「真似された!」と「証拠」も無いのに思い込んでいる場合は、「関係妄想」を抱いている可能性がある。

モラルハラスメントの加害者が「真似された!」と「妄想」を抱き続けることがあるのは「自意識過剰」や「被害妄想」が関係しています。もし、本当に「問題」となる「真似」を誰かにされているのなら、「削除申請」や「その他の手段」で対処できます。「妄想」では無理ですけど。

「真似された!」と「証拠」も無いのに思い込んでいる場合は、「関係妄想(自分とは関係ないことなのに、自分と関係あるように思い込む妄想)」を抱いている可能性がある。そういった方は一見まともなことを言っているように見えるので「どこが、どのように真似されているの?」と確認しましょう。

ストーカー気質のあるモラルハラスメントの加害者が、この「関係妄想(自分とは関係ないことなのに、自分と関係あるように思い込む妄想)」を抱いていることがあります。この妄想を抱いている場合、刺激してはいけません。刺激すればするほど妄想が悪化する可能性があります。

もし、「真似された!」と騒ぐような加害者が、「関係妄想(自分とは関係ないことなのに、自分と関係あるように思い込む妄想)」ではなく「意図的」だとすれば、それは「相当腹黒い者」です。宿便たっぷりの腹黒さ…、ということです。騒いでいるアレ、手口がバレてきているところが面白い(笑)。

「真似された!」と騒ぐことで、誰かのことを「「真似している人」として周囲に思い込ませることが出来る。だから「いつ、どこで、誰が、どのように、真似をしているの?」と、答えることが出来ないのなら「嫌がらせ」または「関係妄想」のどちらかですね。

例えば、自分の文章を真似され、パクられたとします。それがGoogle検索に出てくるならGoogleにインデックスから削除してもらうことも出来ます。但し、嘘なら訴訟問題になります。このように → (http://afirika.net/data-delete-request-from-the-google-index

それ以外にも、本当に妄想ではなく事実としてパクられたのであれば、対処すれば良いだけなのです。対処法はそれぞれありますから。対処もせず、騒いでいるのは、名誉毀損逃れをしながら、周囲を騙し、周囲を洗脳し周囲を使ってターゲットに攻撃をさせようとしている可能性もあるでしょう。腹黒い者。

但し、「真似された!(パクられた!)」の妄想は、どこも相手に知れくれません。当然、削除申請をしても無理です。つまり裏を返せば、対処できないということは「問題がない」ということなのです。問題がないことを問題があるかのようにすり替えているのです。すり替え加害者のやること。

「真似された!(パクられた!)」と、誰かの悪い噂を作って、固有名詞を出さずに広めているような者は、「ターゲットの発言を、周囲が信じないようにすることを目的の1つにしている」のでしょうね。それだけそのターゲットの発言が的を得ているのでしょう。だからこんな手で阻止する。情けないなぁ。

例えばツイーターで「真似された!(パクられた!)」という被害を受けたのなら、ツイッターに著作権侵害の報告をすれば良いでしょう(https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/copyright-policy)。必死に、他人の印象を悪くしようと本人が巧妙だと思い込んでいる手口を使って躍起になっている姿は、まさに魑魅魍魎…。

正しい手順を踏まない、踏めない者は、殆どが「加害者」か「犯罪者」。問題があるのなら正しい手順を踏んで「問題解決」をすれば良いだけのこと。腹黒い手口を使って他人を陥れようとしても、わかる人にはわかる。ソレがどんな手口か、その水面下でやっていることがわかっています。言わないだけで…。

「真似された!(パクられた!)」と被害者ぶっている人が、ネットの記事や、書籍などの文章を何度も大量に使っている…、それこそが「パクっている」のに、本人はまったく気がついていないという愚かさ。引用元(書籍名)を明記しても引用の目的上、正当な範囲を超えている場合は、問題です。

モラル・ハラスメントの加害者は、必死に他人の印象を悪くしようとする「悪知恵」が働きます。「悪知恵」といってもこれは「知恵」ではありません。「すべての悪は無知からくる」と言われるよう、「悪知恵」=「知恵が無い(無知)」ということなのです。小細工をする変質者的な加害者。

「真似された」「被害を受けている」と「嘘」を「匿名」で広めている者には注意が必要です。「偽被害」を主張する目的は「誰かを悪者扱い」すること。「いつ」「どこで」「誰が」「どのように」と、確かなことを確認したほうが良い。確かな情報も無しに繰り返し発している者は「嘘つき」かもしれない。

モラル・ハラスメントの加害者は、こうしてみんなの情報により「巧妙な手口」が少しずつ広まっていくことの邪魔をする。ですから、「真似されてる」「被害受けている」などと嘘を言いふらし、誰かの発言の信頼性を失墜させるような「小細工」をするのです。よくもまぁ、考えたものです・・。

ただ1つ言えることは、「悪知恵」=「知恵が無い(無知)」ということで、それが「巧妙」であっても、「無知」の範囲内での「巧妙」ということ。嘘が通じなくなる時代の流れや、先見の明が少しでもあれば、あんな「小細工」馬鹿馬鹿しくてやれませんよ。ハラスメントは過去の遺物と化すのですから。

人間が「進化・成長」をしていくと「ハラスメント界」が如何にしょうもない世界かがわかってきます。我々人間が人間界にいるとします。ハラスメント界は仏教でいうところの三悪道(地獄道・餓鬼道・畜生道)のようなもの。そんな世界に心を置いている…。何れ、相手にされなくなるだけです。過去の遺物

当アカウントは「ハラスメント界(三悪道(地獄道・餓鬼道・畜生道))」から、「人間らしい世界」への橋渡し役として機能すれば良いなと思って発信しています。つまり、ハラスメント界の醜さを発信することで「こんな世界もうやだ!私(僕)抜け出すわ!」と離れていってほしいから、発しています。

「ハラスメント界(三悪道(地獄道・餓鬼道・畜生道))」の深い部分である「地獄道」、ここに心を置いている者は、そこから抜け出そうとしません。何故なら数々の「認知の歪み(勘違い)」によって、そこが居心地の良い場所になっているから。だからそこから抜け出さず、誰かの足を引っ張っる。

地獄から誰かの足を引っ張り、掴んだ足に足枷をはめて逃がさないようにします。それが地獄に心を置いている者の「腹(無意識レベルの目的)」です。つまり、「恐怖」しているのです。だから大きく捻じ曲げたのです。そこから抜け出すには恐怖に打ち勝つ「勇気」が必要です。勇気があれば脱出可能です。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

「真似された!」と「証拠」も無いのに思い込んでいる場合は、「関係妄想」を抱いている可能性がある。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
「真似された!」と「証拠」も無いのに思い込んでいる場合は、「関係妄想」を抱いている可能性がある。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)