みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

「お前、ええ身分やのう」モラハラ妻の一言で夫がキレた。モラハラ界に心を置いていない人、 つまり「コミュニケーション能力を向上」させている人は 相手からモラハラを引き出さないので相手はおとなしい

「お前、ええ身分やのう」モラハラ妻の一言で夫がキレた。モラハラ界に心を置いていない人、 つまり「コミュニケーション能力を向上」させている人は 相手からモラハラを引き出さないので相手はおとなしい

※写真の人物は記事内容とは無関係です。

「お前、ええ身分やのう」。妻にそうなじられた瞬間に頭に血が上り、拳を振り上げた。最初にして最後の暴力が、30年以上連れ添った妻を死に至らしめた。

引用元:【衝撃事件の核心】「お前、ええ身分やのう」〝モラハラ妻〟の一言で夫がキレた 殴打暴行死事件の背後に「言葉の暴力」(1/4ページ) – 産経WEST

「父だけが悪いようには思えません…」。証言台で涙を流した長女の姿に、被告人席の父親も苦しげに目頭を押さえた。

引用元:【衝撃事件の核心】「お前、ええ身分やのう」〝モラハラ妻〟の一言で夫がキレた 殴打暴行死事件の背後に「言葉の暴力」(1/4ページ) – 産経WEST

「言葉の暴力」と「暴力」の酷さがわかりますね。

そして言葉の暴力を超えることもあるのが、
「非言語的メッセージでの暴力」です。

直接的な言葉を使わないで証拠を残さないように
陰湿な「非言語のみ」で追い詰めるモラハラはもっと悪質です。

「分からない」「答えを出せない」ことなどで
精神的に追い詰めていくと、抜け出せない悩みとなります。

「言葉の暴力」と「暴力」と「証拠を残さない非言語での暴力」
こういった世界から、自分が抜け出していくことが大切です。

モラルハラスメントの被害は
自分自身で解決することが出来るのです。

一か月でモラハラの苦痛から抜け出すための
「モラハラ実践対策プログラム」は、

モラハラカウンセラーの方が作成したプログラムです。
その中で学べることの1つは、

「相手の言動に、自分がどう反応するか」という事です。

モラハラから抜け出すために、
どうして、相手の言動に対する自分の反応を変えるのか?

相手がモラハラするのをやめればいいだけじゃ?
と、思う方もいるかもしれません。

モラハラする人はどこにだっています。

相手が変わるのを待っているようでは、
どこにいっても自分がモラハラをされます。

相手がモラハラをするときは、
その前にモラハラをされる人の「反応」によって刺激されて
モラハラをしてきているのです。

相手のモラハラを止めるには、
相手の「言動」に対して「モラハラを誘発しない反応」を自分が学べば良いだけなのです。

喧嘩両成敗っていいますよね。
モラハラも互いに、それぞれの問題があるのです。
モラハラとは「相互作用」によるものです。

モラハラ界に心を置いていない綺麗なコミュニケーションをする人、
つまり「コミュニケーション能力を向上」させている人は
相手からモラハラを引き出さないので相手はおとなしいのです。

モラハラの苦痛から抜け出すには、
「モラハラ実践対策プログラム」で学ぶか、
「コミュニケーション能力を向上」させていくか、

変わるのは自分です。
相手を変えるのはキリがありません。

コミュニケーション能力を向上させていくことは、命が懸かっていると言っても過言ではないのです。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top