アダルトチルドレンのロスト・ワン(迷子タイプ)の人は、相手から必要とされない日が来るのではないかと常に考えていることが多く、恋愛がうまくいっていても孤独感を感じることがある。

アダルトチルドレンのロスト・ワン(迷子タイプ)の人は、相手から必要とされない日が来るのではないかと常に考えていることが多く、恋愛がうまくいっていても孤独感を感じることがある。

アダルトチルドレンのロスト・ワン(迷子タイプ)の人の恋愛感情として、いつ恋愛が終わってしまうのか、相手から必要とされない日が来るのではないかと常に考えていることが多く、恋愛がうまくいっていても孤独感を感じることがある。

ロスト・ワン(迷子タイプ)の人は、機能不全家庭で育ったことで、大人しく、自分の存在を殺すことで生き延びてきたため「存在感が薄い」という特徴があります。

機能不全家庭において過干渉の親が求めるものが、大人しくて親の言いなりになる。というものだったりする。それに合わせて生きているうちに、自分の存在がないもののように感じ、強い孤独感を抱くようになったりします。

ロスト・ワンの人はどうやって生きていけばよいのか?

ロスト・ワンのあなたはこれから一体どうやって生きていけばよいのか?

ロスト・ワンの長所などについてWikipediaから引用してご紹介します。

外面 – 顔を見なくても誰も気にしない、無口で陰気
内面 – 孤独、傷つき、見捨てられ、恐れ、あきらめ、挫折感
言動 – 少なくとも手がかからない、心配させないという意味では良い子
弱点 – 優柔不断、孤独、「NO」と言えない、行き当たりばったり
長所 – 自立している、才能豊かで創造的、はっきりしていて決断力に富む

引用元:アダルトチルドレン – Wikipedia

これらを見ると、ロスト・ワンの人は、他人の話を聴く仕事や、1人で仕事をすることで才能が発揮されていくのではないかと思います。自分の生きづらさに悲観する必要はありません。あなたのやりたいことがまだ見つかっていないだけだと思います。

カウンセラーを目指すのも良いと思いますし、文章や絵を描くことを仕事にしても良いと思います。何か、自分が心から楽しいと思えることがあるのです。それを見つけていくとどんどん伸びていくと思います。

そういった自分の隠れた才能が恋愛によって見つかることもあるかもしれません。なので、恋愛をもっと楽しんでみるのも1つの方法だと思います。

ロスト・ワンの人は、相手から必要とされない日が来るのではないかと常に考えていることが多いですが、相手から必要とされる自分になれる素質があるのだと思います。だから、その不安が生まれているのでしょう。

前述した引用のロスト・ワンの長所をもう1度読んでみて下さい。ロスト・ワンの人は人を引っ張っていき必要とされる人間になる素質があるのです。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

アダルトチルドレンのロスト・ワン(迷子タイプ)の人は、相手から必要とされない日が来るのではないかと常に考えていることが多く、恋愛がうまくいっていても孤独感を感じることがある。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
アダルトチルドレンのロスト・ワン(迷子タイプ)の人は、相手から必要とされない日が来るのではないかと常に考えていることが多く、恋愛がうまくいっていても孤独感を感じることがある。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)