みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

泣き脅しの義理の親にもううんざりです

私の義理の親は、物事が上手くいかないと怒鳴り始め、それでも変わらない時は泣き脅ししてきます。本当にこの人は大人なのかというくらい、大声で怒鳴り、大声で泣き出します。本当に3歳児くらいの子供がそのまま大人になったかのような方で驚きました。最初は普通の人だと思っていたのですが、結婚してしばらく経って、だんだん性格が見えてきました。最初のきっかけは、私達がマンションを購入することを報告した時です。その時に、私は長男なのに、なぜわざわざ別の家を買うのだと言ってきました。私が住んでいるところは田舎なので、昔の人は今だに同居が根付いており、その時はその時で考えますと言ったのですが、全く聞きませんでした。別に婿養子に行ったわけではないのに、口は物凄い出してきます。マンションを買うということなのに、親の面倒をみない気だの、変な話に持っていかれました。結局押し切って勝ったのですが、その時にアドバイスを聞かなかったことが気に入らなかったのでしょう。そこからモラルハラスメントが始まりました。義理の2人とも自営業ということもあり、プライドがものすごく高く、自分たちの言うことを聞かなければ、態度が激変する方々だったのです。そんな中息子が節句の時期となり、節句のイベントに私の実家の近所の人を呼ばないのがいけないと始まりました。妻の実家の方では、長男の子供ならば、近所の人を呼んだりするらしいのですが、私の実家では、そのような風習は、10年以上前に終わりました。呼べば逆に、迷惑だと思ったり、お祝い金が欲しいと言われてしまうので、呼びませんでした。しかし、義理の親は、そのことが気に食わなく、うちの娘を近所の人に見せるのが嫌なのかとわけわからないことを言いはじめました。いくら実家の方の風習を説明しても、全く理解してくれず、本当に困りました。私の親の前では、全然そんな態度は取らないのに、周りに人がいなくなった途端、文句を言い始めたり、勝手に泣き出したり、本当に参りました。妻はああいう親だから放っておいて良いと言いますが、私は胸糞悪くてたまりません。恐らく何十年もあの性格で生きているので、もう変わることはないだろうと私は見切りました。そして、余計なことはなるべく義理の親に言わないようにしました。言えば何を騒ぎ出すか分かりません。しかし、車を購入した時に、その車で義理の親の実家に行くと、相談も報告がなかったと言い始めました。車を買うのに、義理の親に相談や報告する人など私は見たことがありませんでしたので、この人達は私たちの全てを把握し、コントロールしたいだけだなと思いました。義理の親でなければ、こんな人達とは絶対に関わりません。何とかしなければならないのはわかっていますが、手がありません。出来ることならば縁を切りたいと思いますが、それは流石に妻が可愛そうなので、今は耐えるしかないので、とりあえず頑張っています。

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。
Return Top