みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラルハラスメント加害者が、被害者に口封じをする時に「被害者の発言の無価値化」を周囲に対して行

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター
モラルハラスメント加害者が、被害者に口封じをする時に「被害者の発言の無価値化」を周囲に対して行

被害者の発言の無価値化

モラルハラスメント加害者が、被害者に口封じをする時に「被害者の発言の無価値化」を周囲に対して行います。目的は被害者の言葉を信じさせないため。方法の1つは、裏で「あいつは人の言葉を盗んでいる」などと、とんでもない嘘をつきながら被害者を嘘つき扱いしていく。これは覚えておいて欲しい。

心理に詳しいモラルハラスメント加害者

裏で「あいつは人の言葉を盗んでいる」などと、作り話を流しくおくことで、鵜呑みにする者たちは簡単に「あの人の言葉は信用しないほうがいいな」と思い込んでいく。それによって、被害者の発言が「嘘」だと思われていく。この悪質な手口を使うのは、心理に詳しいモラルハラスメント加害者です。

悪意のある嘘をつく者は、正直者を嘘つきに仕立て上げることから始める

「悪人は、善人を悪人に仕立て上げることから始める」と言いますが、これは本当です。「悪意のある嘘をつく者は、正直者を嘘つきに仕立て上げることから始める」のです。「あいつは嘘つき」「あいつは嘘つき」「あいつは嘘つき」と年がら年中、お経のように唱えている。

このように、盗んでいないものを盗んだと決めつけたり、ダメじゃないことをダメだと言ったりする。コレが支配者の手口の1つです。ですので、そこに「事実の歪曲」がないかを含めて「確認」することが大切です。何故なら、支配者は「事実の歪曲」や「嘘」を隠して入れ込むからです。悪意のある印象操作

 

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
コメント0件

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top