犯罪を減らすには、「加害者の傷」に蓋をせず、蓋を開け「真実」に向き合わないといけない。

「加害者」は「過去の被害者」です。その被害の傷が癒されないと、加害者になってしまうこともある。だから、本当に犯罪者(加害者)を減らすために、「加害者の傷」に蓋をせず、蓋を開け「真実」に向き合わないといけない。勿論、必ず、妨害が付き纏うけど。

「加害者」は「過去の被害者」であり、その時のことが清算、整理されていない。加害者に害を加えた者(過去の加害者)の悪事が明るみに出ていない場合もあるということ。だから、「罪」を隠したままの者は、必ず「加害者の過去の傷を癒す」ことに反対し、時に、妨害もしてくる。

本当に、「犯罪を減らしたい」「罪の無い犠牲を生みたくない」と思うのなら、必ず、向き合わないといけないことです。これに蓋をして、本当の解決はあり得ないのだから…。いい加減、ここに気づいて、目を逸らさず、しっかりと向き合わないといけない。それをするまで、悲しいけど犠牲は生まれる。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメントを残す(あなたのSNS垢やブログURLの記載OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)