としている。”

引用元:(https://ja.wikipedia.org/wiki/APT%E6%94%BB%E6%92%83)

巧妙なモラルハラスメントは、サイバー攻撃の一種である「APT攻撃」の「心理版」といえます。特定の相手に狙いを定め、相手に効く方法を、長期的に絶え間なく浴びせ続ける。周囲にはそれがわかりにくい。何故なら目に見えない部分で、被害者にだけ効くものを選んでいるから。

何より面白いのは、この巧妙なモラルハラスメントについて発信していたら、どこからともなく「かなざわ(全くの赤の他人)」が現れて、我々の悪い噂を流し始めたのです。まるで「自ら手を挙げに来た」ようなもの(そうです!私が巧妙なモラルハラスメントの加害者です!)。情けないやつだ。

もしかしたら、彼は、「巧妙なモラルハラスメント」によって、人を殺したことがあるのかもしれない(自殺誘導)。そういった抑圧している邪悪な思考や感情が、あまりにも黒すぎて、周囲に投影され、周囲を叩かないといけない姿が、アレ(嘘や事実の歪曲で攻撃し続ける行為)なのかもしれない。

人を殺めてしまった人間は、、、「殺した人間が夢に出てくるんだよ…」と言うことがあるという。「夢」は「無意識」、「無意識」は「本音」、、、逃れられない。彼は、自分が苦しめてきた相手の亡霊に憑りつかれて、自身の邪悪さを周囲に投影し、束の間の安心を手に入れているつもりだったりして。

酷い、虚無感や無価値感が襲ってくる人は、それは本当のことではないと自分に伝えてあげて下さい。悪い噂を作って流す異常者は、虚無感、無価値感を抱かせて、あなたの自尊心を破壊しようとしている可能性もあります。あなたは優れているから、狙われたのです。自分を信じてあげて下さい。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメントの加害者の目的の1つは、「自尊心の破壊」です。これは「精神的な死」です。酷い「無価値感」や「虚無感」が襲ってくる人は要注意です。「精神的な死」が近くなると酷い無価値感や虚無感が襲ってきます。モラルハラスメントの加害者から、まずは離れることが大切です。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの加害者の目的の1つは、「自尊心の破壊」です。これは「精神的な死」です。酷い「無価値感」や「虚無感」が襲ってくる人は要注意です。「精神的な死」が近くなると酷い無価値感や虚無感が襲ってきます。モラルハラスメントの加害者から、まずは離れることが大切です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)