誹謗中傷を楽しむ魂の殺人者は怯えている。彼らの嘘を丸ごと剥がすと、彼らはブルブルと震え出す…。

誹謗中傷を楽しむ魂の殺人者は怯えている。彼らの嘘を丸ごと剥がすと、彼らはブルブルと震え出す…。

「誹謗中傷死にたい – Bing」で検索をすると、誹謗中傷によって死にたい気持ちになっている人たちがいることがわかります。

何故、相手を死ぬまで誹謗中傷で追い詰める者がいるか? そして死ぬ奴が弱いから悪いと言っているセカンドハラスメント加害者がいるか、、、これは、誹謗中傷を楽しむ魂の殺人者や、その犬となっているセカンドハラスメント加害者は怯えているのです。勇気がないから優しくなれないのです。支配者に怯えて、尻尾を振って、媚び諂って生きていることを認めることが出来ないから、絶対に認められないから、誹謗中傷で死ぬ人が悪いという考えで完結したがるのです。怖がっているのです。

つまり、「恐怖への同一化」です。恐怖対象に同一化しているということは、本人は同一化していることに気づいていません。そして恐怖対象の思考、感情、価値観などを自分のものだと思い込んでいて、疑うことすらしない状態なのです。ですからこのような者ほど「本当の自分」というキーワードに過剰反応して嘲笑したがるのです。彼らは、最も臆病な者なのです。

もしあなたが、誹謗中傷を受けて傷ついているなら、この事実を理解し、彼らの怯えを知り、誹謗中傷による攻撃など、取るに足らないものであると知って欲しいと思います。心の底にある怯えを引っ張り出されそうな感じになると怯えて、彼らが手にしたネットを悪用した手口を使い、攻撃し、上に立った気になり、束の間の安心を得ようとしているのです。それらを丸ごと剥がすと、彼らはブルブルと震え出すのです。

本当の強さには、優しさが備わっているのです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)