「洗脳」は「強制力」を用いて、「信念」を変えることを言います。つまり「強制力」が無い場合は、洗脳とは言えません。相手は自由に離れることが出来ますので。暴力、暴言、監禁、そして恐怖を使い、縛り上げ、強制的に信念に変革をもたらすことは「洗脳」です。洗脳されたと嘘をつく者もいます。

「洗脳」は「強制力」を用いて、「信念」を変えることを言います。つまり「強制力」が無い場合は、洗脳とは言えません。相手は自由に離れることが出来ますので。暴力、暴言、監禁、そして恐怖を使い、縛り上げ、強制的に信念に変革をもたらすことは「洗脳」です。洗脳されたと嘘をつく者もいます。

「マインドコントロール」は「強制力」がありません。強制力の代わりに、気づかれないよう「心理的視野狭窄状態」へと誘導します(心のトンネル)。心のトンネルにいる状態がマインドコントロールされている状態です。心のトンネルから抜け出すことが「マインドコントロールが解けた」ということ。

では、何故カルト教祖などは、対象者を心のトンネルに入れ込むのか? それはコントロールする側の「目的」へと向かわせるためです。トンネルの進む先は、支配者の目的なのです。だから、心理的視野狭窄状態(心のトンネル)から抜け出すことが大切なのです。暗示に気づき、視野を広げればよいのです。

暗示に気づき、視野を広げるということは、心のトンネルに光を照らし、自分で抜け出せるようになるということです。だから、サヨナラ・モンスターでは、うるさいほど、「新しい解釈や視点を手に入れよう!」と言っているのです。逆に支配者は、この新しい解釈や視点を与えないようにして甘やかします。

子供をマインドコントロールしている毒親が「新しい解釈や視点を手に入れよう」と言いますか? 言わないでしょう。新しい解釈や視点を手にいれられたら、コントロール出来なくなる。支配者は、対象を思考停止状態へと誘導し、思考力を奪い、支配者の目的へ向かわせるために、心のトンネルに押し込む。

勉強が嫌な人もいるかもしれない。だけど、マインドコントロールから抜け出す、または、予防するには、新しい解釈や視点を手に入れて、脳の前頭前野を活性化させ、視野を広げ、高い視点を手に入れ、物事全体を俯瞰し、現実を強く生きることが大切です。そう考えたら、勉強って良いものだと思えるかも。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

「洗脳」は「強制力」を用いて、「信念」を変えることを言います。つまり「強制力」が無い場合は、洗脳とは言えません。相手は自由に離れることが出来ますので。暴力、暴言、監禁、そして恐怖を使い、縛り上げ、強制的に信念に変革をもたらすことは「洗脳」です。洗脳されたと嘘をつく者もいます。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「洗脳」は「強制力」を用いて、「信念」を変えることを言います。つまり「強制力」が無い場合は、洗脳とは言えません。相手は自由に離れることが出来ますので。暴力、暴言、監禁、そして恐怖を使い、縛り上げ、強制的に信念に変革をもたらすことは「洗脳」です。洗脳されたと嘘をつく者もいます。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)