モラルハラスメント加害者がターゲットを変える時

暴力を奮ったり所有物を傷付けたりはしないものの、モラルハラスメントは言葉によるいじめに当たります。
いじめられた経験があるという方がいると思いますが、その多くはモラハラであることも多いはずです。
特定の相手に陰湿的に嫌味を言われた過去があるという方。
それは間違いなくモラルハラスメントに値するいじめです。
被害者達は日々モラハラをされることに苦しんでいますが、これを止めさせられたら良いですよね。
残念なことにモラハラはDV同様、相手に止めて貰うということが困難な嫌がらせと言われています。
比較的セクハラは止めて貰うことが簡単なのですが、モラハラの場合は他の人に知られないように行われているので、誰かが気付いてくれるというケースも殆どありません。
モラハラを行っている本人は自分の評判を落としたくないから、絶対に他の人がいる所だと良い顔をしているのです。
被害者と加害者、第三者が一緒にいる時だけはモラハラは止まっていますが、被害者と二人きりになった途端モラハラが始まります。
モラハラは止めさせることが困難と書きましたが、モラハラが完全になくなる場合もあります。
それはどんな時かというと、加害者がターゲットを変えた時なのです。
此処では職場のモラハラということでお話しさせて頂きます。
基本的にモラハラは一人気に食わない人を見付けてはターゲットにして集中的に攻撃します。
所が、もっと気に食わないと感じる人が出て来ると、今度はそっちをターゲットにして攻撃するようになるのです。
筆者が勤めていた会社でもモラハラがありました。
男性の名前をAさんとしましょう。
Aさんは女上司Bに「聞こえるように悪口を言われた」と休憩室で私に話してくれました。
しかし、私は上司Bはちょっと厳しいけどいい人だと思っていたので、彼が悪口を言われているということを知りませんでした。
そうなんです。このように本人は苦しんでいるのに第三者の立場である私は気付かなかったのです。
数年後、私はその上司Bからモラハラを受けるようになりました。
彼が退社したのでターゲットが私に変わったのだと思います。
このようにモラハラ加害者は、被害者が自分の目の前から消えたりしても他の人をターゲットにしてモラハラを永遠に続けるのです。
常に誰かしらがモラハラの被害者になっているのです。
本人はモラハラをしているという実感はないのです。
それ所か加害者側は「モラルハラスメント」という言葉すら知らないことも多いです。


潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)