名誉感情を害されたことで、172万4000円の損害賠償請求が認められた判例があります。

https://twitter.com/s_monster369/status/1194384267331006464/

名誉感情を害されたことで、172万4000円の損害賠償請求が認められた判例があります。
https://twitter.com/s_monster369/status/1194384267331006464/photo/1
 
これは、犯人がネット上に、被害者の「名誉感情を害する嘘」を書いて、不特定多数の者に見せ、「印象操作」をして、「社会的評価を低下」させた。「悪質な嫌がらせ」でした。

これは「判決正本」です。裁判をしなかったら、逆に、被害者が「被害なんてないのに頭がおかしい」と扱われ続けるところでした。姑息な屑がいるのです。嫌がらせをして、更に相手の妄想だと言うのです。しかし、首根っこを捕まることに成功し、「妄想」ではなく「事実」だったことが裁判で明らかとなりました。

「判決正本」の画像をよくご覧下さい。相手の手口が書かれています。右の画像の4、「原告名義を冒用し」と書いていますよね。これは「被害者の実名を使って、本人が書いているかのように見せかける工作をしていた」のです。これも証拠共に明らかとなりました。成りすまして印象操作をしていたのです。
原告側は、非常に有益な情報を発信していました。受け取り側の多くが、「本当にありがとうございます!」と喜んで、喜ぶ人が増えていたのです。そのころ、何故か、社会的評価を低下させる「工作」が裏で行われていたのです。そして、それを信じる人も出てきて、悪人扱いもされました。勿論、デマです。
その延長線で、同じような手口を使う「かなざわ」という異常者が、ツイッターから寄り付いてきて、粘着してきて、デマを流していました。過去のデマ流し加害者と手口がそっくりでした。我々は過去の加害者(大阪市西区)と、「デマ流しかなざわ」は何らかの関係がある可能性があると考えています。
いいかデマ流し加害者、お前らが「思考停止状態の者」をマインドコントロールして、ターゲットを「悪魔」のように思い込ませて、「駒」にして飛ばした「罪」は重いからな(大罪)…。その「駒」が「思考再開」したら「気づく」からな。どのように騙されたか、鵜呑みにさせられたか。返ってくるからな。
デマ流し加害者が、デマ(悪い噂)を裏で流して、周囲を騙し、ターゲットを村八分にした。だけど周囲の思考再開した者たちから「そんな人じゃなかった…良い人だった…確かめてみた」という声が、少しずつ上がり始めている。お前の「嘘(マインドコントロール)」は解け始めている。周囲の成長と共に。
表面上優しい言葉をかけて騙して、実は、「単なる駒」として利用していたその悪行…。お前は本当にその人(駒)の幸せを願っていない。だから駒に名誉毀損をさせれる。お前が騙してきた駒たちが、人間的に成長してきたら、お前の正体を知るだろう。その時には、潔く、散れ…。
自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

名誉感情を害されたことで、172万4000円の損害賠償請求が認められた判例があります。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
名誉感情を害されたことで、172万4000円の損害賠償請求が認められた判例があります。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)