金銭面によるモラルハラスメント

以前私が経験した夫からの金銭面によるモラルハラスメントをご紹介します。

2人で貯めていた貯蓄は結婚式や海外旅行、新生活の費用など支出した後、一気に貯蓄が減り不安になったことを覚えています。

欲しい物はすぐ買い、プライドや見栄を張る性格と周りには常に奢る素質があった為、彼を知る周囲からは、『人望が厚く頼れる存在』『お金を持っている』という印象を持たれるようになりました。

お金の管理は私が行い、そんな彼を見てきて一緒に生活する中、私は周囲からも信頼され誇れる気持ちと裏腹に将来が心配と常に抱いていました。

約半年から一年周期で高額な費用の為、貯蓄から出してほしいと頼まれることになります。
例えば、apple製品が好きだったのでスマホやパソコン次から次に新商品の購入、車、数十万の最新商品などです。

今すぐ必要なのか、何の目的で必要なのかなど話し合いを重ね、購入もしくは保留になっていました。
ただプライドが強く、欲しいものは常に購入してきた夫は自分が欲しい物の購入を否定されると機嫌が非常に悪くなり、『ふざけんな。』『女のお前には価値がわからん』等侮辱するような言い方になる為、それが嫌で泣く泣く購入することも多かったです。
日常生活も機嫌を損なわないよう接していました。

私は毎月の貯蓄額と支出額の割合が合わない事や、夫は頻繁に将来の蓄えを使用するも私は一切使用したことがないことを次第に話し合いとして持ち出すようになりました。

すると『化粧品3000円は高すぎやろ。もっと安いのを買い節約せろ。』『俺のお金だからずべこべ言うな』『俺が生活費払ってるから文句言うな。』『俺のお金全部返せ』等など強い口調で言われたのを覚えています。
最低な人だとその時再度認識し、勿論後に別れることになりました。

よくその生活に耐えてたなぁ、と今ではつくづく思う過去の話になります。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

金銭面によるモラルハラスメント
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
金銭面によるモラルハラスメント

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)