モラルハラスメントを受け続けると不眠、胃痛、ホルモン異常、体重減少や増加、頭痛、吐き気等が起こってくることも!

モラルハラスメントを受け続けると不眠、胃痛、ホルモン異常、体重減少や増加、頭痛、吐き気等が起こってくることも!

モラルハラスメントはモラルを盾にした陰湿ないじめや精神的ないじめ嫌がらせの事です。職場の場合、上司の立場からすると指導という教育しているという立場であるという言葉で処理されがちです。言われた本人にしてみれば指導というよりもモラルハラスメントだと思うという事例が多く、これが指導なのかと疑問が出始めるとそれはモラルハラスメントとなってきます。

上司自身が指導、教育の為にやっているというのですが、本人にしてみれば1人だけ標的にされているという面からするとこれはモラルハラスメントとなってきます。本人のコンプレックスや欠点をあげつらうという言動です。又、聞こえるように嫌味言葉を言う場合もあります。家族の悪口と言う事も本人とは関係なく差別するという言動に繋がってきます。

それと退職させようと無理な仕事をさせたりして辞めるように仕向けたり、辞めるようにゴミ扱いするという行動です。又、自分が優越感を持って相手を攻撃するという手口をしたり、退職させようと昇給しない仕事ばかりさせたり、退職にもっていくように本人の行動をいちいち報告したりする粘着性がある攻撃が多くなってきます。

必要以上に監視したり、無視したりする行動をします。又、周囲の人にわかる程、継続的に嫌がらせを行う場合もあります。労働問題や法律上の規則に違反ともされる行動や言動が見逃されているようになってきます。職場の雰囲気が悪くなって本人の居場所が悪い環境となってくると精神的虐待、暴力になります。モラルハラスメントの特徴は自覚なしにハラスメント行動や言動をするケースです。

モラスハラスメント被害者が遭う段階的な退職と休職への道どりは第一段階では体が反応してきて、心臓がドキドキしたり、体の震え、大量の汗や胃痛や胃の違和感です。第2段階としては体の異常範囲として、不眠、胃痛、ホルモン異常、体重減少や増加、頭痛、吐き気等、苦痛を伴ってくる体の症状です。

第3段階としては心理的疾患が発生してきます。うつ病、パニック発作、適応障害、神経症等、心療内科的疾患の出現です。状態が酷くなると退職や最悪の場合自殺するという結果に陥ります。早い段階でメンタル専門機関で相談したりするのが良いです。過剰なストレス状態が長く続くと体の異常な状態を改善するまでに時間を要します。できるだけ早い段階で相談すると良い結果となり今後も仕事が上手くできるようになりますし、退職後も気分良く仕事復帰可能です。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)