被害者が加害者のスイッチを入れている場合がある

DV被害者の方に理解してほしいこと。それは「被害者が加害者のスイッチを入れている場合がある」ということ。これは被害者が悪いのではなく、スイッチを入れるつもりが無いのにスイッチを入れてしまっている場合があります。ここが理解できれば、DV被害を受ける可能性をガクッと減らせます。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

被害者が加害者のスイッチを入れている場合がある
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
被害者が加害者のスイッチを入れている場合がある

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)