注目されている記事(外部リンク)

家庭内でモラルハラスメントをする加害者は人の痛みに鈍感なのに対し、自分の痛みは大げさに振舞う傾向があります。家族が病気になっても無関心だったり「お前の自己管理が悪いからだ!」と逆に怒鳴ったりすることが多いです。

モラルハラスメントについて

自分の反応を変えてモラハラを終わらせる教材が完成
【広告】【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック

家庭内でモラルハラスメントをする加害者は人の痛みに鈍感なのに対し、自分の痛みは大げさに振舞う傾向があります。家族が病気になっても無関心だったり「お前の自己管理が悪いからだ!」と逆に怒鳴ったりすることが多いです。

するとモラルハラスメントの被害を受けた方は「何?いきなり何なの?」と思うのは当然だと思います。ですが、火のない所に煙は立たぬと言うように、モラルハラスメント加害者も何かがあるのです。本人も自覚していない心の深い傷が刺激されてしまい、だけど強がらなければいけない思い込みなどによって今まで封じ込めてきた心の苦しさを、一緒にいる人に分かってほしくて子供みたいに自分の痛みを大げさに振舞う場合があります。

この場合は、余裕があるのでしたら、相手の傷を理解してあげて、そこから支え合って乗り越えていくのも一つの解決策だと思います。自分に余裕がない場合は、離れることをおすすめします。離れて互いに回復しなければいけないでしょう。

記事の続きについて

この記事の続きが読みたい方は、記事下部のコメント欄に「記事の続き希望」と記載し、「コメントに返信があったらメールで通知する。」にチェックを入れてメールアドレスも記入して投稿して下さい。記事を更新しましたら、メールでお知らせします。

「あなたの言葉」と「サイトURL」を残す。

この記事に、「あなたの言葉」と「サイトURL」を残すことが出来ます。(承認制)
こちら

【広告】モラルハラスメントに関する書籍を読む
みんなから集めたモラルハラスメントに関する声を元に「代理発信」しています。

皆様からのレビューは、私の今後の作品作りの大きな参考となります。また、それは私にとっての大きな励みともなっています。感想や評価をお寄せいただけると、非常に幸いです。

Kindle Unlimited(読み放題)に登録している方なら0円!!
この記事を投稿した人
アバター画像

はじめまして、このサイトの管理人です。

過去に、モラルハラスメントの深刻な支配を経験し、新しい情報に触れることでその複雑な支配から抜け出すことができました。

このアカウントでは、みんなから集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報を共有しています。モラルハラスメントは、わかりやすいものからわかりにくいものまでさまざまです。特にわかりにくいモラルハラスメントの場合、どのように支配されているのかを理解しないと抜け出すのが難しいことがあります。

他人の体験談や新しい情報に触れることで、抜け出すためのきっかけを得ることができます。このブログがそうしたきっかけを提供できることを願い、情報を公開しています。このブログの目的は、支配されている人たちが自分自身を取り戻し、本来の自分を生きる手助けをすることです。

みんなの投稿:管理人をフォローする
モラルハラスメントについて
みんなの投稿:管理人をフォローする
みんなのモラルハラスメント情報

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

  1. SAKUZOU より:

    モラハラする人は自己コントロール欠如、コンプレックス、ストレス過多があり色んな事情でストレス発散が出来ない人が多いです(私的に)

  2. LV より:

    風邪ひくと、免疫力弱くない?
    と言ってきたり
    自己管理しないと
    っと言ってきたりする人
    たまに居ます。

    モラハラ加害者かな?と
    今思いました。
    そういう、すべての人が
    モラハラ加害者とは限らないと思いますので
    見ていきたいと思います。

  3. 名無し より:

    自分一人で生きてるわけではなく家族がいるから支え合って生きていけるという事を忘れずに感謝の気持ちを持てれば良いですね。

  4. よっし より:

    モラルハラスメント加害者は表向きは「無理しないで」という言葉をかけたりと外面はいいのですが、それらは実際は心配している訳じゃなく心配している立場を取っているという逃げ道を作ってるだけなんですよね。

    何かあった時に「私は無理しないでと言ったよね?」という逃げ道です。

    そして実際に無理をせず不調を訴えてモラルハラスメント加害者の望み通りにコトが運ばなかったりすると、つっけんどんな態度や仕草など非言語の圧力や当てこすり、当て付けがましい言い方をしてきます。

    「いくら具合が悪いかしらないけど、そんなしんどそうな状態を見せられたらこっちが嫌になる」

    こんな風に人の心配なんてせず自分の身勝手な気持ちを押し付けてくる。

    僕自身がモラルハラスメント加害者から受けた事例のほんの一部を挙げてみました。

    モラルハラスメント加害者は人の痛みに関しては鈍感で自分の痛みに関しては極めて敏感というのは、まさにその通りですね。

  5. あゆ より:

    他人に無関心で自分のことは大げさにとなるとモラハラ人はつくずくタチが悪いですね。腹が立ちます!

  6. 名無し より:

    私の父が、そういう所があります。例えば、母の体調が悪い時、「俺の方が、具合悪い。」と、怒鳴りながら言うので、情けないな〜と思ってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました