モラルハラスメントする人と、どうしても付き合っていかなければならない時は、自分は寛大だと思い、相手が

モラルハラスメントする人と、どうしても付き合っていかなければならない時は、自分は寛大だと思い、相手が何を言っても許してやるか!可哀想な人だと思うことで、相手の攻撃を流せるようになります。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録