みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

【4】モラルハラスメント情報!複数の方に聞いた319コメント!かなり詳しく書かれています!共有して下さい!

巧妙ではない、よくある一般的なモラハラ、夫からの暴言や、精神的DVで悩んでいる方は、以下のプログラムの詳細をご覧下さい。
モラハラ実践対策プログラムの詳細
【4】モラルハラスメント情報!複数の方に聞いた319コメント!かなり詳しく書かれています!共有して下さい!

こちらの内容の一部をツイッターで呟いても構いませんが著作権は当サイトに御座いますので、必ずこのページのURLも一緒に呟いて下さいね!各コメントは複数の方に聞いた情報ですので、個人の主観によるものなどもありますから情報の正確性は保証しません。一切の責任は負いません。

多くの方がモラルハラスメントで苦しんでいるので抜け出すために情報を広めましょう!

家族間のモラルハラスメントを解決するためにはお互いにしっかりと話あうことです。相手を変えることも重要ですが、自分も変わる努力をすることで関係が改善されモラルハラスメントがなくなる家族もいます。大切なことはお互いに支えあうことです

急にモラルハラスメントを行う人の場合は神経的、精神的な不全から感情が不安定になってしまい、結果として他人にモラルハラスメントを行ってしまうパターンが多いです。そういった人はまず精神科や心療内科への受診をする必要があります

自分への愛が強いタイプの人は他人のかんじょうが分からない、または興味が無いのが特徴なのでモラルハラスメントをしやすいタイプといえます。こういったタイプの人は地道に相手の気持ちや感情に意識を向けることでモラルハラスメントを防止することができるようになります

自分の考え方や信条、合理性などに強くこだわる人もモラルハラスメントを行いやすいタイプといえます。こういったタイプの人は他者の気持ちが理解できないのではなく。理解しようとしないだけなので、なるべく相手の気持ちを考えるように訓練する必要があります

精神的な虐待や嫌がらせをモラルハラスメントというのですが、家族間でもモラルハラスメントが多く見られます。家庭裁判で行われるモラハラ行為への訴えにも男性からが14パーセント、女性からは25パーセントとかなり高い割合です

家庭内におけるモラルハラスメントは暴力を行わないとしても、DVの一種として扱われます。身体的菜暴力は問わず、言葉や態度など精神的な態度や言葉による暴力は立派なモラルハラスメントです。結婚した拍子に相手がモラハラ化するというパターンも少なくないようです

家族間だとしてもモラルハラスメントの被害にあうことはあります。夫婦間の場合は夫から妻へ。親子関係の場合は親から子へと。家族といえども世代が違うため、自分と価値観や立場が違うことを全く理解せず自分の考えを強く押し付け続け相手を否定することがモラハラにつながります

自分と価値観が違う人を理解しようとしない、他人の成功話や幸福なンヒュー酢を嫌がったり、疑い深いという人はモラルハラスメントをしやすい傾向があるそうです。原因としては自分のことにしか興味が無く、他人の気持ちを思いやることができないからだといわれています

モラルハラスメントをしてしまう人は「自分を守りたい」という気持ちが強いため、他人を攻撃してしまいやすいそうです。自分を脅かす存在から自分を守りたいという欲求の強さと自分は正しいという思い込みが他人へのモラルハラスメントを行わせるようです

家族間でのモラルハラスメントはやっている本人が気がつかないことが多いです。たとえば食事一つとっても出てくる料理や味付けを否定したり。家族の内での料理なのにも関らずお店のようなサービスができなかったら罵倒したりするという場合もモラルハラスメントにあたります

家族間でモラルハラスメントをする場合に多いのが外面が良く、周りからは「やさしい人」と思われているパターンです。実際に結婚するまで、その人の内面が分からず結婚してから激しいモラルハラスメントで傷ついている女性が少なくありません

平気でウソを付いたり、相手の尊厳を傷つけるようなことを言ったりするような関係はモラルハラスメントを受けていることが考えられます。相手も知らずにやっている場合があるので、お互いに良く話し合うことで解決できることがあります

モラルハラスメントが存在する家庭において子どもへの影響ははかりしれません。夫婦間でモラルハラスメントがある場合は子どももモラルハラスメントを平気でするようになることがあります。それが当たり前だと勘違いしてしまうことでイジメ加害者になってしまうこともあります

子どもが成長する上で家庭内にモラルハラスメントがあると子どもは正常に育たなくなります。子どもは家庭内で人間関係を学ぶので家族間でモラルハラスメントがある場合は子どももそれを真似して他人に平気でモラルハラスメントをするようになることがあります

子どもはモラルハラスメントがある家庭で育つとそれが当たり前だと思うようになってしまいます。「強者と弱者」という関係を学んでしまうため「人間関係において強者にならないと満足できない」というように歪んだ思考を持つようになります

子どもはモラルハラスメントがある過程に育つと性格が歪んでしまうことがあります。母親がモラルハラスメントを受けている場合であれば「女は男のために我慢するものだ」と思い込んでしまい、人間関係形成に苦労するようになるでしょう

親子間でモラルハラスメントがある場合は子どもの成長が遅れてしまうことが考えられます。いつまでも親離れできないようになってしまったり。うまく人間関係が築くことが出来なくなってしまい、社会に対して適合できなくなってしまうことがあります

職場内のモラルハラスメントであれば仕事をやめるということで回避することができますが、家庭内のモラルハラスメントは逃げ場がありません。また、家庭内のモラルハラスメントの場合は周囲から気づかれにくいという特徴があるため、被害者が追い込まれてしまう傾向があります

家庭内でのモラルハラスメント行為の加害者のほとんどが男性です。そういった男性の特徴として、家の中のことは自分中心に回らなければ気に入らないという特徴があります。自分のことだけが大切で家族のことをないがしろに傾向があります

家の中で行われるモラルハラスメントにおいて、加害者側は自分の欲求のみを押し付けるという傾向が強いです。家族の日程や、気持ちなどすべて無視して家のすべてを支配しなければ気が済まず、場合によっては暴力に訴えかけることがあります

家庭内におけるモラルハラスメントは職場などのように相談することが出来ないため、エスカレートしやすいのです。加害者側は家族のすべてを支配するために長時間無視したり、常に支配的な態度でなければ気に入らないなどの特徴があります

家庭内でモラルハラスメントをする加害者は人の痛みに鈍感なのに対し、自分の痛みは大げさに振舞う傾向があります。家族が病気になっても無関心だったり「お前の自己管理が悪いからだ!」と逆にどなったりすることが多いです

モラルハラスメントを行う人は自分が傷ついたことには大げさに叫んだりして、アピールをします。しかし、敏感なのは自分の気持ちだけで、他人の気持ちはまったく理解できず、人が楽しいことをしていると不機嫌になったり、逆に辛い思いをしていると機嫌がよくなるという傾向があります

家庭内のモラルハラスメントに置いて、自分の奥さんを道具としか思っていない人が多くいます。人を利用することをなんとも思って折らず、利用価値がなくなってしまえば家族といえども冷たく捨てるということがあげられます

モラルハラスメントをする人間は嫉妬心が強く、人の行動を制限したり細かくチェックする傾向があります。そういった人は他人を自分の思い通りにしなければ気がすまないという心理が強くでるためたとえ家族だとしても気持ちを無視して自分の思い通りにしようとします

家族間でモラルハラスメントを行う人は平気でウソを付くという傾向があります。すぐバレるようなウソでも平気でつくため、周りの人間に異常に感じられますが、本人は自分のウソを信じています。そして、他人が間違っているかのように振舞う傾向があります

周りの人から良い旦那さんと思われていても家に入ると全く違う人になってしまうというパターンがモラルハラスメントの加害者には多いです。二面性があり、親兄弟にすら本当の顔を見せず、家族しかその実態を分からないということがあります

モラルハラスメントを行う人は勝ち負けにこだわる傾向があります。自分が常に勝たなければならないという気持ちが強く、勝つためには事実を捻じ曲げたり、恫喝したり、あらゆる手を使い相手を蹴落とす傾向があります

モラルハラスメントを行う夫は極端なケチである傾向があります。しかし、他人からはそうとは思われにくく。自分の好きなことには大盤振る舞いするものも、自分以外の家族がお金を使うことには極端なほどケチなのです

家庭内で起こるモラルハラスメントを個人で解決するのはとても難しいことです。家族内で行われる行為は表面化しにくく周りには理解されないことが多いからです。もしも「モラルハラスメントを受けているかも」と感じたらカウンセラーに相談することをオススメします

近年では夫からのモラルハラスメントによって離婚をするというケースが急増しています。しかし、離婚することができず夫がモラルハラスメントを行っているのいも関らず妻のほうが依存してしまい、逃げ出せなくなるというケースも少なくありません

家族間のモラルハラスメントが原因での離婚が昨今増えてきているそうです。夫が妻に対して、モラルハラスメントをしてしまい。妻のほうが精神的に傷ついて離婚に発展してしまうというパターンです。別れる直前になってモラハラをしていたことに気がつくことが多いとも言われています

モラルハラスメントをする夫の傾向としては優秀な人が多く。学制時代から勉強ができ、周囲からちやほやされている優等生で会社勤めになってもいいところに勤めているというタイプが多いとされています。こういうタイプの人は他人の気持ちが分からなずにモラハラをしてしまうとされています

家庭内でのモラルハラスメントは職場でのモラルハラスメントよりもエスカレートしやすいとされています。会社であれば他人の目があるため、無意識にセーブされますが。家庭内という閉鎖空間ではとめる人がいないのでエスカレートがしやすいのです

家庭内でモラルハラスメントをする人は優秀で仕事ができる人が多いです。というのも子どものころから優秀で常に自分が正しいと思い込んでいるからです。自分が正しいと思っているから他人を傷つけているという自覚がないため、モラハラがエスカレートしやすいのです

母親に過剰に溺愛された人はモラルハラスメント加害者になりやすいというデーターがあります。過保護に育てられることにより、人は自分に何でもしてくれることが当たり前と思うようになり、自分の思い通りにいかないことがあるとモラハラとして、ストレス発散をする傾向があるからです

家庭環境でモラルハラスメントが起こりやすいのは、常に夫(親)が無条件に優位的立場にあるので、どうしても妻(子ども)に対して支配的になりやすいからだといわれています。また、加害者側が「しつけ」と思っており。その行為に無自覚なことも原因だとされています

夫がモラルハラスメント加害者の場合は常に自分が優位であることを家族に知らしめるために、はためから見ると意味の無いことでも、しつこく注意をしたり、文句を言ったりします。そういったことが続くことにより、被害者の負担が大きくなります

モラルハラスメントを行う夫は周囲から「いい旦那さん」と思われている傾向が強いです。しかも、自分の家族に対しても「いい妻」「いい子ども」を演じるように強制する傾向があります。それは他人に対して自分が優位に立っていたいという願望からきているからです

もしも、旦那さんが急にモラルハラスメントをするようになったら、仕事が上手くいっていないのかもしれません。やさしかった人でも、大きすぎるストレスのせいで知らず知らずのうちにモラルハラスメントをしてしまうことがあるので、おかしいと感じたらカウンセリングを受けるようにしましょう

モラルハラスメントをする夫と別れても被害者である妻は苦労が耐えません。加害者側は自分が悪いと思っていないので、執拗に復縁を迫ってきたり。もしも、復縁が無理だと判断したら自分が被害者であるとあることないことを周囲に言いふらしたりする傾向があります

家庭内のモラルハラスメントは親から子にされるパターンも少なくありません。親が兄弟に対して、言動や高度の対応を変えることもモラルハラスメントにあたります。長男にだけは優しいが、次男や妹は冷たくあつかったり。興味を示さないなどの行為が考えられます

親が子どもの考えや価値観。存在そのものを完璧に否定することはモラルハラスメントに当たります。「お前なんか産まなきゃよかった」「お前は何をやっても無駄だ」というようなことを言うことは立派なモラルハラスメントです

親子間でのモラルハラスメントは親が全く気がついていないのが問題です。親としては「しつけ」のつもりですが、子どもの考えを一切認めず子どもの人格を否定してすべて親の言うとおりに支配することはモラルハラスメントにあたります

まだ、成長しきっていない子どもが親からモラルハラスメントを受けると上手に人間関係を築くことができない大人になってしまいます。「悪いのは自分なんだ」と自己否定を繰り返すようになり毎日、無力感に苛まれてしまうという人も少なくありません

小さい頃から親からのモラルハラスメントを受け続けている人は自分が自分であってはならない感覚を抱き続け、受けた言葉をストレートに受け取ってしまい、感情が磨り減り。精神的に傷つきやすくなってしまい、うつ病になりやすいといわれています

親からずっとモラルハラスメントを受けている場合は速やかにその場から離れることが必要です。親は「しつけ」と思っていることが多いので、考え方を変えさせることは難しいです。モラハラの無い環境に身を置き、ゆっくりとカウンセリングなどを受けて治療することが必要です

親からモラルハラスメントを受けてしまった子どもが、親になってから自分の子どもに知らないうちにモラルハラスメントをしてしまうことが多いといわれています。これは虐待と同じく親から子へ、またその親から子へと受け継がれる傾向が強いです

親によるモラルハラスメントは子どものひきこもりや、人格障害。精神疾患にしてしまうことがあります。子どもはずっと親と同じ環境にいるため。また、外部に助けを呼ぶことができないので、親からのモラハラがエスカレートしやすいからです

モラルハラスメントをするのは父親だけでなく、母親も少なくありません。モラルハラスメントを行う母親は子どもを思い通りにしたいという気持ちから一般的なしつけとは違う常軌をいっした暴言や暴力を使い子どもを支配しようとするからです

親からモラルハラスメントを受けてしまった子どもは自立さえすれば、その支配から逃げられるように思いますが、実は違います。対人関係やコミュニケーションが上手にとれなかったり、過去のトラウマがフラッシュバックしてパニックになってしまったりすることがあるからです

浜崎あゆみさんの歌の歌詞に勇気づけられたり共感する方が多かったのは、浜崎あゆみさんも巧妙なモラルハラスメントを受けていた。だけど戦っていた。だからではないだろうか。勝手な意見ではありますがそう感じることがありますね。

心理療法カルトが複雑なモラルハラスメントを流す → 恐怖し病む人が増える → 儲かる → 精度を高める → 更にウハウハでがっぽり儲かる。あくまでも噂ですが・・・・

頭の賢いモラルハラスメントをする人物は相手のあらゆる情報を収集してから、相手を時間をかけて追い込むそうなので、モラルハラスメントだと分かれば相手に正しい情報を与えてはいけません。嘘とはこういう時に防衛の為に使うものです。

噂ですがカルトはモラルハラスメントの技術をマニュアル化して信者に配っているらしいです。心理療法家にもカルトが潜んでいることもあるそうです。

モラルハラスメントをしている本人は、自分がモラハラをしているという意識は全くありません。その為嫌がらせを辞めることが出来ずにずっと続けて嫌がらせをして来るのです。

モラルハラスメントをしている人は、自分が人から指摘すると実際にやっていないことでも「俺はちゃんとやってる」と言い張るのが特徴です。何故自分は頑張ってるのに指摘されなくてはならないんだと怒鳴り散らします。

モラルハラスメントとはモラハラと呼ばれており、セクハラのような身体的な嫌がらせではなく精神的な嫌がらせをする人のことを言います。特に職場や家庭内でモラハラをする人が増えています。

モラルハラスメントをしている人に共通していることは、支配欲が強いということです。人から指示されることを極端に嫌い、自分が人を指示することで優越感に浸っています。

「お前のせいでこうなったんだ!」と言うのはモラルハラスメントをしている証拠です。人のせいにして相手に罪悪感を感じて貰おうとしているのです。

「最近のゆとりは」「俺らの時代ではそんなこと許されなかった」などよく聞く言葉ですが、このような言葉を言うようになったらそれはモラルハラスメントの始まりかも知れません。

勘違いしている方もいるかも知れませんが、モラルハラスメントの人は一般的に相手に対して手を挙げたりなど暴力を奮うことはありません。実際に手を挙げることをするのではなく、言葉の暴力を次から次へとぶつけて来るのです。

モラルハラスメントは叩いたり蹴ったり暴力は振るわないものの、精神的な虐待をしていることと一緒です。相手を傷付けるような言葉の暴力を振るっているのが特徴です。

パワハラとモラハラはどちらも精神的な嫌がらせのことで似ていますが少し違います。パワハラは他の人が見てる前で嫌がらせを堂々としますが、モラハラは本人にしか分からないように嫌がらせをすることです。

モラルハラスメントはパワーハラスメントと違い、皆の分からない所でコソコソ嫌がらせを受けます。その為周囲の人が全く気付かないことが殆どなのです。

最近よく聞かれるモラルハラスメントとは、簡単に言えば精神的なイジメです。他の人の目に付かないような場所で言葉や態度による嫌がらせをして来るのが特徴で、これが原因で精神的な病気を患ってしまう人も増えています。

モラルハラスメントをしている人には誰に対してでも嫌がらせをするのではなく、自分の好きな人にはとことん親切にしますが、嫌いな人に対してはとことん悪口を言ったり威圧的な態度を取るのが特徴です。

モラルハラスメントをして来る人に対して反論しても無駄です。何を言っても聞く耳を持とうとしない所か、ますますモラハラが激しくなる恐れがあります。出来るだけモラハラをする人とは関わらないことがベストです。

モラルハラスメントをして来る人の心の中には「罪悪感」という物が存在しません。自分の中に罪悪感という物が存在しない為に平気で人の嫌がるようなことを言って来るのです。

恋愛関係の仲でもモラハラをする人はいます。独占欲が強すぎる人にもモラハラをしている人が多いのが特徴です。相手の独占欲が強すぎるあまり、「他の男と話したら許さないからな」と脅しのような言葉をぶつけて来ることがあります。

モラルハラスメントをして来る人が子供の頃からそうだったというわけではありません。大体は幼少時代の辛い思い出がトラウマとなってモラハラをするような人格に変えてしまったとも言われています。

すぐに自己嫌悪になってしまいがちな人はモラハラのターゲットにされやすいです。モラハラをしている人は相手が自己嫌悪になって自分を責めている姿を見ることで満足感を得ているからです。

モラルハラスメントの被害に遭わないようにする為には、自分のことを責めたりすることは辞めることです。自分が悪いと責めてしまったら、モラハラをして来る相手の思うツボです。

モラルハラスメントをしている人というのは、自己愛が強いのです。自己愛が強いこと自体は悪いことではないのですが、自己愛が強すぎる為にそれが間違ってても自分のやり方が一番正しいと思い込んでいるのが特徴です。

モラハラをする人は相手にとっては身に覚えがないことであっても「お前のせいだ!」としつこく責めて来ます。そんな時に落ち込んでしまうとますます攻撃の対象になりやすいので、身に覚えがないことなら聞き流すようにしましょう。

よく人の見た目をからかったりバカにしたように真似をする人がいますが、これも立派なモラルハラスメントに値する行為です。相手の嫌がることを平気でしているのですから、精神的な嫌がらせをしてることになります。

ある人には凄く優しい態度に接しているのに自分に対しては態度が冷たい。職場でこんな思いをした経験があるという方も沢山いるかも知れませんが、これは立派なモラハラに値します。

プライドが高い人やいつも自分のことを完璧だと思い込んでいる人は、もしかすると将来的にモラルハラスメントをしてしまう加害者になってしまう恐れがあります。

モラルハラスメントをする人は、間違いを指摘されることが大嫌いです。間違いを指摘するとムキになって反論したり暴言を吐いて来ます。

メディアではよく「モラハラ夫」という言葉をよく聞きますが、モラルハラスメントをする人は男ではありません。女でも夫や職場の社員に対して精神的な嫌がらせをする人は増加しています。

モラルハラスメントをしている人は、殆ど人のことも褒めないし人に対して「有難う」と感謝の気持ちも伝えません。自分が一番優れていると思っており、やって貰って当たり前だと思ってるからです。

モラルハラスメントをする人は、「なんでこんなことも出来ないの?」「これが出来ないなんて信じられない」と人を上から見下すような発言をすることが多いです。自分と比較して相手は低レベルな人間だと思っているのです。

モラルハラスメントをする人は自分が一番でいるのが当たり前だと思っているので、自分の目の前で他の人のことを褒めているのを聞きたくありません。自分のことではなく他の人を褒めることで不機嫌になりまた言葉の暴力を奮って来ます。

モラルハラスメントの特徴として、最初から嫌がらせをするのではなく出会った頃は普通の優しいことが殆どです。しかし、ある日を境に急に態度が急変し、嫌な態度を取るようになったりするのが特徴です。

モラルハラスメントをする人は「あれやって」「これやって」と無理難題を一歩的に押し付けて来ますが、そのやり方に関しては全くアドバイスをしてくれることもありません。「そんな物は自分で調べろ」と突き放します。

子供の頃に親から愛されてなかった、誰からも褒められていなかったという人が大人になってからモラルハラスメントをしてしまうことが多いです。子供の頃からモラハラをしているという人は稀であり、殆どが大きくなってから人格が変わってしまった人です。

モラハラ夫の場合、家庭内では妻に対して暴言を吐きまくっていますが、外では仕事が出来るサラリーマンであることが多く、「仕事だけは出来る人」が多いのが特徴です。

モラハラ夫の中には、会社で威張れるような立場にいない為に、その腹いせに家庭内では威張っていたいと思いモラハラをしている人もいます。本人にとっては家庭内でストレスを発散させているつもりなのです。

「自分の考えが当たり前である」「自分のやり方が絶対に正しい」。普段からこのようなことを思うようになったら、もしかするとあなたもモラハラの加害者になってしまう恐れもあるので注意が必要です。

モラルハラスメントをして来る人は人一倍妬きもち妬きです。自分が褒められていないのに他人が褒められていることで凄く不愉快になり、褒められている相手がモラハラのターゲットにされてしまうこともあります。

パワハラの分かりやすい例というのは、店に文句の電話を掛けて来る悪質なクレーマーです。商品やサービスに対してのクレームだけではなく、電話を対応したスタッフの声や話し方などにもクレームを付けて来ます。

モラハラ加害者は言葉で攻撃すること意外にも相手に同情して貰いたくて仕方がありません。「俺って今までこんなことをされて来てとても可哀想だろ?」と自分が可哀想であるということをアピールしたがっているのです。

以前は優しい夫だったのに、子供が産まれた後からモラハラ夫に姿を変えてしまう人がいます。子供が産まれた途端に豹変してしまうのは、子供ばかり構って自分に構って貰える時間が減ってしまったという嫉妬心からモラハラを起こしてしまうのです。

いつもモラハラをして来る加害者でも、たまに凄く機嫌が良くてモラハラを何一つして来ない日があります。その時は自分にとって凄く嬉しいことがあった時などであり、一時的にご機嫌になっているので嫌がらせもしなくなるのです。

インターネットを使って匿名で誹謗中傷する行為も立派なモラハラと言えるでしょう。実際に暴力を奮うのではなく、言葉だけで特定の相手を傷付けるようなことを書いているので、それがネット上であってもモラハラと同じです。

モラハラを行う加害者達の深層心理には「認められたい」「褒めて欲しい」という気持ちがあるのです。しかし、彼らもそんな深層心理に気付くことはなく相手に言葉で攻撃することしか出来ないのです。

責任感の強い人は、モラハラ被害のターゲットにされやすいと言われています。理由はモラハラをする人は人のせいにして責任を押し付けることで満足感を得ているからです。その為責任感の強い人は「自分のせいだ…」と感じてしまうからモラハラ加害者にとっては丁度いいのです。

モラハラの場合、他の人の目が届かない所で行われるのが特徴です。その為被害者はモラハラに遭っているということを主張しにくく、例え被害を訴えたとしても信じて貰えないこともあるのです。

人に暴言を吐いたり相手を見下すような発言を繰り返していますが、モラルハラスメントを起こしている本人は罪悪感もなしにやっています。

モラルハラスメントをする人は嫌いな相手ならとことん貶します。普通だったら絶対に貶さないようなことでも、何かし粗探しをして文句を言うことをやめません。

亭主関白とモラルハラスメントは全くの別物です。亭主関白な夫だと思い込んでいることで夫がモラハラをしているということに気付かない女性も沢山います。精神的に傷付くことを沢山言われるのであれば、それは亭主関白ではなくモラハラです。

偉そうなことばかりを言いますが、モラハラ加害者というのは基本的に心が弱い人間です。その為自分よりも弱い者には暴言を吐くけど上司などの立場が上の人に対しては絶対にモラハラをしないのです。

他の人には挨拶を返しているのに自分に対しては挨拶を無視する。そのような相手がいれば、その相手はモラハラ加害者ということになります。モラハラ加害者は人を選んでいるのです。

モラハラをする人がターゲットにする人は、自分よりも弱い立場の人達です。弱い人と比較して自分を大きく見せたいと思っているからです。

相手を支配したがるモラルハラスメント加害者は、当然独占欲が強い為に別れることが出来たとしてもしつこく復縁を迫って来たり、ストーカーに豹変してしまう場合もあります。

モラルハラスメントをやめさせることは難しいですが、モラハラの辛さから少しでも解放されたいのであれば自分に自信を持ちましょう。自信のない人は特にモラハラ被害に遭いやすいので、相手に隙を見せないようにするのです。

ちょっと小難しい言葉を使って話すだけでも、モラハラをする側は気に食わないと思ってますます嫌がらせをして来るようになります。モラハラをする人の前では些細な言葉遣いにも気を遣わなければならないのです。

モラハラをして来る相手に「やめて」と言った所でやめてくれるものではありません。モラハラ加害者は相手に従うことが大嫌いです。「やめて」と言われることで余計に嫌なことを言いたくなるのが特徴です。

夫からのモラハラがもう限界!と言うのであれば、無理をせずに弁護士などに相談すると良いでしょう。一人で悩んでいたら、あなたの心が崩壊してしまいます。

個人的ですが、モラルハラスメントを受け続けているとバセドウ病になる確率が上がっているように思えます。モラルハラスメントにより酷いストレスで免疫システムが壊れていくような感じです。もしかするとモラルハラスメントは相当な根源的な病気の原因かもしれませんね。

モラルハラスメントの被害者は幼少期に自分の親からいいなりになるようにしつけられ、言うことを聞かないと精神的、肉体的に虐待を繰り返すような教育をされることで周りの人に依存する生き方をしているので加害者に支配されやすくなります

モラルハラスメントをされている人が身近にいるのに誰も気付かないということが殆どです。何故なら陰湿的に行うのがモラハラであるので、誰かが気付いていたらそれはモラハラではなくなってしまいます。

モラルハラスメントを回避する会話術としてはまともに聞かなかったり受け止めたふりをするのが効果的ですモラルハラスメントの加害者は聞いてもらうだけでも冷静になるので、あまり否定せず頷いて聞いているふりをしましょう

モラルハラスメントは、先輩後輩や夫婦などに多くあります夫婦とは協力してお互い助け合いながら生活していくものです自分が悪いと思わずに勇気を出してSOSをだしてください

世間体を気にするモラルハラスメント加害者は、家の中では文句ばかり言っていても近所付き合いを大事にしたりします。ご近所さんからはいい人だと思われている為、パートナーはモラハラの悩みを近所の人には話すことは出来ません。

モラルハラスメントの加害者になりそうな人と会話をするとき絶対に攻撃されるような弱みに部分を見せてはいけません隙を見つけられたり、相手に無視や沈黙をされると加害者は感情が高ぶり、相手を攻撃しようとします

モラルハラスメントの被害者は自分自身で「他の人には頼らない、頼れない」という感情を抱いてしまうため「モラルハラスメントの加害者を許せない」気持ちよりも「こんなことをされる自分はダメだ」という気持ちが優先されてしまいます

あなたはあなたのものです。あなたの人生もあなたのものです。誰一人としてあなたの人格を傷つけることは許されないのです。周りの力を借りてモラルハラスメントに立ち向かいましょう

モラルハラスメントの加害者が目を見て話を聞いていても全く攻撃を緩めないときには思いきって周りの人がいる前で衝突して可視化させてみることが大事です。周りに見えるようにすることで加害者に冷静さを取り戻してあげましょう

「目には目を、歯には歯を」というコトワザのようにモラルハラスメントをする人にモラルハラスメント仕返さすことはやめましょう。自分をその人のレベルまで下げてしまうことになります

亭主関白な夫とモラハラ夫とでは全くの別物です。亭主関白は厳しいながらも家族のことを考えていますが、モラルハラスメントをしている夫は家族のことなんて全く考えておらず、自分の言うことには何でも従えと思っているのです。

パートナーに対してのモラルハラスメントはよく聞きますが、今増えているのは子供が年老いた親に対してモラハラをするという行為です。親に対して陰湿的な文句を言って、酷い場合はお金を巻き上げることもあります。

モラルハラスメントをする加害者とちゃんと話し合ってモラハラを止めて貰おうと思う行為は無駄でしょう。モラハラをするような相手とは落ち着いて話し合いなんてすることは出来ません。

モラルハラスメントを予防するには、加害者と距離をとることが一番です。仕事関係など、もしもその加害者から距離をとれない場合はなるべく相手との精神的な交流を絶つことが必要です相手に言いたいことを言わせて距離を保ちましょう

モラルハラスメントの精神的暴力によってだんだん被害者は、不眠症、胃痛、生理不順や過食症、食欲不振や精力減退、円形脱毛症などの外見でわかる症状がでて、うつ病などの精神疾患が発祥してしまうのです

モラルハラスメントをする人は、やたらと同じ言葉を繰り返し言うという特徴があります。一度悪口を言いだすと、同じ話だけで何分も言い続けるのは当たり前です。

モラルハラスメントの被害者になってしまう人たちは、幼少期に自分の価値は自分以外他人が決めるというとても歪んだ価値観を植え付けられたアダルトチルドレンで他人に奉仕することや他人に認められて必要とされることに喜びを感じる人です

モラルハラスメントの加害者は攻撃的に行動することで不安から逃れようとします。自分は本当は弱い人間でダメな人間だということを知られないために周りの人を攻撃することでひたむきに隠しているのです

モラルハラスメントを予防する方法としては、相手の話に口を挟まず、ときどき頷いたりして言いたいことを言わせてしまいましょう言うだけ言ったら人間は落ち着くので攻撃的な感情が沈着することを待ちましょう

自分でモラルハラスメントをしてしまってるかもと気が付いたら止めることは必ず出来ます。まずは落ち着いて相手に優しく挨拶することから始めましょう。

モラルハラスメント加害者の機嫌を取ればモラハラは収まるのかと思いきや、そんなことはありません。モラハラをする側にとっては機嫌を取るというその行為が鬱陶しく感じてしまい、余計にモラハラをして来ることの方が多いです。

意外にもモラルハラスメント加害者は、仕事が出来る人が多いです。表の顔は仕事も出来て気が利く人間で通っていますが、自分が気に食わないと感じる人に対してはとことん非難の声を浴びせているのです。

「なぜ自分がモラルハラスメントをされるのだろう」ではなく「なぜ相手が自分にモラルハラスメントをするのだろう」という考えを持ち、相手を理解してあげることが自分を責めないようにするのに効果的です

モラルハラスメントをしている側は、モラハラという行為が趣味の領域に達してしまっていることが多いのです。その為モラハラは誰かが止めることも出来なければ、自分で止めたいなんてことは絶対に思わないのです。

モラルハラスメントを完全にやるさせることは難しいことですが、まずはモラハラをしている相手を褒めたり感謝したりする所から始めましょう。モラハラがなくなるわけではありませんが、モラハラを減らすことには繋がるはずです。

もし夫にモラルハラスメントをされた場合、夫の両親に相談しても何の解決にもならないことでしょう。妻にはモラハラをしていても、親とは普通に仲良くしているケースが殆どなので親はきっと自分の息子がモラハラをしていることなんて信じません。

モラルハラスメント加害者の特技というのが粗探しです。それは普通の人ならば絶対に気にしないような部分であっても悪い部分を見付けてはしつこく文句を言って来るのが特徴です。

モラルハラスメントの傾向はまず加害者が被害者に対して中傷や罵倒といった言葉の暴力をぶつけますそして被害者は、原因が自分ではないかと悩みます。加害者は被害者の方が悪いかのように周りの人に振る舞うのです

嫌なことがあってもノーと言えないタイプの人は、モラルハラスメント被害者になりやすいです。相手によってはノーと言いにくい人がいることも事実ですが、自分が嫌ならはっきりと意見を述べた方が身の為です。

モラルハラスメントは言葉や態度で陰湿にじわじわといたぶる精神的暴力です。主な言葉には、無視をする、目の前でため息をつく、わざとらしい咳払いをする、見下す、なんでも頭ごなしに否定するなどがあります

モラルハラスメントをしている人は、外出先でモラハラをしたりすることは基本的にありません。殆どの場合が会社の中だけ、家の中だけで他の人には見えないようにして行われているのです。

モラルハラスメントから逃れるために離婚をすることになる前には必ず自分の親に相談したり子どもの親権をとるために経済的地盤を整えたりとしっかりと準備することが大切です。周りに相談をして離婚した後の生活をシミュレーションしましょう

モラルハラスメントをしている人は、特定の相手に対しての攻撃を止めたとしても、必ずまた別のターゲットを見付けて攻撃を開始するのです。常に誰かに対して大きな態度を取っていないと気持ちが落ち着かないからです。

モラルハラスメントの特徴として一対一を連想するかも知れませんが、必ずそういうわけでもありません。場合によってはグループになって一人の相手に対してモラハラを続けているという更に悪質な事例も存在します。

普段口喧嘩を全くすることがないような人は、モラルハラスメントの被害者にするのは丁度いいのです。加害者は反抗されると腹が立つので、何を言っても反抗して来ないようなタイプを相手にモラハラを続けます。

職場の上下関係を利用したパワーハラスメントや異性に対して性的な嫌がらせをするセクシャルハラスメントも自分より立場の弱い人に精神的暴力をするモラルハラスメントと同等のものです

もし自分がモラルハラスメントをしてしまっているという自覚があるのでしたら、早目に精神科や心療内科にて専門家によるカウンセリングを受けるべきです。早いうちにカウンセリングを受けることでモラハラ加害を克服することも可能になります。

モラルハラスメントをされた過去は変えられることが出来ませんが今からの未来は自分の気持ちの持ちようでいくらでも明るく輝けるのです。過去を捨ててしまって新しい人生を歩み始めましょう

恋人を束縛するタイプの人にモラルハラスメント加害者が多いです。ただ愛情で束縛しているのではなく、相手を支配するのが快感で束縛しているのです。

子供の頃に自分の父親が母親に対してモラルハラスメントをしている姿を見て育って来た子供は、大人になってから自分も父親のように誰かに対してモラハラをしてしまうことがよくあります。その為にも親は子供の前では絶対にモラハラを見せてはいけないのです。

モラルハラスメントも酷い人ですと、「もし言うことを聞かなかったら死んでやる!」と死ぬ死ぬ詐欺をする悪質なパターンもあるのです。被害者は死なれては困ると思ってしまい、文句も言わずにモラハラ加害者の言うことに従うしかないのです。

モラルハラスメントの加害者は精神的に幼い異常な人だと認識して関わりを断つことが重要です。加害者に見受けられるような特徴の人はいつか自分で破滅していくので距離をおいて付き合いましょう

加害者とまた仲良くなりたい、自分の誤解を解いてまた友好な関係を築きたいという甘い子供じみた考えは捨てましょう。加害者は性格的に危険で異常な人間なので関わり合いを絶ち自分み身を守ることを考えましょう

夫に対して殆どお小遣いをあげない妻。節約のつもりでしていることであっても、これが夫にとってはモラルハラスメントだと感じてしまっていることもあります。自分はしていないようで、モラハラをしてしまっているというケースです。

モラルハラスメントとは、フランスの精神科医が提唱した言葉で言葉や態度によって精神的に人を傷つけることです目に見えないものなのですが肉体的に傷つくことと同等、それ以上に日地を傷つけるものです

全ての人に当てはまるわけではありませんが、モラルハラスメントをしている人の親に何らかの問題があることが多いです。親にモラハラをされて育った為に、自分もモラハラをするようになってしまったというケースは多いです。

被害者はモラルハラスメントをやめさせるために加害者と話し合うことも大切ですが一番の対処法は、加害者と別れること、そして離れることです。モラルハラスメントをされていると思った時点で別れ離れることを考えなければいけません

家庭内ではモラルハラスメントをしている人であっても、やたらと世間体を気にします。その為どんなにパートナーが嫌いであっても自分から離婚しようと切り出して来るケースはまずないと言ってよいでしょう。

モラルハラスメントをしている本人が、自分がモラハラをしていると自覚している場合もあります。しかし、感情が上手くコントロール出来ない為にモラハラをやめられないのです。

大人になってからも挫折を味わうことがなく順風万班に人生を送っていた人。そんな人が何かに挫折したことがきっかけで、突然モラルハラスメントをするような人格に豹変してしまうことがあります。このようなタイプの人がモラハラになると、かなり厄介な攻撃をして来る恐れがあります。

もし家庭でモラルハラスメントを受けているときに話し合いを出来る状況ではなかったら離婚をする意思があることを相手にしめしてください。加害者は離婚などの自分の弱味を世間に知られてしまうことを恐れているからです

モラルハラスメント加害者に年齢は関係ありません。今の時代小学生でもモラハラのような陰湿的ないじめをしている子もいますし、高齢者でも陰湿的な悪口ばかりを毎日のように言って来る人もいます。

一見将来何か犯罪を犯すのではないか?と思えるモラルハラスメント加害者ですが、どんなに陰湿的な嫌がらせをしても犯罪を犯す可能性は低いことでしょう。モラハラ加害者は精神的に弱いので、犯罪を犯す勇気などありません。

職場の人からのモラルハラスメントに悩んでいるのであれば、早いうちに退職届を出すことです。モラハラは簡単には収まりません。一番いいのはモラハラをしている相手から離れることなのです。

モラルハラスメントを受けやすい人の欠点として「優し過ぎる」ことが多いです。優し過ぎる為なんでも相手の言う事を聞いてしまい、まんまとモラハラのスパイラルに巻き込まれてしまっているのです。

モラルハラスメントの被害者には真面目で、ルールを破ったことなどなく責任感が強く、人に対しても思いやりを十分に持った人間が多いようです。そういった被害者は、「自分が悪いのではないか」という罪悪感を感じやすく誰かに無償で与えることを望みたがる傾向があります

モラルハラスメントの加害者になりそうな人と会話をするときにはアドバイスを求めるような話し方をすると効果的です加害者は自分が優位に立つことによって自尊心が保たれるので精神的な暴力を振るわれずに済みます

モラルハラスメントは、最初は小さなコミュニ ケーションの行き違いや、細かなミスの指摘から始まることが多いです。次第に、言葉や態度が攻撃的になったり、叱咤が毎日のように繰り返されたりと、事態がエスカ レートする傾向があります

モラルハラスメントの加害者になりそうな人と会話をしていて相手の感情が高ぶり攻撃的な話し方になってしまっても自分も攻撃的にならず冷静に丁寧な話し方を心掛けましょうそうすると相手も冷静になるので話し合いが続けられるでしょう

モラルハラスメントの加害者には罪悪感を持たなかったり、嫌なことは人に押し付けたり、人から物を奪ったりするナルシストな人間が多いですそういった加害者には、人を敬ったり尊重したりという考えは存在しません

もしモラルハラスメントを会社で受けていて上司に相談しても改善されない場合は思いきって退職をしてみてはどうでしょうか。あなたの人生はあなたのものです。会社はたくさんあるのでとどまる必要はありません

モラルハラスメントの加害者になりそうな人と会話をするときにどうしても相手が攻撃的で罵倒や暴言を言われたときは自分と相手を同じ土俵にいると考えずに相手のことを「可哀想な人」と位置付けて受け流すことが大切です

あまりにもモラルハラスメントがひどい場合は中傷や暴言を聞かずに聞き流すことをするのも効果的です。いちいち聞いていては身体が持たないですよね。モラルハラスメントの加害者に知られないように聞き流すしてみてください

モラルハラスメントをする加害者は外面が非常によく、会社や社会などである程度上の地位についている場合が多いです。なのでこういった加害者からモラルハラスメントをされた場合には周りにまず認識させることが重要です

もしモラルハラスメントをされているのであれば、誰かに愚痴るなり相談するならSOSを出すべきです。陰湿的に行われているモラハラは、自分で被害に遭っているということをアピールしない限り誰も気付いてくれません。一人で抱え込むよりまずは吐き出すことが大事です。

姑が嫁に対してモラルハラスメントをすることは昔からよくあることです。旦那がいる前では何事もなく過ごし、嫁と2人きりの時にあれこれ文句を言って攻撃して来るのです。

モラルハラスメントの被害者は暴言を真に受けないようにと頭では考えていても身体はグッタリしてしまいます。「自分の行動を否定された」のであって「自分の人格を否定された」わけではないので強い被害者意識は持たないようにしましょう

「あの人にモラルハラスメントをされている」と被害を訴えたとしても、他の人から見たらいい人に見えるので「そんなの嘘でしょ?」だけで話が片付けられてしまうこともあります。そのくらいモラハラ加害者は被害者以外に対してはいい顔しか見せないのです。

被害者の特徴としては自分の感じたことが信じらなくなることです。何を言っても、何をしても加害者から罵倒され続けると自分の感覚がわからなくなってしまうので気づく前に心が壊れてしまう場合があります

モラルハラスメントは言葉だけで攻撃するわけではありません。何も言葉を発さずに凝視して無言の圧力を掛けて来ることがあります。このようなことをサイレントモラルハラスメントと呼ぶこともあります。

自信を持てない人がモラルハラスメントの被害者になる傾向があります。モラルハラスメントの加害者は自信のある人を対象としないのです。大切なことは自分自身に自信を持たせることです

パートナーがモラルハラスメントをすることで厄介なのは、どんなにモラハラが辛くても簡単に離婚が出来ないという点です。モラハラをする側は世間体を気にするので、離婚したら近所の目が気になるので絶対に離婚はしないと拘っていることが多いです。

モラルハラスメントは一対一の時に陰湿的に行われるものですが、加害者は一人に対してではなく、他の人に対してもやはり見えない所でモラルハラスメントをしていることはよくあります。自分だけが被害に遭っているように感じても、他の人も陰で被害に遭っていたりするのです。

可哀想なことに、モラルハラスメントをする人は人の長所を見付けることが苦手です。長所を見付けられず短所ばかり見つけては相手を言葉を使って攻撃するのです。

子供の頃に褒められることがなかった人は大人になってからモラルハラスメントをすることがありますが、逆にいつも褒められてばかりで怒られた経験がない人が怒られることを経験することで、モラルハラスメントをするようになってしまうことがあります。

モラルハラスメントをじっと耐えるのはやめましょう。これからの自分の長い人生を心から幸せで楽しくするためには満たされることが必要なのです。耐えるのはやめて話し合いをしたり場合によっては離れることを考えましょう

モラルハラスメントは陰湿的なもので目には見えにくくほとんど周りに見えることはありません。なので被害者と加害者にしかモラルハラスメントをしているということがわからずに気づいたときには状況が悪化する場合があります

モラルハラスメント加害者は社会的地位を持っている人が多い為、被害者は「この人には従わないと絶対に駄目だ」と思い込んでしまうケースが多いです。地位があることを利用してモラハラをしまくっているのが加害者の特徴です。

モラルハラスメントをしている側は「俺は凄いだろ!」ということをアピールすることも好きです。とにかく人から褒められた経験があまりないので、モラハラ加害者は褒められたくて仕方ないのです。

モラルハラスメントをする側は、自分が気に食わないと思っている相手の欠点はこれでもかと言う程指摘しますが、自分のことは欠点が何一つない完璧な人間だと思い込んでいることが殆どです。逆に自分の欠点を指摘されたとしたら更に攻撃は酷くなります。

モラルハラスメントをする人に多いのは、やたらと過去の栄光を自慢して来る人がいるということです。学生時代の成績が良かったことや、スポーツ大会でいい成績を取ったとか。相手に対して凄いだろうと言わせたいのです。

暴力こそはない物の、「もし約束を破ったら●●をバラすぞ!」と相手を脅迫するようなことを言うのはモラルハラスメントに当たる行為です。相手を脅すことで満足をしているのが加害者なのです。

何故モラルハラスメント加害者になってしまったのかと言うと、実は加害者もまた、以前はモラハラの被害者であった場合もあるのです。人によっては現在進行形で別の誰かによってモラハラ被害に遭わされていることもあります。

モラルハラスメントをする人は、相手には身に覚えのないことまで強引に悪口を言って来たりするからタチが悪いのです。被害者は否定すればする程加害者は悪口を言い続けて、結局はモラハラに耐え続けなければならないのです。

モラルハラスメントは、加害者のナルシストな性格のせいで起こってしまうのです。なので誰にでも起こり得ることと捉え「自分が悪いんだ」などと思わないようにしてください

人がいい人は、モラルハラスメントの被害に遭いやすいタイプと言えるでしょう。なんでも言う事を聞いてあげるから、モラハラ加害者が攻撃する対象としてはとても都合の良い相手なのです。

モラルハラスメントに対処するにはうつむかずに真っ直ぐ相手の目を見ることです。相手の目をしっかり見ることで相手の好き放題にさせずに冷静さを取り戻してあげることが出来ます。相手も目を見られると危険信号が働き被害者を責めにくくなるのです

モラルハラスメントの被害者には加害者に謝罪をしてほしかったり仕事をやめさせられて悔しかったりモラルハラスメントをされたときの苦しみから逃れられず悩んでしまいます。思いきってその感情を全て捨ててしまいましょう!

毎月沢山稼いでいるにも関わらず、家にお金を1円も入れないという夫がいる話をよく聞きますが、これも妻に対して精神的苦痛を与えていることになるのでモラルハラスメントの一種になります。

モラルハラスメントをする人は身近な人がモラルハラスメントをしていた、されていたことが多いという調査結果が出ています。なのでモラルハラスメントをしてはいけないことと認識しておらず相手の気持ちを考えずに傷つけてしまうのです

モラルハラスメントをされた過去を捨て去る方法はモラルハラスメントを一時的に受けた経験や体験という風に受け止めることです。モラルハラスメントをされた被害者自分で受け止めてしまうといつまでもついてきます

モラルハラスメントをしている人が毎日しているのか?と言われたらそうとも限りません。例えば職場の売り上げが多かった日や、贔屓している野球チームが勝った時などは機嫌が良くなるのでモラハラをしないこともあります。

モラルハラスメント加害者は「忙しい」「暇じゃないんだよ」が口癖であったりすることがよくあります。忙しいことをアピールする割には悪口を言う時間は沢山あるのです。

あなたはあなたなのです。他人がどうこう言おうともあなたはあなたらしさを強い気持ちを持って毅然とした態度で貫けばいいのですあなたの心は他人不可侵なのです

モラルハラスメントをされたことを過去捨て去るためには「自分の経験してきた全てのいいこともいやなことは、これからの自分の未来が良くなるために起きたことなんだ」とプラス思考に考えることが大切です

モラルハラスメントとは言葉を中心として相手を攻撃する言葉のドメスティックバイオレンスとも呼ばれています。陰湿的に嫌味や誹謗中傷を受け、日々モラハラに苦しんでいる人の数はかなり多いと言われています。

モラルハラスメントを行う人間の多くが強い自己愛を抱いています。自分のことは大好きで自分には甘いけど他人に対してはとことん厳しく気に入らないと暴言を吐いたりシカトしたりすることもあります。

モラルハラスメントをする人は基本的には構ってちゃんタイプの人が多いです。自分が気に入らない相手に対しては無視をするくせに、自分が無視されると腹を立て、無視して仕返ししたりと幼稚な行動を取ります。

モラルハラスメントを行っている親のことを毒親ということがよくあります。毒親を持った子供がどうなるのかと言うと、人に意見することが出来なくなったりする場合もあれば、将来自分がモラハラを誰かにすることもあります。

モラルハラスメントというのは本当に悪質なもので単なる嫌がらせという言葉では片付けてはいけません。嫌がらせというよりは人権を侵害する行為と言っても良いでしょう。しかし、している本人は人権侵害をしているつもりなど一切ありません。

モラルハラスメントは必ず繰り返し行われます。一日だけで終わったり数か月に一度だけ起きたりするわけではなく頻繁に行われることなのです。その為被害に遭っている側はより精神状態が病みやすくなるのです。

「自分みたいな権力のある人間に対して反発することは何事だ!」とモラルハラスメント加害者はやたらと自分は権力があるということをアピールしたくなる性質を持っています。本当に権力のある人はわざわざアピールすることはありません。

毒親を持ってしまった子供は非行に走って逮捕されるというケースもあります。最近少年少女による薬物依存が問題になっていますが、彼らが薬物依存するのは親からのモラルハラスメントが影響しているケースも少なくありません。

親からモラルハラスメントを受けて育った子供は大きくなっても人に意見を言うことが出来なくなり、常に相手の顔色を窺って行動するようになります。心の中でトラウマになっており、半端したらいじめられると思うのです。

人の顔色を伺って行動する人はモラルハラスメントの被害に遭いやすいタイプです。このようなタイプは「弱いな」と加害者から判断されるので攻撃しても反発されないだろうと思っているのです。

基本的にモラルハラスメントというのは閉鎖的な空間で行われるものですが、公の場であっても本人にしか聞こえないように悪口を言ったりすることもあるので油断できません。

「あの時のこと覚えてるだろうな?」とモラハラ加害者は過去の失敗談など弱みに付け込んで支配しようとします。被害者側は過去のことを持ち出されたくないから従うしかなくなってしまうのです。

モラルハラスメント加害者は第三者に「あの人がこんなこと言ってる」と悪口を言うこともあるので、もしそのように言って来る人はモラハラをしている可能性があるかも知れません。

構ってちゃん性質のあるモラルハラスメントをする人間は、構って貰えたからと言って喜ぶというわけでもなく相手を無視することもあります。そしてまた構って貰えないといじけるのです。

基本的に周囲からチヤホヤされたり持ち上げられたりすることが大好きなのがモラルハラスメントをする人間の特徴です。ただし、それとは逆に中傷されたり反対の意見を言われることは大嫌いです。

出会ったばかりの人がモラルハラスメントをして来るということはありません。モラハラする側は相手を選んでいるので、絶対に自分に従ってくれそうなタイプの人にしか攻撃しないのです。

自分が相手を傷付けているくせに「私だって辛いんだよ」「俺だって我慢してるんだ」と被害者ぶって来る人はモラルハラスメントをする性質があります。全ての人がそうではありませんが、このようなモラハラも存在します。

家庭内のモラハラで家事ハラという言葉が最近聞かれるようになりました。妻が自分の分しか食事を準備しなかったり家事を疎かにしているのに「私は頑張ってる」をアピールしたりします。

モラハラを人間関係の悩みなんて簡単な言葉で片付けてしまってはいけません。時には精神的に追い込まれて自殺未遂にも発展しかねない重大な問題であることを自覚して下さい。

モラルハラスメントをする人は似非メンヘラであることが多いです。自分は精神的に病んでいるということをアピールして死ぬ死ぬ詐欺をして相手を余計に病ませますが絶対に自殺はしません。

「自分の精神状態が悪くなったのはあんたのせいである」と加害者なのに自分は被害者であることをアピールするのがモラハラの得意技です。時には死んでやると言い放つこともありますが、自殺は絶対に出来ない人間でもあるので死ぬことはありません。

まるで犯罪のようなモラハラですが、加害者側が何か犯罪を犯して捕まるということはありません。寧ろ心を狂わされた被害者側が薬物などに手を染めて逮捕されてしまうケースがあると考えられます。

もう少し我慢すれば嫌がらせはなくなるだろうと思っても、基本モラハラは我慢し続けたからと言って終わるものではないのです。ターゲットを変えない限りは半永久的に続くことでしょう。

優しかった人がモラハラをすることが殆どですが、現在モラハラをしているという人は過去にも別の人に対してモラハラをしていた可能性が非常に高いです。

「そんな安っぽい物を使っているんだ」という発言もモラハラです。優越感に浸ることが好きです。モラハラ加害者はとにかく上質な物や高価な物を持つことに拘っています。それは常に自分は良い物を持っている人間で思われていたいからなのです。安い物を持っている人を庶民派扱いして嘲笑います。

モラハラ加害者がブランド物を持つことに拘ることが多いのは、自信満々な態度で振舞っているにも関わらず人からの評価を人一倍気にしているからです。ブランド物を持てば評価が上がると思い込んでいるのです。

小学校でも先生が児童にモラハラをしていることはあります。これは他の人が気付くのは難しいことです。トラブルが起きた時に犯人扱いしたりすることもあります。

自分の知らない所で仲良しの友人たちがLINEグループを作っており自分は話も聞かされていなかったと悩む子が増えているようですが、これは無視タイプのモラルハラスメントになります。グルになって無視して追い込もうとしているのです。

既読スルーに腹を立ててしつこく催促のメッセージをLINEしたりする人がいますが、それはモラルハラスメントにあたる行為なのでやめましょう。大事な用事なら電話をする。それで解決することなのに腹を立てるからモラハラになるのです。

モラルハラスメントを行っている人は「モラハラ」という言葉自体を知らない人も多いので、余計に自分がモラハラをしていると自覚することが出来ないのです。

よく褒めたり賞賛をする人、意見に同調する人。自分に対してこのような態度を取ってくれる人は味方だと思っているのでモラハラ被害を受けることはありませんが、今まで味方だと思っていた人が反対意見を言ったことでモラハラが始まることもあります。

嫌味を言ったり無視をしなくても相手が精神的に辛いと感じればモラハラです。不幸自慢や病んでるアピールも不愉快を与えて相手の方が病んでしまうのです。

離れたからと言って安心してはいけません。離れたらモラハラはなくなりますが、被害者の現代の居所を探し出そうとして再び攻撃を続けようとする人もいます。

極端に過保護に育てられたか厳しく育てられたタイプの人がモラハラをするようになるケースが多いです。家庭内でモラハラを受けた人は会社など外で起こす場合があります。

親の背中を見て育つという言葉があるように、毒親に育てられた子供は毒親になってしまうことがあります。モラハラを受けたら子供のうちに離れるべきなのです。

基本的に褒められると嬉しくて優越感を感じるのですが、モラハラのターゲットにしている相手から褒められると「どうせ本心じゃないんだろ?」と褒め言葉を素直に受け取らないのもモラハラの特徴です。

実際にモラルハラスメントに遭ってしまった場合、少しでも相手に気にしていたり落ち込んでいるという素振りを見せてはいけません。そのような姿を見せると相手は面白くなって更に攻撃がエスカレートします。

モラハラを行う人間と話合いをすることは不可能です。聞き耳を持ってくれることはありません。「お前が悪いのに何を話し合うんだ?」という考えを持っています。

まだモラハラという言葉はそんなに多く定着しているというわけではありませんが、この言葉が認知されるようになることで加害者が「自分はモラハラを受けている」と自分は被害者を演じるということが懸念されています。実際既にこのようなモラハラ加害者はいます。

普通の人は気にしないような些細なことで反感を買うのがモラハラの特徴です。それが冗談で言った言葉だとしてもモラハラをする人間には冗談というものが通じません。

職場で行われているモラルハラスメントは、指導の1つであると受け取ってしまうことがあるので被害者はモラハラだということに気付かないケースが殆どです。

嫌いな人と一緒にいる時にドアを大きな音を立てて開け閉めしたり、物の使い方が雑に扱ったりして相手に不快感を与えるのもモラルハラスメントに当たります。

患者さんの病気を治す為のお医者さんがモラハラをすることもあります。「もうこれは治る見込みないですね」など心ない言葉を平気でぶつけるのです。

権力がある立場を利用してモラハラが行われるので、プライドが高い人が多い医者がモラハラを患者に対して行うこともあります。自分は医者で偉いから患者には何を言ってもいいと思っているのでしょう。

モラハラが辛いから精神科に行こうと思い行ったのにのも関わらず、精神科医が訪ねてきた患者に対しモラハラをすることもあります。精神科に訪れる人は心が弱いから嫌がらせや洗脳しやすいのです。

心療内科で私が自分の考え述べたら医者が気に入らなかったようでボールペンをカチカチ何度もするというモラハラ行為をして来ました。医者でもこのような人がいるので注意をして下さい。

「私はいじめに遭っている」といじめている側なのにいじめられていることを他の人に訴えるのもモラハラの特徴の一つです。同情を誘って自分はあくまでも被害者であると言い続けます。

好きな物しか食べず嫌いな物は絶対食べないかなり偏食な人がモラハラをする人に多いです。食べ物の好き嫌いが激しいことで人間の好き嫌いもはっきりしているのです。

「あの時助けてあげたのに」「あの時助けてあげたこと覚えてる?」と過去にしてあげたことを持ち出して来て相手のことを恩知らずだと訴え続けるのはモラハラの手口です。

DVと違いモラハラの被害が分かりにくい点は証拠が何も残らないことが殆どだということです。DVなら痣などの傷が残りますが、モラハラは言葉で攻撃するので証拠が残るとすればメールくらいです。

言葉の暴力であるモラルハラスメントの証拠を残す為は、相手からのメールが有効です。メールで酷いことを言われたのであれば念の為に保護しておきましょう。

モラハラ被害を共通の知人に訴えても「あの人が?何かあなたが悪いことしたんじゃない?」と信じて貰えないことがよくあります。ターゲット以外には良い人を演じているからです。

モラハラの相談を受けて被害者を心配した人まで新たなターゲットにされてしまうことがあります。加害者は被害者の仲間も敵視したりすることがあるからです。

仲良しグループ内でもモラルハラスメントがあります。普段は一緒に行動しているので他人から見たら仲良しに写っているので他人が見抜くことは出来ません。

仲良しグループの仲間にモラハラをするけど仲間を解消しないのは、もし解消してしまったら「自分がハブにした」という悪い噂が立ってしまうからです。人の悪い噂はすぐに流しますが、自分の悪い噂を流されることは大嫌いなのです。

モラハラを行っている人はモラハラと思っているのではなく、躾や指導だと思い込んでいます。相手が精神的に追い詰められているのであればそれは躾でも指導でもなくれっきとしたモラハラです。

いい役職に就いている人が家庭内でモラハラ夫になることがあります。「俺が稼いで来てるんだからお前は家事を完璧にやれ」と自分はいかに偉い人間かということをアピールします。

場合によってはモラハラをされて被害者が泣きだしたりすると、加害者が態度を急変させて本気で何度も謝って来ることがありますが、演技であり本心ではないことが殆どです。

謝罪をされたからと言ってモラハラがなくなると考えてはいけません。モラハラには波があり、一時的に謝ったとしても後日は謝罪が嘘だったかのように攻撃が復活していることはザラです。

「あんたさえいなければ良かったのに」と言う割には、モラハラ加害者は被害者が実際にいなくなることを望んでいません。いなくなってしまったら攻撃する対象がいなくなるので自分の不満を発散させることが出来なくなります。

言葉は何も発さずじっと凝視を続けて目で何かを訴えているタイプのモラルハラスメントも存在します。ちゃんと仕事が出来ているかどうか何もアドバイスもせずに見張っていたりするのです。

「愛情だから厳しくしてるんだよ」と言っても厳しいことを日々嫌味のように言い続ければ、それは愛情でもなんでもなくモラルハラスメントという精神的被害を負わせてやろうという悪質ないじめです。

最悪の場合モラルハラスメント被害に遭った人が自殺に追い込まれることもあります。陰湿的な嫌がらせで口止めされている場合もあり、誰にも相談することが出来ず最後まで一人で抱え込んでしまうからです。

モラハラを受けたら誰かに苦しみを訴えて欲しいと思いますが、加害者に「このことをバラしたらただじゃおかないからな」と圧力を掛けられ口止めされていることも多いです。その為被害を相談したくても誰にも言えず病院にも行けないのです。

モラハラを受けた人は人を信じるということが出来なくなります。誰かに話したくても「この人も仲間かも知れない」と被害妄想を抱くようになり誰にも心を開けなくなることもあります。

モラルハラスントは相手のコンプレックスに付け込んで嫌味な言葉を使い繰り返し攻撃する精神的DVとも言われています。DVと同じく特定の自分が気に入らないと感じた相手だけを集中的に攻撃します。

常に誰かに構って欲しいと思っているモラハラ加害者が被害者に対して優しくなるのは誰も構ってくれない時です。例えば誰かと一緒にお祭りに行きたいのに行く相手がいない場合、被害者を誘ってその日だけはとことん優しくしたりもします。

酷い言葉を投げつけても加害者は自分のことを絶対に悪く思いません。何がなんでも嫌味を言わせたくなるような言動をしている相手が悪いと思い込んでいます。

「あの時助けてあげたでしょ」とモラルハラスメントの手口はかなり恩着せがましい物です。あの時助けてやったのだからお前は自分の言う事を聞くのは当然のことだと振舞います。

基本的にモラルハラスメントをやっている大人は大人になり切れていません。体と年齢だけは大人になって精神年齢は子供のままストップしているのです。

人の顔色をすぐに伺って行動する人や、他人に配慮する人はモラルハラスメントの被害の対象とされてしまいやすい傾向が強いです。モラハラをする側にとってはこのようなタイプを攻撃することはとても楽なのです。

あくまでも表面は自分はかなり優れているとアピールしていますが、自分よりも優れている部分を他人に見つけると人一倍僻んだりします。そして自分にない才能を持っていると感じた相手に対してモラハラを起こしたりもします。

モラルハラスメントを語る時によく「加害者」という言葉を用います。ただの嫌味な言葉を言っているだけではなく、相手にとって「害」を与えているので加害者という言葉はとてもしっくり来る言葉です。

モラハラ人間は今現在進行形で優れているというわけではありません。小学生時代にかけっこが早かったことや、中学時代成績が良かったことなど、あくまでも過去の栄光を持ち出して来て自分は優れていることを主張する特徴があります。

自分の味方だと感じている人間に対してはモラハラをすることはありませんが、味方だと思っていた相手が自分の考えに反対したりすることで急に敵視するようになりモラハラをするようにもなります。

可哀想なことにモラハラ加害者は常にどんなことに対してでも物を勝ち負けでしか判断することが出来ません。人のことを負け組だと判断するような人もモラルハラスメントを行っているということになります。

モラハラという行為は過去に自分が受けた復習だと思って行っていることもあります。子供の頃に親や先生からモラハラを受けたことにより、少しでも不真面目な人間が許せなくなってしまったりするのです。

完全に自分が悪いことであってもモラハラをするような人間が自分が悪いとは思いません。誰かに責任を全て擦り付けて「お前のせいでこうなった」と言うのが得意です。

モラルハラスメントは精神的に相手を苦しめますが、している側も精神的な余裕がないことで人に嫌がらせをするのです。自分が悪いと思っていないのも精神的な余裕がない証拠です。

結婚が決まったなど、誰かが幸せになった瞬間僻みで今まで優しかったのが一変してモラルハラスメントに発展してしまうことがあります。とにかく行う人間は人の幸せが嫌いです。

相手に謝罪させることが好きな人はモラハラをやっているかも知れません。自分は一言も謝罪せず、相手が謝って当然だと言い張ります。

学歴が高いことをアピール、大手企業に勤務経験があることをアピール。留学経験があることをアピールなどなど、とにかくモラルハラスメント人間は地位が高いのをアピールします。

モラハラをする人は住む住宅にも拘ります。家賃の高い家に拘り、高層マンションですと最上階に住むことで地位が高い自分をアピールしたりもします。

自分がいかに頭がいいことをアピールするのが好きなので、難しい専門用語を色々用いて話して来ます。それで「え?知らないの?」という知ったかぶりなモラハラをします。

人のことを傷付けるのは好きなのに、自分が傷付くのは大嫌いなのがモラハラの特徴です。自分が傷付くのが怖いから、自分よりも強いと感じる相手に対して反発するようなことは絶対に言えない本当は弱虫な人間です。

自分のことが一番だと感じているので、モラハラをする人は基本的に尊敬出来る相手というのが周囲にいなかったりします。モラハラをする人の尊敬する人と言えば歴史上の人物だったりと、偉大な権力を持っていた人を挙げることが多いです。

モラハラ被害を受けたからと言って簡単に謝ってはいけません。加害者側は罪悪感を持たせることが好きなので、一度謝ったら今度は別のことで罪悪感を持たせようとして来ます。

どんなに頑張って家事をしたとしてもモラハラ夫は妻を褒めてくれはしません。「●●さんちの奥さんは凄いぞ」と他所の奥さんを褒めて比較させようとするだけで被害者を褒めたりすることはないのです。

「なんでこんなやり方なんだ」「全然出来てない」などなど日常的にダメ出しが多い人がいるということは、その人はモラルハラスメントをやっているということになります。

モラハラという言葉を知らないが故に、亭主関白な夫であると思っている奥さんも少なくありません。亭主関白とは違いモラハラ行為には愛情という物がありません。あくまでも愛情に見せかけただけの支配行為です。

パワハラも辛いことですが、どちらかと言うとモラハラを受けた方が精神的ダメージは大きいことでしょう。パワハラは見える所で行われるので、他の人が気付いて同情してくれることもありますが、陰湿的に行われているので誰も手を差し伸べてはくれません。

モラハラが辛くて自傷行為をしてしまう人もいるかも知れませんが、自傷行為をしても気持ちは落ち着くことはないはずです。それ所か余計にモラハラ攻撃が悪化して来る可能性があります。

「は?もう一回」と本当は聞こえているにも関わらず何度も同じ言葉を言わせようとするのもモラルハラスメントの手口として使われています。

女性同士の間で行われるモラハラは、恋愛絡みのことも多く、自分の好きな人が友達と付き合ったことがきっかけで嫌がらせに発展するケースが増えています。

女性が行うモラハラは、男性の行うモラハラとは異なり複数で一人を攻撃していることがよくあります。団体でしか行動出来ない弱い人間なので、複数で一人を責め続けるのです。

職場でのモラハラは個人経営のような小さい会社で行われていることも増えています。個人経営なので外部には漏れにくく、中々退職しにくい状況を利用して嫌がらせをするのです。

職場のモラハラで、給料を中々振り込まないというタイプのモラハラもあります。これも本人にしか分からないことなのでパワハラではなくモラルハラスメントに分類されます。

モラハラをする人間は被害妄想が激しくただの憶測だけで判断し決めつけていることがよくあります。それがモラハラという行為に繋がっているのです。

被害妄想が激しい人はモラハラを起こしやすいと言われていますが、実はモラハラ被害を受けやすいタイプでもあるのです。なんでも悪い方に想像するから嫌味を言われたら「自分が悪い」と思い込むからです。

暇なのかと言うくらいに長々と長時間嫌味を言い続けるのもモラハラの特徴です。因みにモラハラ人間の口癖の1つに「今忙しいんだよ」がありますが、嫌味を言うのに忙しいだけです。

「ただじゃおかないぞ」「秘密をバラすぞ」「自殺してやる」など相手を脅かすような言葉はモラルハラスメントでよく使われています。

可哀想なことにモラルハラスメントをする人は誰かを見下して比較しないと自分が地位が高いと思えないのです。とにかく自分より下だと思った人はとことん見下して来ます。

モラハラというのは人格障害ですから相手を褒めたり感謝したりするということは出来ません。褒めたくないし感謝もしたくないけど自分は褒められたいし感謝されたいと思っています。

モラハラ夫だからと言って家族サービスをしないわけではないのです。たまに家事を頑張ったり外食をご馳走してあげたりすることもありますが、後から「あの時やってあげただろ」と言い出すのが定番です。

モラハラ夫の妻は専業主婦である事例が多いようです。自分のことを権力があると思っているので、妻がパートに出たいと言えば「俺だけの給料じゃ足りないのか」と文句を言います。世間体を気にするので自分の稼ぎだけで裕福であるということを他人にアピールしたいのです。

モラハラ夫は家族旅行に出かけることもありますが、行きたい場所は全て自分が決め、旅先でも自分中心の行動を取り、妻や子供が行きたい場所には連れて行ってくれません。

悲劇のヒロインタイプがモラルハラスメントをするようになったりもします。自分が可哀想な人間だとアピールし同情させた後モラハラを仕掛けるようになるのです。

職場のモラハラで、不正行為を他人にやらせようとすることがあります。他人に不正をやらせておいて、後でバレた時に自分は知らんぷりし被害者に罪を擦り付けます。

必要以上に自分を責めてしまう行動はモラルハラスメント被害を促進させてしまうことになり兼ねません。加害者側は自分を責めている人を見ることが好きなのでどんどん攻撃して来ることでしょう。

モラハラをした側は時間が経つと相手に言った言葉も忘れてしまいますが、された側というのは些細なことであっても半永久的に記憶に残りトラウマとなってしまうのです。

モラハラが原因で退職したとしても、心の傷は消える物ではありません。それ所か加害者側は退社した後も悪い噂を言いふらしている場合があります。

なんでこの人に限ってこんなことして来るの?と思う相手がモラハラ加害者になるので最初のうちは嫌がらせをして来ることが何かの間違いだと感じてしまうことがあります。

認知の歪みが酷い人からのサカウラミ・ハラスメントというのも広めてほしいと思います。勘違いで逆恨みして嫌がらせする人・・・・多いと思うんです。

好きでもないのに好きなふりをして近寄って生活やお金の為に異性に寄生して、結婚する女性も寄生ハラスメントって広まって欲しいです。嘘ついて男性を騙しお金目的で心を傷つける行為です。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
(最終更新:2017年9月13日)コメント0件

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top