アダルトチルドレンは診断名ではない。自分で決めること

ACなのか悩んでいるとのことですが、臨床心理士の方の記事()の「アダルトチルドレンのチェックリスト」という部分が参考になるかと思います。あと、ご存知かと思いますがアダルトチルドレンは診断名ではありませんので自分で決めること(自認)となります。

アダルトチルドレンという概念を、逃げ続けるため、誤魔化すために使用するか、それとも「回復」し「成長」につなげるか、これも当人の「目的」に沿って行われるものです。大事なのは自分の「目的」です。何のためにアダルトチルドレンについて学び、そして、学んだことを使ってどうするか、です。

自分を「回復」させて「成長」させるという「目的」を持って取り組んでいけば、アダルトチルドレンの概念はとても役立つものです。機能不全家庭を知るからこそ、機能している家庭を築いていける。過去の経験をプラスに使うか、マイナスに使うか、これは自分次第です。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

アダルトチルドレンは診断名ではない。自分で決めること
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
アダルトチルドレンは診断名ではない。自分で決めること

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)