加害者は、自分でも気がついていない「深い心の傷(トラウマ)」を抱えている場合がある。

加害者は、自分でも気がついていない「深い心の傷(トラウマ)」を抱えている場合がある。これは、深ければ深いほど自覚がない。文部科学省の「子供がトラウマ体験後に示す反応(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/010/005.htm)」に「激しい怒り(暴力を振るう。他者を傷つけたり、物を壊す。)」とあるが、これは大人も。

「書くこと」のカタルシス効果はすごかった
サヨナラ・モンスターの詳細はこちら

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

加害者は、自分でも気がついていない「深い心の傷(トラウマ)」を抱えている場合がある。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
加害者は、自分でも気がついていない「深い心の傷(トラウマ)」を抱えている場合がある。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)