スケープ・ゴートタイプのアダルトチルドレンの人は非行に走ったり犯罪者になることもある。

スケープ・ゴートタイプのアダルトチルドレンの人は非行に走ったり犯罪者になることもある。

スケープ・ゴートタイプのアダルトチルドレンの人は、周りからの注目を集め、問題を起こしたり自虐的になったり自罰行為をしたり、非行に走ったり、犯罪者になったりする。そして自分を悪役にして身代わりとなっていきます。

機能不全家庭で機能不全な家族が未熟な問題を隠すための存在がスケープ・ゴートタイプとも言えます。簡単に言えば機能不全家族がスケープ・ゴートタイプの子供の所為にすることで安定を保っているということです。

家族みんなの問題を代わりに抱えて1人で背負うのがスケープ・ゴートタイプです。

スケープゴート(英: scapegoat)は、「身代わり」「生贄(いけにえ)」などの意味合いを持つ聖書由来の用語。「贖罪(しょくざい)の山羊」等と訳される。

引用元:スケープゴート – Wikipedia

未熟な者たちによって生贄(いけにえ)として捧げられている存在がスケープ・ゴートタイプなのです。このタイプはとても利用やれやすく、純粋で、時には命も投げ出すほどの覚悟を持っている場合もあります。そこを利用されてしまいやすいのです。

スケープ・ゴートタイプは承認欲求が強いので、克服しないまま大人になると犯罪者として利用されることもあります。

アダルトチルドレンのスケープゴート(身代り役)タイプの人は、もう犠牲になる必要はありません。自分を大切にしてあげてください。

 

 

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)