支配者は架空の罪で人を支配することがある

支配者は、「謝れ!」「罪を認めろ!」と「罪悪感」を抱かせることを目的の1つにしている場合がある。この罪悪感を刷り込んでおけば罰せられる恐怖で支配できるからです。そして、この罪悪感の元になる「罪」が「架空の罪(支配者が勝手に決めた罪)」の場合があります。本当の罪だけ謝罪すればいい。

このような、「架空の罪(支配者が勝手に決めた罪)」を刷り込んでこようとする支配者は、「架空請求詐欺」と繋がっている可能性もあります。人を騙す支配者は、「架空の罪」と「罰」と「恐怖」を悪用しながら人の心の隙間から侵食して食い散らかしていく。なので心の隙間は少ないほうがいい。

モラハラ加害者が感情的になって攻撃的になったときにこうすればいい!!
モラハラ夫や彼氏へのトップクラスの対策・対処法!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

支配者は架空の罪で人を支配することがある
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
支配者は架空の罪で人を支配することがある

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)