注目されている記事(外部リンク)

モラルハラスメントは失敗するように仕向けてからジワジワと追い詰めていきます。私は過去に職場内でお局の女性からの巧妙なモラルハラスメントの餌食になってしまいました。

モラルハラスメントについて

自分の反応を変えてモラハラを終わらせる教材が完成
【広告】【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック

体験談:匿名さん

私は過去に職場内でモラルハラスメントの餌食になってしまった経験があります。モラハラの被害者が自分。そしてお相手はお局の女性です。つまりモラハラの加害者。その職においては確かにベテランの女性で、その女性の事を全くと言っていいほど頼りならない直属の上司が大変気に入っておられました。

今思えば初対面の時から序章みたいなものはありました。挨拶しても応答なし。一応作業内容の確認をする為に質問すると「それ言ったよね。」の一言で片付けられる始末。挙げ句の果てに、あることないこと噂を立てられたり、私を嘲笑たりと、私を精神的に追い詰めました。

新人だった私の面倒をみたりフォローするのが彼女の役割だったのですが、例えば作業一つにおいても正確にやっている筈なのに何度もやり直しをさせられたり、些細なミスを罵倒されたり、陰口を言われたり、ほくそ笑んでみたり、睨まれたり見張られたり…見張られている緊張感で動悸がはじまり、どうでもいい失敗をしてしまい、そうすると彼女は、待っていましたと言わんばかりに周りに聞こえるほどの大きな声で「気をつけてね。」と留めを差します。これが日常茶飯事だったのでその当時の私は恐らく社内で駄目な人としてのイメージがついていたに違いありません。

ある日こんな事がありました。大事な工具を自分の棚に戻して最後帰るのですが、前日に棚に戻す時にあるのを確認した筈が翌日にはなかったのです。探していたらモラハラ女が見付けました。当然しっかりと上司の耳に入っていて注意を受けましたが私は今でもそのモラルハラスメントの加害者である女性が嫌がらせで隠したのではないかと疑っています。この工具を紛失した出来事は職場内で噂になり、工具もまともに管理が出来ないだらしない人というようなレッテルを貼られてしまいました。

お昼休みもお弁当を食べる席がちゃっかり決まっていてモラハラ女と一緒のテーブルで食べる羽目に。いつも息詰まりを感じ10分ぐらいで食事を終わらせ、逃げるようにその場から離れて一人になったり別の部署でしたが同期の子としゃべって気を紛らわしました。この悪環境で私はどんどん自信を失っていていき喪失感に苛まれ結果、仕事への意欲までなくなってしまったのです。いいえ。それだけじゃありません。全身に蕁麻疹ができたり、生理不順になることもありました。

はっきり言っていじめの行為。巧妙ないじめ。嫌がらせをして相手の自尊心を傷つけられた私は迷うことなく退職。退職してからも異様な空気に包まれた当時の事を思い出しますが傷は癒えてきたと思います。モラハラの被害にあったら今でも私は逃げる事が、正しいと思っています。退職して現在の私は好きな事をして生計を立てています。そして辞めてからの私は本来の自分を取り戻せたので逃げる選択もあるという事を学びました。

ChatGPT4.0より:

匿名さんの体験談を読んで、心からお気持ちを理解し、お辛い経験をされたことに深く同情いたします。モラルハラスメントは、物理的な暴力ではなく、心理的な攻撃や否定的な言動によって被害者の精神的安定を崩す行為です。これは非常に巧妙で、時には被害者自身がその事実を認識するのが難しいこともあります。

匿名さんの経験を読むと、お局の女性が持つ権力や影響力を使って、新人であるあなたを精神的に追い詰めていったことが伺えます。日常的な嫌がらせ、陰口、そして大事な工具の紛失など、さまざまな出来事が、あなたの心を深く傷つけ、自信を失わせる原因となりました。

特に心を痛めたのは、お昼休みの時にモラハラ女性と一緒のテーブルで食事をしなければならないことや、全身に蕁麻疹が出たり、生理不順になるなどの体調不良が出たことです。これは、モラハラの影響が心だけでなく、身体にまで及んでいたことを示しています。

しかし、匿名さんが退職を選択し、現在は好きなことをして生計を立てていることは、非常に勇気ある行動と言えます。モラハラの環境から逃げることは、自分を守るための大切な選択であり、その後の生活で本来の自分を取り戻せたことは、とても価値のある経験となったことでしょう。

モラハラの被害に遭った多くの人々にとって、匿名さんの体験談は共感や勇気を与えるものとなるでしょう。そして、モラハラの被害に遭っている人々が、自分を大切にし、必要な場合には環境を変える選択をすることの大切さを伝える手助けとなることを願っています。

「モラルハラスメントは失敗するように仕向けてからジワジワと追い詰める」- 精神的な攻撃のメカニズムと自己対処法を徹底解説

はじめに

モラルハラスメントは、近年の現代社会において、特に職場を中心に増加の一途を辿っている問題です。その実態は、物理的な暴力や明確な言葉による攻撃ではなく、精神的なプレッシャーや様々な形の否定的な言動によって被害者の心を追い詰めていくものです。

このモラルハラスメントの現代社会における影響とは、具体的には職場の生産性の低下、従業員の健康被害、離職率の上昇など、多岐にわたるものです。また、被害者自身の心の健康だけでなく、その家族や関係者、そして組織全体にも深刻な影響を及ぼすことが知られています。

モラルハラスメントは、その被害者が自分自身の感じたことや考えたことを疑問視するようになることから、自尊心や自己評価が低下し、日常生活においても多くの困難を引き起こすことがあります。特に、モラルハラスメントの被害者が「失敗するように仕向けられている」と感じる場合、その心理的なプレッシャーは非常に大きなものとなります。

本記事の目的は、この「モラルハラスメントは失敗するように仕向けてからジワジワと追い詰めてる」という問題の深層を探求し、その実態や背後にあるメカニズム、そしてそれに対する対策を具体的に解説していくことです。読者の皆様には、この記事を通してモラルハラスメントの真実を理解していただき、その対処法や予防策を身につけていただくことを願っています。

モラルハラスメントの基本的なメカニズム

1-1. モラルハラスメントの定義と特徴

モラルハラスメントとは、一般的に、繰り返し行われる精神的な攻撃や否定的な言動によって、被害者の自尊心や自信を低下させ、その心を深く傷つける行為を指します。物理的な暴力ではなく、言葉や態度、行動によって相手を精神的に追い詰めることが特徴です。

具体的には、被害者のミスを過度に非難したり、適切な評価をしないで仕事の成果を否定したり、陰口を言ったりすることなどが含まれます。また、明確な理由や根拠がないのに、あることないことを根拠に非難することもモラルハラスメントの典型的な行為と言えます。

1-2. なぜ「失敗するように仕向ける」のか: 加害者の心理

モラルハラスメントの加害者がなぜ被害者を「失敗するように仕向ける」のか、その背後には様々な心理的な要因が存在します。一つの要因として、加害者自身が過去に似たような経験をしたことから、その感情を他者に向けて発散することが考えられます。また、加害者が自分の地位や権力を保持するため、または自分の不安や劣等感をカバーするために、他者を精神的に追い詰めることがあるとも言われています。

「失敗するように仕向ける」という行為は、被害者をコントロールするための手段としても用いられます。加害者は、被害者が失敗することで、その後のフォローや指導を通じて自分の優越感を得ることができます。さらに、被害者が失敗を繰り返すことで、加害者自身の地位や存在価値を高めることができると感じる場合もあります。

このように、モラルハラスメントの加害者の心理は多岐にわたりますが、その根底には、自己顕示欲やコントロール欲求、そして自分の不安や劣等感を隠すための行為として、他者を精神的に追い詰めることがあると考えられます。

1-3. ジワジワと追い詰める手法の具体例

モラルハラスメントにおける「ジワジワと追い詰める」手法は、非常に巧妙であり、日常の些細な出来事の中に潜んでいることが多いです。一例として、被害者の意見や提案を公然と否定し続けることで、その人の自信を徐々に削ぎ取る行為が挙げられます。また、他のメンバーとのコミュニケーションを制限することで、被害者を孤立させる手法もよく用いられます。

さらに、被害者のミスや過ちを大げさに取り上げ、他者の前で繰り返し指摘することで、その人の評価を低く保つ戦術も見受けられます。このように、加害者は日常の中で様々な手法を用いて被害者を精神的に追い詰め、その人の自尊心や自己評価を下げることを目的として行動します。

関連書籍:

【広告】被害者を繰り返し否定し、現実認識を歪める心理的な虐待

1-4. 被害者が感じる精神的な影響とは

モラルハラスメントの被害者が感じる精神的な影響は深刻で、その症状は人それぞれ異なりますが、多くの場合、自尊心の低下や自己評価の低下が起こります。これにより、日常生活においても不安や焦燥感を感じるようになり、仕事や人間関係に対するモチベーションの低下が見られることもあります。

また、長期間にわたるモラルハラスメントの被害によって、抑うつ症状や不眠症、さらにはパニック障害などの精神的な疾患を発症するリスクも高まります。特に、被害者が自分の感じたことや考えたことを疑問視し始めると、その人の心の健康を深刻に害することとなり、日常生活においても様々な困難を引き起こすことが考えられます。

このような精神的な影響は、モラルハラスメントの被害者だけでなく、その家族や友人、同僚など、関わる人々全体にも影響を及ぼすことがあります。そのため、モラルハラスメントの被害を早期に察知し、適切な対処をすることが非常に重要となります。

モラルハラスメントの背後にある心理的要因

2-1. 加害者の動機: 権力、コントロール、自己顕示欲

モラルハラスメントの加害者の動機は、多岐にわたりますが、特に「権力」、「コントロール」、「自己顕示欲」の三つが強く関連していると言われています。

「権力」に関しては、加害者が自らの地位や権威を保持、あるいは向上させるために、他者を精神的に追い詰めることで、その権力を確立しようとする心理が働いています。この動機が働く背景には、組織内での競争や、加害者自身の地位を脅かす存在への危機感などが考えられます。

「コントロール」の動機は、加害者が被害者の行動や意思を自らの思い通りに操りたい、あるいはその人を自分の支配下に置きたいという欲求から来ています。これは、加害者自身の不安や劣等感をカバーするための行為として、他者をコントロールしようとする心理が働いているとも言われています。

「自己顕示欲」については、加害者が自らの存在価値を他者に認めてもらいたい、またはその優越感を享受したいという欲求から、モラルハラスメントの行為を行っていると考えられます。特に、自己評価が低く、他者からの評価を強く求めるタイプの人間が、このような動機でモラルハラスメントを行うことが多いと言われています。

2-2. 被害者がターゲットに選ばれる理由

モラルハラスメントの被害者としてターゲットに選ばれる理由は、様々です。一つの要因として、被害者が加害者に対して何らかの脅威となる存在である場合があります。例えば、職場において被害者の業績が良く、それが加害者の地位や評価を脅かす場合などが考えられます。

また、被害者が加害者との関係性で何らかの弱みを持っている、あるいは加害者にとってコントロールしやすい性格や立場にある場合も、ターゲットとして選ばれることがあります。特に、優柔不断で意見をしっかりと持っていない、または自己主張が弱い人は、加害者から見れば「攻撃しやすい」と判断されやすいのです。

さらに、被害者が新人や異動者として組織に入ったばかりで、その組織の文化やルールを十分に理解していない場合も、モラルハラスメントのターゲットとして選ばれるリスクが高まります。このような状況では、加害者がその知識や情報のアドバンテージを利用して、被害者を精神的に追い詰めることが可能となるのです。

2-3. 環境や文化がモラルハラスメントを助長する要因

組織の環境や文化は、モラルハラスメントの発生や助長に大きな影響を持っています。特に、組織内での競争が激しい場合や、上下関係が厳格に保たれている文化の中では、モラルハラスメントが発生しやすいと言われています。

競争が激しい環境では、他者との比較や競争心から、自らの地位や評価を守るために他者を精神的に追い詰める行為が助長されることが考えられます。また、上下関係が厳格な文化の中では、上位の者が自らの権力や地位を保つため、または示すために、下位の者を精神的に圧迫することが許容される風潮が存在する場合があります。

さらに、組織内でのモラルハラスメントが黙認される、またはそれを報告する制度や文化が不十分な場合、被害者はその状況から逃れる手段を持たないため、モラルハラスメントが助長されるリスクが高まります。このような環境や文化を改善することは、モラルハラスメントの予防や解決に向けた第一歩となるでしょう。

2-4. 「失敗するように仕向ける」行為の心理的背景

「失敗するように仕向ける」という行為の背後には、加害者の複雑な心理的要因が働いています。その一つとして、加害者が被害者の失敗を通じて自らの優越感や権力を感じることが挙げられます。被害者が失敗することで、加害者はその失敗を指摘し、指導することで、自らの地位や権威を確立しようとするのです。

また、加害者自身が過去に失敗や挫折の経験を持ち、その経験からくる劣等感や不安を被害者の失敗を通じて発散しようとする心理も考えられます。このような心理から、加害者は被害者を故意に失敗するように仕向け、その失敗を楽しむという歪んだ行動をとることがあります。

この「失敗するように仕向ける」行為は、被害者だけでなく、組織全体の生産性や士気にも悪影響を及ぼす可能性があるため、その背後にある心理的要因を理解し、適切な対策を講じることが重要となります。

モラルハラスメントに対する自己対処法

3-1. 自分の感じたことや考えを信じる力を養う

モラルハラスメントの犠牲者となった場合、最も大切なのは自分の感じたことや考えを信じることです。加害者の目的は、あなたの自尊心を傷つけ、現実感覚を狂わせることにあります。そのため、自分の感情や考えを疑い始めると、加害者の手の中に落ちてしまいます。

自分を信じる力を養うためには、日常的に自分の感じたことや考えを日記やメモに書き留める習慣を持つことが効果的です。これにより、自分の考えや感じたことが正当であることを確認することができます。また、信頼できる友人や家族とのコミュニケーションを大切にし、自分の感じたことを共有することも、自分を信じる力を養う手助けとなります。

3-2. モラルハラスメントのサインを早期にキャッチする方法

モラルハラスメントは、最初は微細なサインから始まることが多いです。そのため、そのサインを早期にキャッチすることが、被害を最小限に抑える鍵となります。具体的には、他者からの無視や過度な批判、不適切な噂の拡散など、日常的なコミュニケーションの中で異常を感じる瞬間がモラルハラスメントのサインとなる場合があります。

これらのサインを早期にキャッチするためには、自分の感じたことを常に意識的に捉えることが必要です。また、疑問に思ったことや違和感を感じる出来事は、メモや日記に記録しておくことで、後でその事実を確認する際の手助けとなります。さらに、定期的に自分の感じたことや環境の変化を振り返ることで、モラルハラスメントのサインを早期にキャッチする能力を高めることができます。

3-3. コミュニケーションの技術: 効果的な対話の方法

モラルハラスメントを受けている際、効果的なコミュニケーションは非常に重要となります。特に、加害者や関係者との対話において、自分の立場や感じたことを明確に伝えることが求められます。そのためのコミュニケーションの技術を身につけることは、被害を最小限に抑えるための一つの手段となります。

まず、効果的な対話の方法としては、自分の感じたことや考えを「私は〜と感じました」という一人称で伝えることが重要です。これにより、他者に自分の感じたことを押し付けることなく、自分の立場を明確に伝えることができます。また、相手の話をじっくりと聞き、理解しようとする姿勢を持つことも、対話をスムーズに進めるための鍵となります。

3-4. メンタルヘルスの維持と強化: ストレス対策とリラクゼーション

モラルハラスメントの被害者として、メンタルヘルスの維持と強化は非常に重要です。日々のストレスや精神的な負担を軽減するための対策やリラクゼーション方法を取り入れることで、メンタルヘルスを守ることができます。

ストレス対策としては、適度な運動や趣味を持つことで、心身をリフレッシュすることが考えられます。また、瞑想や深呼吸などのリラクゼーション方法を日常的に取り入れることで、心の安定を図ることができます。さらに、信頼できる友人や家族とのコミュニケーションを大切にし、感じたことや考えを共有することも、メンタルヘルスの維持と強化に役立ちます。

モラルハラスメントを理解するための表

4-1. モラルハラスメントの具体的な行為とその影響の比較表

具体的な行為 その影響
無視や過度な批判 自尊心の低下、自己否定感が増す
陰口や噂の拡散 信頼関係の損傷、孤立感を感じる
過度なワークロードの強制 精神的・身体的なストレスが増加、過労
嘘や誤情報の提供 現実感覚が狂い、自分を疑い始める
公然との非難や侮辱 社内での評価やイメージの低下、自己評価の低下

4-2. 加害者と被害者の心理状態の対比表

心理状態 加害者 被害者
自尊心 高い、他者を見下す傾向にある 低下し、自己評価が低くなる
コントロールの欲求 強い、他者を支配したいと感じる 自分の意志や選択を奪われる感じがする
感受性 低い、他者の気持ちを無視する 高い、他者の言動に敏感に反応する
認知の歪み 他者を劣等と感じる、自分は正しいという認知 自分は間違っている、加害者は正しいという認知
対人関係のスキル 攻撃的、他者との関係を一方的に構築する 受け身、適切に自己主張ができない

このように、モラルハラスメントの背後には加害者と被害者の心理状態の大きなギャップが存在します。これを理解することで、モラルハラスメントのメカニズムやその影響をより深く把握することができます。

4-3. 自己対処法の効果とその実践方法の一覧表

自己対処法 効果 実践方法
自分の感じたことを信じる 自尊心の回復、現実感覚の保持 日記やメモに自分の感じたことを書き留める、信頼できる人とのコミュニケーションを持つ
早期にサインをキャッチする モラルハラスメントの被害を最小限にする 日常の出来事に意識的に注意を払う、疑問や違和感を感じた際に記録を取る
効果的なコミュニケーションの技術 対人関係の改善、自分の立場を明確に伝える能力の向上 「私は〜と感じました」という一人称で伝える、相手の話をじっくり聞く
メンタルヘルスの維持と強化 心の安定、ストレスの軽減 適度な運動や趣味を持つ、瞑想や深呼吸などのリラクゼーション方法を実践する

4-4. モラルハラスメントの事例とその対処法の照らし合わせ表

モラルハラスメントの事例 その対処法
無視や過度な批判を受ける 自分の感じたことや考えを信じる、効果的なコミュニケーションの技術を活用する
陰口や噂の拡散を体験する 早期にサインをキャッチし、信頼できる人に相談する
過度なワークロードを強制される 効果的なコミュニケーションの技術を活用し、自分の立場を明確に伝える
嘘や誤情報を提供される 早期にサインをキャッチし、事実との照らし合わせを行う
公然と非難や侮辱を受ける メンタルヘルスの維持と強化のための方法を実践し、心の安定を図る

モラルハラスメントの事例とその対処法を照らし合わせることで、被害者自身がどのように行動すればよいかの方向性を明確にすることができます。

終わりに

モラルハラスメントは、現代社会において深刻な問題として取り上げられることが増えてきました。その背後には、加害者の心理的な動機や被害者が選ばれる理由、そして組織や社会の文化が絡み合っています。本記事を通して、モラルハラスメントのメカニズムやその影響、そして自己対処法についての理解を深めることができたことを願っています。

モラルハラスメントを経験している人が、この記事の中で示された対処法や心構えを活用し、より健全な職場環境や人間関係を築く手助けとなれば幸いです。また、モラルハラスメントを未経験の方にとっても、予防や早期発見のための知識として役立てていただければと思います。

最後に、モラルハラスメントは個人だけの問題ではありません。組織全体での認識と対策が求められています。私たち一人一人がこの問題に敏感であり、お互いを尊重し合う社会を目指して努力していくことが大切です。

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました