言葉の暴力を使うモラルハラスメントに対しては「私を傷つけることは許さない」という気持ちを持って言葉を受け取らないことが大事です。被害者は相手の言葉をすぐに受け取りやすい。

言葉の暴力を使うモラルハラスメントに対しては「私を傷つけることは許さない」という気持ちを持って言葉を受け取らないことが大事です。被害者は相手の言葉をすぐに受け取りやすい。

モラルハラスメントでは加害者と被害者が存在します。モラルハラスメントの被害者は心に暴力を受けた者になります。言葉は刃になりうるのです。よく、漫画とかで言葉がキャラクターに刺さっている場面があるでしょう。あれってかなり、的を射ていると思います。確かに言葉はナイフのように心に突き刺さります。実際、そういう目にあったことがあるからです。

考えようによっては私もモラルハラスメントの被害者です。「女の子しか、産めんのか」、これが私が舅からぶつけられた言葉の暴力です。ちなみに二人目を出産した時に言われたのです。確かに二人目も女の子でしたし。舅として事実に基づいて言ったかもしれませんが。これもかなりのモラルハラスメントではないでしょうか。

ただ、私、男女の性別が何が原因で決まるのか知っていたので多少、へこんだだけですが。というか「たかが言葉くらいで傷ついていたら人生やってられないよ」とはいうものの、人間、誰もがそこまで強くないのです。なので、モラルハラスメントで加害者と被害者に分かれるのです。逆を言えば「たかが言葉くらいで傷ついていたら人生やってられないよ」という考え方は相手を傷つけやすくして、モラルハラスメントを増やす考えかもしれませんね。

私の場合は舅の無知ですからね。ですが、私も何も知らなかったらかなり、へこんだかもしれません。大体、モラルハラスメントは相手が傷ついたらにかかってくると思うのです。モラルハラスメントの加害者は言葉で相手が傷つくとは思っていない場合もあります。なので、平気で同じことを繰り返すのです。我が家の場合もそうですし。

実際、舅は四人目を妊娠中の姑に「今度、女の子を産んだら離婚だ」とも言ったのですよ。結果、姑は男子を産んだのですけど。結局、似たようなことを言っているのですよね。しかし、妊娠中の女性って精神的に不安定なのです。なのに、そんなことを言われて姑はよく無事だったなぁと思うのですよ。それはともかくとして、モラルハラスメントの加害者は自分勝手なところがあるのです。ぶっちゃけ、言葉がどれだけ大切なものか気づいていないのですね。

ただ、モラルハラスメントの被害者にも問題がないわけではありません。精神的に弱いところがあり、弱くなるように仕向けられている場合もあります。モラルハラスメントの加害者は自分本位なので相手のことは気にかけていません。言葉の重要差を感じないために平気で使ってくるのです。ということはモラルハラスメントの加害者が使う、言葉の暴力が相手に通用しなかったらどうでしょう。そうなったら、モラルハラスメントの問題も段々、小さくなってくるのではないでしょうか。

つまり相手の言葉の暴力で「私を傷つけることは許さない」という自分を大事にする気持ちで勝つことが大事だと個人的ですが思います。そういう気持ちを持つことで相手の言葉を受け取らないように出来る場合もあります。言葉を受け取らなければその言葉は相手のものです。相手は自分にダメージが出るのです。

悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)
間抜けな彼らは何でも鵜呑みにして、悪い暗示に気づかずにコントロールされていく…
マヌケだから暗示にかかる!? モラルハラスメントを行う者たちの世界には、悪い暗示を使い、相手を不幸へと誘導している者もいる…。そして間抜けな人たちは、何でも鵜呑みにして、噛み砕いて消化もせず、確認もせず、そして期待して、挙句の果てには「駒」にされて、そして煽動されてしまうこともあります。そうなってしまう原因の1つは「マヌケ」だからです。これは悪口を言っているのではありません。悪い暗示は、例えるなら、泥棒やネズミの侵入のようなもの。あなたが、自分を生きていきたいのなら、この本に書いたことは、必ず、知っておいて欲しい。僕自身が「間抜け」だったからこそわかったことがあります。このことの大切さを知ってほしい……と強く思います。心理的な虐待者がいる機能不全家庭や、悪質巧妙な手口を駆使するモラルハラスメント加害者がいる環境、或いは、日本ではまだ認知度が低いガスライティング加害者(ソシオパス等)がいる環境では、周囲の人が気づけないレベルで悪い暗示が飛び交っていることがあります。そんな悪い暗示で「ダメ」にならない為に大切なこと(知っておいたほうがよいこと)を書きました。
悪い暗示に気づき、解く方法!(悪い暗示に気づく簡単なワークつき!)
この本の詳細はこちら(確認する)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

言葉の暴力を使うモラルハラスメントに対しては「私を傷つけることは許さない」という気持ちを持って言葉を受け取らないことが大事です。被害者は相手の言葉をすぐに受け取りやすい。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
言葉の暴力を使うモラルハラスメントに対しては「私を傷つけることは許さない」という気持ちを持って言葉を受け取らないことが大事です。被害者は相手の言葉をすぐに受け取りやすい。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)