みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

妻の親から受けたモラルハラスメント。私のことは良いが親の悪口を言うのはやめてくれと言いました。するとまた怒り出し、生意気だとなり、取っ組み合いの喧嘩になりました。

妻の親から受けたモラルハラスメント。私のことは良いが親の悪口を言うのはやめてくれと言いました。するとまた怒り出し、生意気だとなり、取っ組み合いの喧嘩になりました。

私は今の妻とできちゃった結婚をしました。妻の親はそれが許せないのか、いまだに嫌がらせのようなことを行ってきます。アパート暮らしの時は、毎日夜の9時頃にいきなりやってきて、私が家にいるかどうか監視をしています。私に信用が全くないのはわかっていますが、私は仕事柄、朝3時半には起きなくてはならなくて、妻の親が来た時に顔を出さないわけにはいかないので、9時半頃までは起きています。毎日今日何時に来るのだと、精神的に追い詰められていました。そんな中ある日、私が大学の奨学金を自分で払っていることがわかると、そういうのは普通親が払ってやるものだと、私の家に押しかけました。しかし、そういう条件で大学へ行ったのです、仕方ないと説明説明しても全く理解してくれません。挙句の果てに、何がどうなったのか、じゃあ妻の奨学金も私が払えとわけわからないことを言ってきました。反抗すればまた生意気と始まるので、仕方なく妻の奨学金も払いました。生活ギリギリの中大変で、精神的に本当に追い詰められていました。妻の両親も農家をやっており、野菜などを貰ったりしていたのですが、何か気に入らない方があると、野菜やってるだろ、支援しているだろうと、難癖をつけて来て、もう手に負えません。取りアパートにほぼ毎日ように来られると、私の体力も限界になってしまうので、オートロック式のマンションを内緒で購入し、引っ越す前日に伝えました。すると、何の相談なしにと怒り出しました。別に婿養子に行ったわけではないので、そこまで肩を出して来るとは思いませんでした。オートロックのマンションに住んでからは、駐車場も中に入るのがいちいち許可を取らなければならないので、面倒と思ったのか、毎日来ることはなくなりした。それだけでも救われたような感じになっていたのですが、今度は土日たびに泊まりにこいと始まりました、、私は仕事柄シフト制で朝も早いので、せっかくの家族で過ごせるたまの休みの土日をお泊まりに使いたくなく、必死に拒みました。そしてある日事件が起きました、私の親の悪口を平気で私の前で言う人でしたが、その日は私も疲れていたのか、私のことは良いが親の悪口を言うのはやめてくれと言いました。するとまた怒り出し、生意気だとなり、取っ組み合いの喧嘩になりました。妻にはこんな男とは離婚しろと言いましたが、妻は私の方へ着いて来てくれるということになり、今はほぼ絶縁状態です。妻と子供たちは、正月やお盆には帰るのですが、離婚しろと怒鳴られて毎回帰って来るようです。今後誰かの葬式などで、会う機会があれば、また何を言われるのかと怯える毎日を過ごしています。モラルハラスメントを受けている方は、なるべく遠くに逃げるべきです。自分でも気づかない場面はあるかも知れませんが、なるべく周りの方々に相談し、それはおかしいと言われたら、よく行動を客観的に観察してみましょう。モラルハラスメントは悪そのものです。

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。
Return Top