モラルハラスメントの被害者側からの対策

世の中にはいろんなモラルハラスメントがあるんです。
で、モラルハラスメントがいろいろ、あるように気がついてたら自分もモラルハラスメントの術中に陥っていた。む
ということもありうるわけです。
なので、もしもの時のために対策を考えておくべきです。
ちなみにモラルハラスメントは言葉の暴力。
そして、モラルハラスメントには被害者と加害者しかいないんです。
ここで第三者というのは存在しないんです。
何故なら、加害者も被害者も第三者が関ってくるのを極端に嫌うからです。
で、ここでさらに気になるのが、加害者も被害者になる場合があるということです。
さらに「自分は大丈夫」と言っている人ほど、モラルハラスメントの被害者または、加害者になるということです。
なので、かなり深刻です。
最近では転職という言葉を目にすることが多くなってきました。
転職は己のスキルを上げるためにするもの。
大抵の人がそうなんですが。
中には人間関係に悩んで転職する人も増えているんです。
人間関係に悩んでと言えば、モラルハラスメント関連が多いんです。
よく言われる、前の職場でモラルハラスメントを受けていたから、という奴なんです。
さすがに加害者も次の仕事場まで追いかけてきませんから。
でも、モラルハラスメントの被害者はどこに行っても被害者になる可能性が高いんです。
何故なら、モラルハラスメントの被害者は「自分がダメな人間だ」と思いこみやすいんですから。
「自分がダメな人間だ」と思いこんでいると何もうまくいかないんです。
そういう人はモラルハラスメントのターゲットになりやすいんです。
だから、別な人のモラルハラスメントを受けることになります。
これではモラルハラスメントの根絶というわけにはいかないんです。
時として逃げるのも必要な方法だとは思いますが。
では、この場合、どうすればいいんでしょうか。
どうやったら、モラルハラスメントから逃れることが出来るんでしょうか。
ここで被害者からのモラルハラスメントの対策というものなんです。
まず、モラルハラスメントの加害者を理解する。
これが簡単そうでなかなか、難しいんです。
というか、なんで被害を受けている方が加害者を理解しなくてはいけないんでしょう。
そんなこと、余りにも理不尽だ、そう思うかもしれません。
悪いのはモラルハラスメントをしているあちらの方だ。
と言いたいはずなんです。
でも、モラルハラスメントをしかけてくるには何か、理由があるんです。
結局、貴方みたいな人は見ているといらいら、してくるのよ。
始めはこういった感じでモラルハラスメントが始まってくるんです。
そもそも、人は無意識なうちに苦手な、嫌いなタイプを除外しようとするんです。
それが段々、大きくなっていくんです。
最初は些細な嫌がらせなんですが。
段々、嫌がらせをすることに快感を得てしまうんです。
そして、相手が惨めな思いをするたびに自分が相手より上の人間だと思い込むんです。
正直、悪趣味な思い違いなんですがね。
とまぁ、こんな風にモラルハラスメントの加害者にも被害者にはない思考の動きがあるわけです。
結局、彼らは人の上に立ちたいといった行動が見られます。
ここまで理解すれば加害者への被害者側からの対策がみつかるはずです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

モラルハラスメントの被害者側からの対策
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメントの被害者側からの対策

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
1616 views