デマハラ(デマを流す嫌がらせ)加害者は、ゴミのように扱われます。因果応報…。

デマ流しかなざわが「デマ」を流している時、そこに、「根拠(それを支えるための理由)」が、1つもありません。普通は、「自分の意見」+「根拠(それを支えるための理由)」をセットにして書きます。しかし、彼は、1つも根拠を示さない。息を吐くように嘘を書ける彼は、サイコパスかもしれない。

このような「デマ」を流す嫌がらせは、「デマハラ(デマを流す嫌がらせ)」と呼ぶようにしよう。名誉毀損、信用毀損、業務妨害、こういった犯罪を、逮捕されないよう上手くやる(1つ1つを分散させて行う)のが、デマ流し加害者の特徴です。法律を熟知しているようです。悪賢い加害者がデマハラ加害者

名誉毀損、信用毀損、業務妨害、こういった犯罪を、逮捕されないよう上手くやる(1つ1つを分散させて行う)のが、デマ流し加害者(デマハラ・デマを流す嫌がらせ)の特徴ですが、例えば、実際にあるデマハラでは、ターゲットの有料サービスを潰すためにデマザワ(デマ流しかなざわ)はこう言う。

「長く細く搾取され続ける仕組み、気を付けて」このように、デマ流しかなざわがデマを流すのも、ターゲットの、健全な有料サービスへの妨害です。勿論、デマ流し加害者は、そのサービスを受けてもいない。知らないのに、こう言える、その根拠も証拠も無し。大嘘つきです。息を吐くように嘘を書く。

目的は、悪い噂を作って、周囲に流して、その「有料サービスのお客を減らすため」です。こういった「嫌がらせ」をしながら、相手が反応してきたら、相手の心を刺し、反応を引き出し、相手を悪者扱いすると言った感じで、すり替えます。しかし「本物」には通じないのです。彼は、無駄な努力をしている。

それどころか、こうやって「分析(物事を分解し、それらを成立させているものを明らかにする )」に、「貢献」しているようなものです。彼の手口は分解され、1つ1つが、言語化されて、ネット上に残っていくのです。そして新たな用語「デマハラ」も出来上がり、少しずつ手口が周知されていくのです。

このようなデマハラ加害者の手口が広まり、一方では、健全な人たちが「人間的成長」へと向かい、どんどん差が開いていき、日本はどんどん貧しくなり、二分化も更に進み、其々が自分の行いの結果を受けることになるのです。自業自得です。その苦しみから脱がれたければ本当の反省と改心が必要です。

2019年から日本国は衰退へ。海外メディアも一斉に警告「少子高齢化という時限爆弾」 https://www.mag2.com/p/money/487227

私たち日本人は、着実に貧しくなってきている(山本一郎) – Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20191218-00155431/

どんどん酷くなっていきます。

ジム・ロジャーズ”日本はより貧しくなる” 衰退を防ぐには「移民」しかない #POL https://president.jp/articles/-/27906

時代の変化と共に、「人間への扱い」も変化してきます。デマ流し加害者への扱いは、間違いなく厳しくなっていくでしょう。日本は貧しくなっていきます。生きることが大変な人も増えてきます。そんな中、しょうもないデマ流しなんてやっているような者は、当然、ゴミのように扱われます。因果応報…。

脱洗脳のプロはこう本に書いています。

”これから、最悪の洗脳がスタートするのです。”
引用元:現代洗脳のカラクリ ~洗脳社会からの覚醒と新洗脳技術の応用のP40

脱洗脳のプロ、脳機能学者の「先見の明」はすごいと思います。この方の著書に書かれてあることは、当たっています。書いてある内容が、数年たって、実際にそうなってくるのです。非常に面白いです。無意識的にも厳しい時代が来ているのでボーっとしていると知らない間に食われていくということ。

デマ流しかなざわのように、デマ(嘘)に散々頼ってきたような者から食われていきますので、我々からしたら、「最悪の洗脳」は、「健全な駆除」にしか見えません。ちゃんと「人間的成長」をしている人たちにとっては、「最悪の洗脳」は効かないので、「問題ないこと」です。

デマ流しかなざわが、「長く細く搾取され続ける仕組み、気を付けて」と、健全な有料サービス(月額制)への妨害をする。この健全な有料サービス側は、「本当の自分を生きよう」「支配から逃げよう」「自分の感情を感じよう」と発信しています。この健全性を邪魔するのは、「支配者」だからでしょう。

デマ流しかなざわは悪いことをしているから、「匿名」に逃げ込んで出てこれない。実名を出せるなら、すぐに「裁判」しても良いのです。確かな答えが出ます。我々は、いつでも実名を出せます。元々、隠そうとしていませんので。しかし彼は、匿名を隠れ蓑にして、悪さばかりして隠れて石を投げている。

我々は、あのデマ流し加害者が深く関与している、心理グループ、並び、被害者支援グループを、「怪しいグループ」だと睨んでいる。「類は友を呼ぶ」と言うように似た者同士が集まる。健全な社会人ならわかるはず、根拠もない悪い噂を量産しているのだから。それを切らないのは同じ穴の狢だからかもね。

デマ流し加害者を通じて、心理グループ、並び、被害者支援グループ、あの「怪しいグループ」に、一体、どんな「悪事」が隠れているのか、そこに興味がある。駒であるデマ流し加害者が、あれだけやるのですから、崇拝先の心理グループ、並び、被害者支援グループには、相当な「悪」が隠れているかも。

被害者支援グループを悪く言っているわけではない。一部の被害者支援グループに紛れる偽善者(メサイアコンプレックス)と、それと共依存関係になっている「偽被害者」が、「個人的に気に入らない!」と思っているだけです。この者たちは、「悪い噂」「デマ」を「餌」「生きる糧」としているからです。

何をするのも本人の自由ですが、メサイアコンプレックスと偽被害者のべったり共依存関係を成立させるには、必ず「悪役」が必要になる。それを作るには、「嘘」と「事実の歪曲」が必要になる。そこでスケープゴートを悪用する。この有害な仕組みが個人的に気に入らない。罪の無い者が犠牲になっている。

この者たち(メサイアコンプレックスと偽被害者)が関与したとこには、必ず、悪い噂、デマ、陥れ、捏造など、何かおかしなことが起こる。それで作り上げた悪役を、永遠と「悪魔扱い」して叩いている。問題解決がない。相手が「解離」するまで、「悪魔め!」と繰り返せるのだろう。

「被害者ぶる人」増加中、巧妙な狙いを3分類で読み解く | ニュース3面鏡(片田珠美:精神科医) | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/172224

「被害者ぶる人」増加中、巧妙な狙いを3分類で読み解く | ニュース3面鏡(片田珠美:精神科医) | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/172224

そう、こちらの精神科医の方が言っているよう、被害者ぶる者は何らかの利益を得ているのです。メサコンを抱える加害者も精神的利益を得ています。

メサコンを抱える加害者も、被害者ぶる偽被害者も、互いに何らかの利益を得て、結託しています。その何らかの利益を得るために必要になるのが「スケープゴート」です。だから、彼らは「スケープゴート(悪役)」に依存し、問題解決の無い悪口を何年でも言えるのです。心理業界から締め出してほしい。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

デマハラ(デマを流す嫌がらせ)加害者は、ゴミのように扱われます。因果応報…。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
デマハラ(デマを流す嫌がらせ)加害者は、ゴミのように扱われます。因果応報…。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)