子を思う親

子を思う親

1つが分裂し、また再分裂し、3つになった。そして、膿を1つにまとめ、膿を出し、叩き、潰し、2つの船は沈んでいく…。残り1つに、若いものを残し、未来を託し、散っていくもの。綺麗で、漢であり、人の道だな…と。

「行き場(生き場)の無い子」のために、「老いた者」が、それを悟られることなく、知られることなく、犠牲となり散っていくって、簡単なことじゃない。立派だなと…。

そしてこれから、「特定…………」により、大きな2つは沈んでいく。それもこれも、1つに若いもの(子)を集め、生かすために。自分たちを犠牲にする老いた者…、それでも子のために未来を残そうとする。それは、「親」のやることだ。素晴らしいな。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

子を思う親
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
子を思う親

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)