モラルハラスメント加害者は自己愛的変質者

モラルハラスメント、最近、よく聞く言葉ですよね。
人を言葉や行為で傷つけるといったところでしょうか。
実際、体験した人にはたまったものではありませんね。
わかりやすい行為といったらいじめといったところでしょうか。

でも、この行為は実際、相手の体に瑕つけていないだけにたちが悪いんです。
というか、モラルハラスメントをしている人もかなりというか、全然、罪悪感の意識が薄いんですよ。
まぁ、人の心の中は見えないですからね。

でも、中には見えていたとしても平気でモラルハラスメントをする人もいるかもしれませんね。
調べてみたらモラルハラスメントをする人は自己愛的な変質者なんだそうです。
と、いうか変質者というのは言い過ぎではないかと思ったんですが。

でも、あきらかに被害を受けた者にとってはそう言われても仕方がないと思うんです。
私なりの解釈なんですが。
モラルハラスメントをする人は相手より自分が優れていると思い込んでいるんだと思います。
で、相手が自分より上に行くのが気にいらない、だから言葉で傷つけようとするんですね。
それが分かっていたら気にならないんですが。

正直、モラルハラスメントをする人はあくまでも、相手を傷つけているという自覚が全くありません。
ないせいでどんどん、その言動がエスカレートしていくわけです。
しかも、モラルハラスメントをする、つまり加害者なんですが。
そのことを指摘されると逆に自分が被害者になりたがります。
被害者をとことんまで追い詰めて、逆に自分が被害者になろうとします。

かなり、たちが悪いですよね。
しかも、考えてみたら、モラルハラスメントの加害者は自分の欠点よりも相手の欠点を暴きたくなくなるんです。
というか、相手の欠点しか見えないというところでしょうか。
常に自分が正しいと思っているんです。
相手に悪意を押し付ける事で自分の優越感を持っている連中だと思います。

ただし、彼らはモラルハラスメントの対象になっている相手以外には寛大です。
あくまでも自分の印象をよく見て貰いたいので、ちょっと見には好人物に見えるでしょう。
よく、あの人に限っていうことなんです。
しかも、常に自分が正しいと思っているので否定するとかなり、向きになるところがあります。
モラルハラスメントが気になるというなら自分を含めた人間観察が必要になると思います。

これが私なりの解釈なんですが。
結果、モラルハラスメントはなかなか、なくならないと思います。
何故なら、人の心には常に上位にいたいという感情が存在しているからです。
比較せず、その人にしかない個性が目覚めてくれば上位とか関係なくなるので、比較の無い対人関係が当たり前になればモラルハラスメントはなくなるでしょう。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)