モラルハラスメント加害者は、被害者が本当に困って、傷ついて、訴訟を起こしているのに、それを「被害者ぶっている」「訴訟ゴロ」「訴訟を起こすと脅迫した」など、「すり替え」を行っていくことがある。あたかも被害者が加害者に見えるかのように言うことがある。

モラルハラスメント加害者は、被害者が本当に困って、傷ついて、訴訟を起こしているのに、それを「被害者ぶっている」「訴訟ゴロ」「訴訟を起こすと脅迫した」など、「すり替え」を行っていくことがある。あたかも被害者が加害者に見えるかのように言うことがある。

「”妄想性障害においては…省略…怒りの対象に対して行動化をとり、訴訟を起こされるほどのことでも自分が悪いとは思えず、更には敗訴したにもかかわらず自分の悪い部分を認めることが出来ずに逆恨みをし、”」 引用元:被害妄想 – Wikipedia

モラハラ加害者が感情的になって攻撃的になったときにこうすればいい!!
モラハラ夫や彼氏へのトップクラスの対策・対処法!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

モラルハラスメント加害者は、被害者が本当に困って、傷ついて、訴訟を起こしているのに、それを「被害者ぶっている」「訴訟ゴロ」「訴訟を起こすと脅迫した」など、「すり替え」を行っていくことがある。あたかも被害者が加害者に見えるかのように言うことがある。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
モラルハラスメント加害者は、被害者が本当に困って、傷ついて、訴訟を起こしているのに、それを「被害者ぶっている」「訴訟ゴロ」「訴訟を起こすと脅迫した」など、「すり替え」を行っていくことがある。あたかも被害者が加害者に見えるかのように言うことがある。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)