迎合的パーソナリティを具える人によるモラハラは優しく接してくれて、迎え入れて「うんうん」頷いて合わせて、話も親身になって聞いてくれて頷いてくれ心を開かせる。そして完全に心を開いた瞬間豹変し自尊心が露わになるので餌食となるのです

モラルハラスメントとは外傷が残らない、言葉の暴力によって精神的な嫌がらせをすることです。特徴は、周りの人達に自分という人間がどう見えているのかが気になる性格なので「いい人」や「立派な人」に見える人が多いです。

基本、情緒不安定で不安が強い人が多いので味方をいっぱい作りたがります。味方を作る時も力関係によって態度が異なります。自分より上だと思う人には親密感を下だと思う人には抑制します。とても弱い人間なんだな。という印象ですね。

そして迎合的とは調子よく言葉を合わせ、親身になって話を聞いてくれたり、親近感もあって一見、自分を受け入れてくれるとてもいい人です。ようは「迎え入れて相手に合わせる」ことです。

迎合的パーソナリティを具える人によるモラハラは優しく接してくれて、迎え入れて「うんうん」頷いて合わせて、話も親身になって聞いてくれて頷いてくれ心を開かせる。そして完全に心を開いた瞬間豹変し自尊心が露わになるので餌食となるのです。

決して豹変部分は他の人には見せようとはしません。他の人の前では弱者演じ大人しく優しいキャラを演じているのです。

被害者は、優しかった人の急な豹変に「何か悪いことをしたのかな?」と自分に責任を感じる人が多いでしょう。でもそれは、加害者がそう思わせるようにしているだけなのです。迎合的なパーソナリティを具する人によるモラルハラスメントとは綺麗にみせ、甘いいい香りを放ち、誘き寄せ、飲み込んでしまう、まるで人喰い花のような人とも言えるでしょう。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

迎合的パーソナリティを具える人によるモラハラは優しく接してくれて、迎え入れて「うんうん」頷いて合わせて、話も親身になって聞いてくれて頷いてくれ心を開かせる。そして完全に心を開いた瞬間豹変し自尊心が露わになるので餌食となるのです
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
迎合的パーソナリティを具える人によるモラハラは優しく接してくれて、迎え入れて「うんうん」頷いて合わせて、話も親身になって聞いてくれて頷いてくれ心を開かせる。そして完全に心を開いた瞬間豹変し自尊心が露わになるので餌食となるのです

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)