注目されている記事(外部リンク)

「傷ついた」と主張する被害者を悪者扱いする邪悪な加害者の正体
逆転の罪: ガスライティングとフライングモンキーによる被害者の孤立化

他人の言葉を軽いと罵る加害者:加害者の無力さ:モラルハラスメントの背後にある自己投影

自分の反応を変えてモラハラを終わらせる教材が完成
【広告】【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック

モラルハラスメント加害者は、他人の言葉に対して「言葉が軽い(相手の心に響かない口先だけの言葉だ)」と言うことがありますが、それはその言葉から、その背景にあるものを読み取る力の無い自分の無力さの問題、或いは自分の心を投影しているなど、自分の問題が殆どです。軽視する自分に問題がある。

加害者の無力さ:モラルハラスメントの背後にある自己投影

モラルハラスメント加害者の言葉の軽視は、自己投影や自分自身の問題によるものであると考えられます。

モラルハラスメント加害者は、他人の言葉や感情に対して軽視や軽い扱いをすることがあります。これは加害者自身の問題や無力さを反映していることがあります。

一つの理由として、加害者は自分自身の問題や感情を他者に投影し、自分の無力さや不安を紛らわせるために他者を攻撃する場合があります。自分自身の問題を直視することができず、他者を攻撃することで自分自身を守ろうとするのです。例えば、加害者自身が自信を持てず、自分の言葉や行動が軽視されることを恐れている場合、他人の言葉を軽視することで自分の自信を保とうとするのかもしれません。

また、加害者自身がコミュニケーションスキルや感情の読み取り能力が乏しい場合もあります。自分の言葉や行動が他者にどのような影響を及ぼすのか理解できず、軽視してしまうのかもしれません。自分自身の問題や感情に気づくことができず、他者の言葉を単なる口先だけのものとして扱ってしまうのです。

モラルハラスメント加害者は、自分自身の問題や無力さを他者に投影し、自分自身を守ろうとする傾向があります。しかし、これは加害者自身に問題があることを示しており、被害者を軽視することが許される理由ではありません。モラルハラスメントを防ぐためには、加害者自身の問題や感情を理解し、適切な対処をする必要があります。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました