みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

モラハラの深淵を探る過程で自らも同化してしまう恐れがある!底なし沼のモラハラ界に長く浸かっていてはいけません。

モラハラの深淵を探る過程で自らも同化してしまう恐れがある!底なし沼のモラハラ界に長く浸かっていてはいけません。

怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。

引用元:フリードリヒ・ニーチェ – Wikiquote

この言葉の通りでモラハラも同じです。モラハラの深淵を探る過程で自らも「同化」してしまう恐れがあります。

モラハラの支配や洗脳が強力で、1度騙された人は騙されないために知り尽くすことも大事です。防げない人が防げるようになるためには相手の手口を知ることも大切です。が、それを知り尽くそうとしているうちにマイナス思考をし、マイナス感情を抱き、悪い意味で相手の心と感応(心が通じてしまう)ことで、徐々に自分も変化していくことがあるのです。

例えば、あるスポーツ選手は数年前までとても素晴らしいことを発していました。高潔で、心も整っていて、顔つきもしっかりしたものでした。しかし、そんな人も誹謗中傷を受け、その相手のことを考えているうちに徐々に変化していきました。人をあざ笑う顔、目つき、顔つき、まるで、その人を誹謗中傷していた側と同化したのではないかと思うほどに。

だからこそ、前記したニーチェの名言が大事なのです。相手の心の深い闇に気づくと、その闇の人格があなた自身に反応してくるのです。それとやり取りをしているうちに呑み込まれてしまうこともあるのです。だからモラルハラスメントの世界も同じです。SNSなどでモラハラの被害者だと主張している人たちの一部は、まるで加害者かのような言葉を使い、加害者であろう相手を罵っています。そうやって最初は被害者だったのに、そのことを毎日考えているうちに、加害者に同化していくこともあるのです。

だから、モラハラを知り尽くすには目的をしっかり定め、ちゃんと戻れるよう、心の錨を下ろして流されないようにしなくてはいけません。そしてちゃんと人間らしくあれる心の状態へと戻ることが大事です。

モラハラ界というのは心の世界では「悪霊の世界」のようなものです。そこに心を置く者たちは、その世界へ引きずり込もうとします。「引きずり込まれる」=「同化する」ということです。自分を見失わないようにすることが必要です。底なし沼のモラハラ界に長く浸かっていてはいけません。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top